マガジンのカバー画像

JEN

48
JEN(JAPAN ENTERTAINMENT-BUSINESS NEWS)は、エンターテインメント業界で働くビジネスパーソンを対象にしたメディアです。 ヒット作品の仕掛け人のイ… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

人気アイドル・タレントから指名殺到!ヘアメイクアップーティスト・夢月が語る「#夢月メイク」確立までのSNS戦略

SNSをきっかけに、ブランドを立ち上げたり商品開発をしたりと、自身の夢を叶える人や、理想としていたキャリアプランを歩む人が増えています。ヘアメイクアップアーティストの夢月さんも、その1人。SNSでの情報発信をきっかけに、フォロワーを増やし、念願のヘアメイクの仕事を獲得。さらに発信を続けることで「#夢月メイク」というブランドを確立し、今では人気アイドルやタレントから多くの支持を得る存在になりました。今回は夢月さんに、現在のポジションに至るまでのSNS戦略をお伺いしました。 S

スキ
12

YouTube、TikTokを中心に活躍中の若手作家が語る|SNSで支持されるコンテンツメイク

コンテンツ作家の肩書きは、メディアにこだわらず活動していくという意志表示──ダンプさんはYouTubeやTikTokを中心に、テレビも含めて幅広く活躍中です。いわゆる「放送作家」ではなく、「コンテンツ作家」という肩書きにしているのは何か理由があるのでしょうか? 2017年から作家として活動し、当初は「放送作家」と名乗っていました。ちょうどその頃から、YouTubeが注目を集めるとともにSNSのことをしっかりと理解して寄り添った企画を考えられる人材が求められる傾向が強くなり、

スキ
115

SNS総フォロワー50万超!美容系トップインフルエンサーありちゃんが語る|TikTok×YouTubeでファンを伸ばす!ショート動画活用の秘訣

近年、急速に増加し活躍の幅を広げる数々の美容系インフルエンサー。今回、その中でもSNS総フォロワー数は50万人以上、「毎月の支出の半分をコスメに充てる女」というキャッチコピーで快進撃を続けるありちゃんさんにインタビュー。TikTokとYouTube発信で意識している点や、両方のプラットフォームで発信するメリットについて教えてもらいました。 リーチを広げるカギは“ショート動画” ――ありちゃんさんは2019年よりYouTubeでの発信を開始し、TikTokは半年前に始めたとの

スキ
33

ドラマ「最愛」新井順子プロデューサーに聞く | チームの総合力を最大限に引き出す妥協なきアプローチ

「アンナチュラル」「MIU404」など数多くのヒットドラマを生み出した 新井順子プロデューサーが手がける最新作「最愛」がスタート。 吉高由里子さん主演で描く構想2年のオリジナルサスペンスで、演出・塚原あゆ子さんとのタッグということでも期待を集めている。ゼロからイチを生み出し、大きく育てるために不可欠な制作スタッフの総合力。細かな感覚を共有する上で新井さんが実践するチームビルディングについて聞きました。 オリジナル作品だからこそ、試行錯誤を重ねてキャラクターづくりに徹底的にこ

スキ
34

ABEMAマーケ・PR責任者が語る Z世代への「新しい未来のテレビ」の届け方

サービスローンチから5周年を迎えた新しい未来のテレビ・ABEMA。日本の10代・20代女性の70%以上が視聴する『オオカミ』シリーズ(※1)をはじめとした恋愛番組や、緊急速報など24時間放送のニュース、アニメ、スポーツなど多彩な番組を取り揃え、快進撃を続ける同サービスは、どのようなマーケティングを経て成功を収めたのか。プロモーション・マーケティングを統括する株式会社サイバーエージェント 執行役員の野村智寿さんにインタビューを行いました。 ※1 ABEMA社調べ。2018年1

スキ
16

Z世代で大ヒット『オオカミ』シリーズも輩出!ABEMA編成・制作局長が語る「ABEMAの急成長を支えた"4つの強み"」

サービスローンチから5周年を迎えた新しい未来のテレビ・ABEMA。日本の10代・20代女性の70%以上が視聴する『オオカミ』シリーズ(※1)をはじめとした恋愛番組や、緊急速報など24時間放送のニュース、アニメ、スポーツなど多彩な番組を取り揃え、快進撃を続ける同サービスについて、株式会社AbemaTV 執行役員・ABEMA編成局長兼制作局長の谷口達彦さんにインタビューを行いました。 ※1 ABEMA社調べ。2018年1月以降の『オオカミには騙されない』シリーズを視聴した重複を

スキ
17

目指すは、第三のゲーム会社!? 集英社が推し進めるゲーム事業のカギは 優秀なクリエイターの発掘・支援にあり

自社の強みを最大限に生かし、新たな事業領域を開拓していくには──。 エンタメのみならず、すべての企業が直面しているこの課題。 その中で、新たなチャレンジとしてゲーム事業に乗り出した集英社が注目を集めている。主任として複数の事業開発に携わる森通治さんにお話を伺うと、FIREBUGがキーワードとして掲げる「少数精鋭による制作スタイル」、「新たな才能への投資やクリエイター同士のマッチング」といった共通点が見えてきた。 ──2019年に新規事業開発室が設立され、現在は新規事業開発部

スキ
45

SNSで反響を呼んだ”酒ガチャ”は前年比売上5倍の急成長!KURANDの仕掛け人が語る、D2Cマーケティングを成功させる3つのポイント

コロナ禍で大きな打撃を受けている酒類業界において、右肩上がりの成長を遂げているお酒のオンラインストア「KURAND(クランド)」をご存じだろうか。運営するのは2013年の創業以来、社名通りの“変革”を起こし続けるリカー・イノベーション株式会社。今回はKURANDの仕掛け人であるEC事業部の辻本翔さんに、「D2Cマーケティングを成功させるために必要なこと」、そして「お酒の新たな可能性」について聞いた。 ──リカー・イノベーションのビジネスモデル、そして事業の主軸となる「KUR

スキ
33

年間平均消費額は16万円超え!|趣味投資に熱心なコアファン獲得につながるBLコンテンツビジネスの「正解」とは?

BL(ボーイズラブ)とは、男性同士の恋愛を題材にした小説や漫画などのジャンルのことで、その市場規模は200億円以上といわれるほど。そこに突如訪れた「タイ沼」なるタイBLドラマの一大ブーム。だが、プロの目からすればこの流れは当然のことで、歯痒さすら覚えるものだった。 女性向けBL情報サイト「ちるちる」を運営する株式会社サンディアスの井出洋さんに、日本のBLコンテンツの現状とコアファン獲得につながる「正解」と「間違い」を聞いた。 ──タイのBLドラマ「2gether」が日本でも

スキ
21

いわば現代の軍師!?|スモールチーム時代に求められるマネジメントの存在意義

エンタメ業界をはじめ、さまざまな業界・業種で活躍するキーパーソンが集う「JENオンラインコミュニティ」のボードメンバーにお話を伺う連続インタビュー企画。 今回は、過去にSEKAI NO OWARIのマネージャーを担当したのち、現在は新人アーティスト・にしなのマネジメントを手がける株式会社RED代表・宍戸亮太さんが登場。佐藤との対談で、スモールチームで制作が可能な今の時代だからこそ求められる作品の届け方、そしてマネジメントの重要性について語っていただきます。 プロモーションよ

スキ
30

Z世代の心を掴むには?最新の”推し活”と若者に刺さるコンテンツの特徴を「Z総研」アナリストが語る

TikTokを中心に新たなトレンドを作り出し、今後の消費動向の鍵を握る世代として注目を集める「Z世代」。 Z世代の特徴や若者に刺さるコンテンツを提供するために必要なことを、Z世代のプロモーションやインフルエンサーのキャスティングを行う株式会社N.D.Promotionの取締役であり、「Z世代総合研究所(Z総研)」のアナリストとして若者の今を分析する道満綾香さんに伺いました。 ──なぜ今、Z世代が注目を集めているのでしょうか? *写真はN.D.Promotionが運営するメ

スキ
46

元テレ東人気プロデューサーが語る | 支持されるコンテンツの絶対条件

「ゴッドタン」など、自ら立ち上げた企画で数々の人気番組を生み出してきたプロデューサーの佐久間宣行さん。 テレビ東京を退社し、フリーとなった今、その動向に大きな注目が集まっている。テレビ、ラジオとマルチに活躍する佐久間さんが考える、これからのコンテンツづくりに不可欠な要素について話を聞いた。 ──テレビ東京を退職した今の心境はいかがですか?テレビ東京プロデューサーに代わる肩書きとして、ひとまずはテレビプロデューサー/テレビディレクターと名乗っておこうと思っていますが、テレ東の

スキ
85

大規模コンサートの仕掛人が語る | コンサートにおけるクリエイティブ制作の重要性

3月22日にオープンした「JENオンラインコミュニティ」。 エンタメ業界をはじめ、さまざまな業界・業種で活躍するキーパーソンが集うこの場でボードメンバーに登場いただく連続インタビュー企画。 今回は、インターグルーヴプロダクションズの大田高彰さんに、コンサートビジネスの展望、コンサートにおけるクリエイティブ制作の重要性について伺います。 ──まずは、大田さんが運営するインターグルーヴプロダクションズの事業内容や強みについて教えてください。 2014年にコンサート企画制作会社

スキ
29

出版界の風雲児・箕輪厚介|自分を明確化してくれる出会い

堀江貴文『多動力』、前田裕二『メモの魔力』など数々のヒット作を世に送り出した編集者・箕輪厚介。 従来の編集者の枠に収まらない、独自の道を突き進む彼に「出会い」の方法とその意味について尋ねた。 ──まずは箕輪さんの「出会い」の方法について教えてください。 基本的な考え方として、TwitterやFacebookといったSNSがこれだけ浸透している今、僕らはもうすでに「出会っている」んです。あとは自分が「行動」を起こすだけ。DMでもメールでもいい、大事な「出会い」をつかむため

スキ
5