見出し画像

「猥文作家のための声の通販®」始めます。

Oni7

誰もが官能小説家に。誰もが官能ディレクターに。

と言ってしまってはその道の方々に「簡単に考えるな」と

お叱りを受けるかもしれませんが、

猥に興味のある人たちがもっと気軽に自分の嗜好をカタチにできたら、

と思ってこんなサイトを立ち上げることにしました。

誰もが心の中に持っている官能的妄想。

たとえば鬼六であれば美女を緊縛したいという思いだった。

それは自分だけが抱える変態性かと恥じ、

最初は胸の奥底に泥炭のように沈殿させていたと言います。

ところが『奇譚クラブ』というSM雑誌と出会ったことで、

そのような嗜好を持つ者はけして自分だけでないと知った。

そこから自慰用の猥文小説を書き、

投稿し始めたのが『花と蛇』誕生のきっかけだった。

恥じ入ることはないと思うのです。

思いを寄せるあの女性にこんなことを言わせたい、

自分のパートナーとこんなシチュエーションを楽しみたい。

大概は妄想に終わってしまうことが多いけれど、

今回立ち上げるサイトではそれを実現できます。(かなりの部分)

自分で思うような文章やセリフを書き、

それを素敵な声の声優さんに朗読、演じてもらうことができるのです。

ルールは執筆経験が少なくても書き下ろしやすい

400文字か800文字以内なので、気軽に参加できます。

サンプルボイスとプロフィールから気に入った声優を選んで、

演技指導のコメントとともに送れば2週間ほどで世界で唯一、

あなただけの官能ボイスがお手元に届きます。

演ずるのは当サイトが厳選した百戦錬磨の声優たちです。

出来上がった作品は自分だけで楽しむのよし、

作家仲間で猥を競うのもよし。

まずは思いっきり妄想を膨らませ、創作意欲に火をつけましょう。

9月1日開業予定。乞うご期待!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Oni7
34年勤務した広告会社Dを退社。独立して父が残した著作コンテンツを起点に、官能新事業の立上げを目指す。イチからの起業であるため、そのプロセスも共有しながら直面する課題を書いていきます。また父・団鬼六の作品についても息子としての視点での書評を時折。あ、本人はいたってノーマルです。