❃終了 𝐑𝐄𝐕𝐈𝐒𝐈𝐎𝐍 大麻取締法改正請願署名

目標10万筆!目標数が集まったら紹介議員を募り、大麻取締法改正を国会で議論させます!署名用紙ダウンロード(pdf)→ https://drive.google.com/file/d/0B-uaUGCMDczBemg2UG5Od2ptN3M/view

❃終了 𝐑𝐄𝐕𝐈𝐒𝐈𝐎𝐍 大麻取締法改正請願署名

目標10万筆!目標数が集まったら紹介議員を募り、大麻取締法改正を国会で議論させます!署名用紙ダウンロード(pdf)→ https://drive.google.com/file/d/0B-uaUGCMDczBemg2UG5Od2ptN3M/view

    最近の記事

    • 固定された記事

    WHOの大麻レビューと勧告に日本の活動家の果たした役割

    WHOの国際条約による大麻規制分類変更の勧告2020年3月2日から6日にかけて開催される第63会期国連麻薬委員会(CND: Commission on Narcotic Drugs)の日程が近づいて来ました。今回のCNDでは、2018年の第41会期 WHO ECDD(薬物依存専門家委員会)にて、史上初めて行われたWHOによる大麻と大麻関連物質の正式なレビュー(クリティカルレビュー)に基づく、国際条約による大麻規制の分類変更の勧告の採択について、加盟国による投票が行われることが

      • 生の大麻(カンナビノイド酸)の健康効果

        免責事項:この記事には、医療や医薬品に関する情報が含まれていますが、執筆者は医療の専門家ではなく、内容は医学的アドバイスを目的としているものではありません。執筆者は利用者がこの記事の情報を用いて行う一切の行為について、何らの責任を負うものではありません。 Mechoulam博士の研究発表「大麻研究の父」と呼ばれるイスラエルの有機化学者Raphael Mechoulam博士は、2019年9月23日、カリフォルニア州パサディナで開催された医療大麻カンファレンス(CannMed2

        • 大麻情報サイトPotNaviの運営者Mikeさんへのインタビュー

          アメリカの合法大麻事情を日本語で発信する大麻情報サイトPotNaviの運営者Mikeさんが来日され、お話をお伺いする機会に恵まれたので、事前に質問を準備してQ&A形式のインタビューをさせて頂きました。(Mikeさんのプライバシーへの配慮からお写真やお名前は伏せさせて頂きます。)日本在住経験のあるMikeさんはとても気さくな方で、しかも日本語ペラペラ!アメリカの大麻事情に精通されているうえに日本の事情も深く理解されています。 私たちはまず、国分寺のらーめんムタヒロで腹ごしらえ

          • 世界の医療団シンポジウム「日本におけるハームリダクションを考える」拝聴記

            (おことわり: この記事は主催者の正式な許可を得て掲載するものではありません。記憶を頼りに執筆しましたが、実際の内容や主催者の主旨とは異なる可能性があることをご了承ください) 今回のシンポジウムの主催者である特定非営利活動法人メドゥサン・デュ・モンド ジャポン(世界の医療団)さまは、今後の日本でハームリダクションを導入していくための活動に向けたクラウドファウンディングを募っていらっしゃいます。賛同して頂ける方は是非こちらへのご支援をお願いいたします。 2019年9月8日「

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 大麻
            ❃終了 𝐑𝐄𝐕𝐈𝐒𝐈𝐎𝐍 大麻取締法改正請願署名

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【アクション! 厚労省大麻情報を正そう!】 #厚労省大麻情報更新

            2019年6月に公表されたWHOによる最新の報告書と厚生労働省ウェブサイトの大麻情報を見比べてみると、厚労省の情報はやっぱり古いし間違ってます。よし、教えてなおさせよう!WHOによる初めての正式な大麻レビューの結果が公表された今こそ絶好のチャンス!だけどどんな方法があるの?それにちゃんと聞き入れてくれる? 調べてみると、厚労省のホームページには「国民の皆様の声」募集 送信フォームというものがあって、ご丁寧に"ホームページに関するご意見などをお寄せください。"と書いてあります