【ソサイチリーグ】ユニフォーム規定
見出し画像

【ソサイチリーグ】ユニフォーム規定

一般社団法人 日本ソサイチ連盟

※よくある質問

代表的な質問をまとめております。まずはこちらをご確認ください。

目的

本規定は、ソサイチリーグ加盟登録チームのユニフォームに関する事項について定める。

ユニフォーム

ユニフォームとは、シャツ、ショーツ及びストッキングの 3 点を総称したものをいう。

ユニフォームの事前承認

チームは、使用するユニフォームに関し、リーグ事務局の承認を得なければならない。

着用義務

チームは公式試合において、事前に申請・登録したユニフォームを着用しなければならない。

選手番号

(1)選手番号は事前にリーグ事務局に登録し、シーズン途中の変更は認めないものとする。
(2)選手番号は、0 は不可とし、1~99 までの整数とする。

ユニフォームの色彩

(1)ユニフォームの前面と背面の主たる色彩は同じであるものとする。
(2)シャツは以下の要件を満たすものでなければならない。
①袖があること
②審判員が常時着用するシャツの色(黒)と明確に判別し得る色彩であること
(3)アンダーシャツ、ショーツまたはタイツを着用する場合は、その色はシャツ、ショーツの主たる色と同じであること。もしくは、異なる色を着用する場合は、全員が統一された色であれば認める。下記の場合も認める。
※例1)赤いユニフォームで赤のインナーを着用する選手は赤の長袖と判断する。その他の選手が黒のインナーで統一されていれば、この場合は認める。
※例2)FPが全員黒インナー、GKのみ白インナー(GKサブも合わせること)、この場合は認める。

(4)それぞれのゴールキーパーは、他の競技者、審判員と区別し得る服装を着用しなければならない。
(5)チームは公式試合会場に、正・副 2 組のユニフォームを持参しなければならない。
(6)主審は、対戦するチームのユニフォームの色彩が類似しており、判別しがたいと判断した時は、両チームの立会いのもとに、その試合において着用するユニフォームを決定する。
(7)前項の場合、主審は両チームの各 2 組のユニフォームのうちから、シャツ、ショーツ及びストッキングのそれぞれについて、判別しやすい組み合わせを決定することが出来る。

ユニフォームへの表示

ユニフォームに表示できるものは、チーム識別標章(チーム名、チームエンブレムもしくはその両方)、選手番号、ホームタウン名または活動地域名、選手名、広告及び製造メーカー識別標章(製造メーカー名もしくは製造メーカーロゴマーク)とする。

(1)チーム識別標章
シャツには、チーム識別標章を必ず表示しなければならない。
シャツ以外へのチーム識別標章の表示は任意とする。チーム識別標章を付する場所及びサイズは次のとおりとする。

① シャツ(必須)
・チーム名を表示する場合
場所は前面とし、サイズは 300cm²以下とする。
・チームエンブレムを表示する場合
場所は胸とし、サイズは 100cm²以下とする。
※チーム名とチームエンブレムは併置することが出来る。

②ショーツ(任意)
・チーム名を表示する場合
場所は左右のどちらか前面に 1 か所とし、サイズは 12cm² (縦 2cm)以下とする。
・チームエンブレムを表示する場合
場所は左右のどちらか前面に 1 か所とし、サイズは 50cm²以下とする。
※チーム名とチームエンブレムは併置することが出来るが、左右どちらか同じ側とする。

③ストッキング(任意)
・チーム名を表示する場合
場所は左右に 1 か所ずつとし、サイズは 12cm² (縦 2cm)以下とする。
・チームエンブレムを表示する場合
場所は左右に 1 か所ずつとし、サイズは 50cm²以下とする。
※チーム名とチームエンブレムは併置することが出来ない。

(2)選手番号
シャツの前面及び背面には、選手番号を必ず表示しなければならない。
選手番号は、服地と明確に区別し得る色彩(縞柄などであって明確な識別が
困難なときには台地を付ける)かつ判別が容易なサイズのものでなければならない。
選手番号の付する場所及びサイズは次のとおりとする。

①シャツ前面(必須)
場所は任意とし、サイズは縦 10cm~15cm とする。

②シャツ背面(必須)
場所は中央とし、サイズは縦 25cm~35cm とする。

③ショーツ(任意)
場所は前面の左右どちらか一ヶ所とし、縦 10cm~15cm とする。

(3)ホームタウン名または活動地域名
表示は任意とし、場所及びサイズは次の通りとする。
・シャツの袖のどちらか一方、またはシャツのチーム識別標章の周辺とし、サイズ 50cm²以下とする。

(4)選手名
表示は任意とし、場所及びサイズ・文字の種類は次の通りとする。
・背面の選手番号の上、サイズ縦 7.5cm 以下とする。
※当該箇所に広告表示がある場合は、選手番号の下とする。
・アルファベットで表記すること。記号や絵文字も認めないものとする。

(5)製造メーカー識別標章
表示は任意とし、場所及びサイズは次の通りとする。

①シャツの前面に、製造メーカー名または製造メーカーロゴマーク(以下ロゴマーク)を胸に 1 ヶ所とし、サイズ 20cm²以下とする。

②シャツの両肩または両脇または両袖口のいずれかに、ロゴマークを一ヶ所とし、サイズ幅 8cm 以下とする。形状は、以下のいずれかとする。
・単独のロゴマークを1ヶ所のみ配置。
・同一のロゴマークを連続的に配置(各ロゴマーク間の距離は最大 2cm とする)
・帯状のロゴマーク

■ショーツ
① 前面または背面に、製造メーカー名またはロゴマークを左右のいずれかに1ヶ所
とし、サイズ 20cm²以下とする。
②両腰脇または両裾のいずれかにロゴマークを1ヶ所とし、幅 8cm 以下とする。
形状は、以下のいずれかとする。
・単独のロゴマークを1ヶ所のみ配置。
・同一のロゴマークを連続的に配置(各ロゴマーク間の距離は最大 2cm とする)
・帯状のロゴマーク

■ストッキング
① 任意の場所に、製造メーカー名またはロゴマークを左右 1 ヶ所ずつ(各 20cm²以下)、または左右 2 か所ずつ(各 10cm²以下)とする。
②上端に、幅 5cm 以下とする。
形状は、以下のいずれかとする。
・単独のロゴマークを1ヶ所のみ配置。
・同一のロゴマークを連続的に配置(各ロゴマーク間の距離は最大 2cm とする)
・帯状のロゴマーク

(6)その他
・チームは、各国代表チーム及びプロクラブチーム等のレプリカを着用して公式試合に出場することは出来ない。
※プロクラブと同組織内のチームと認められれば、着用を許可する場合がある。

広告の掲示

※2022年4月12日改訂
(1)広告は極端にユニフォームから突出してはならず、危険性のない適切な素材でなければならない。
(2)広告の掲示は、1 ヶ所につき、1 社のみとする。
(3)広告を掲示できる場所及びサイズは次の通りとする。
・シャツ前面の選手番号上部または下部に 1 ヶ所または 2 ヶ所表示できるものとし、全体で300cm²以下とする。
・シャツ背面の選手番号上部および下部に 1 ヶ所ずつ表示できるものとし、200cm²以下とする。
・シャツ背面裾に 1 ヶ所表示できるものとし、サイズは 150cm²以下とする。
・シャツ両袖に 1 ヶ所ずつ表示できるものとし、50cm²以下とする。
・ショーツ前面および後面左右に 1 ヶ所ずつ表示できるものとし、80cm²以下とする。
・シャツ前面鎖骨部分の左右に 1 ヶ所ずつ表示できるものとし、50cm²以下とする。

広告の制限および停止

(1) 掲示される広告は公序良俗に反するものであってはならない。
(2) 掲示された広告が不適当であると判断した場合には、リーグ事務局はチームに対し広告掲示を停止させることができる。

表示の禁止

ユニフォームには政治的、宗教的または個人的なスローガン、メッセージまたはイメージを表示してはならない。

広告の届出

下記書類を必ず提出し、許可された広告のみ表示を認める。
届出先→office@j-society.com

改定

本規定の改正は、リーグ事務局の決議に基づきこれを行う。

その他

本規定に定めがない事項については、リーグ事務局の判断に従うものとする。
代表的な質問をまとめております。改めてこちらをご確認ください。

補足事項(ユニフォームカラーなど)

・ビブスの着用をしての試合出場を禁止する。
・黒色のシャツは着用できない。
・黒と他色のストライプシャツは認めるが色の割合を50%ずつとすること。
・ショーツ、ストッキングのどちらかが黒色は認めるものとする。
・紺色のシャツを利用する場合は、ショーツ、ストッキングを黒や紺色の同系色以外を着用すること。

スクリーンショット 2022-02-14 13.53.00

・ユニフォームは、フィールドプレーヤー(FP)正/副、ゴールキーパー(GK)正/副の 4 色を用意すること。
それぞれのシャツ・ショーツ・ストッキングの色が重ならないものとする。
・FP 正/副、GK 正/副の縦列に関してはすべて違う色(同系色の組み合わせは NG)にすること。
シャツ、ショーツ、ストッキングそれぞれに関して色が FP/GK 正/副で重ならないように、同系色にならないようにすること。

例) シャツ・ショーツ・ストッキング
FP 正:青・青・青
FP 副:白・白・白
GK 正:黄・黒・黄
GK 副:赤・赤・赤
※縦列がすべて重ならないようにすること。

スクリーンショット 2022-02-14 13.56.18

上から下まで同一メーカーで揃えることを推奨するが、
例えば、シャツ A 社、ショーツ B 社、ストッキング C 社で全員が揃っていて、同色同デザインであれば認めるものとする。
また、正と副で、FP・GK でメーカーが違っても、FP 同士、GK 同士で同一メーカー・同デザインで揃っていれば認める。

GK ユニフォームに関して
GK 登録者が試合に出場できない場合、FP の副ユニフォームが相手チームのユニフォームカラーと被らない場合に限り、使用出来るものとする。GK ユニフォームは余分に用意されることを推奨する。
GK登録者が試合に出場できない場合は事前に必ずリーグ事務局へ申告をすること。

3rdユニフォームに関して
リーグ事務局から必須提出を求めるものではない。作成を希望するチームは必ずリーグ事務局に事前承認を得るものとする。リーグ期間中に3rdユニフォームを使用するかどうかはリーグ事務局の判断に従うものとする。

補足事項(メーカー廃盤への対応)

製造メーカーにおいて、デザイン刷新などにより既存ユニフォームの追加製作が不可能になった場合、類似のデザインでも認める場合がある。リーグ事務局に事前承認を得られた場合のみ、認めるものとする。
各地域リーグの1部相当では原則認めないものとする。
ただし1部相当においては該当シーズンのみ許可する場合がある。その場合翌シーズンからは改善するものとする。

ユニフォームでお困りであれば、
オフィシャルサプライヤーDalPonte様をご紹介!
昇華プリントなので廃盤の心配がありません!
※ソサイチリーグ限定割引アリ!お問い合わせ時にお伝えください!

貼り番号について

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
一般社団法人 日本ソサイチ連盟
一般社団法人日本ソサイチ連盟公式note ソサイチとはブラジル発祥の7人制サッカー 全国各地でリーグ戦・ワンデイ大会を開催 noteではその他SNSでお伝えしきれない想いを綴り、各種リリースも発信します。 http://j-society.com/