見出し画像

クラウドファンディングで英語留学。

昨日、フレンドファンドを立ち上げた。

これは、友人からの信用を換金するものだと自覚している。

これまで得てきた自分の信用、友情。そういったものがお金に帰られていく気がして、感謝の気持ちとともに、辛さが湧いてくる。


それでも、進む。

生きることは悪を孕む。

眼の前の食べ物だって、食材の命とともに、人の生きた時間が費やされている。

自分の生きざまを問われている。

刑務所生活を支えた本にフランクルの「夜と霧」がある。

フランクルは言う。

私達が生きる意味を人生に問うのではなく、

私達が人生に問われているのだ。


そして、

私たちは、自由で幸せに生きることを神に許されている。

私は、自分の人生を満たすために行動する。


恋人や、娘や、父や、友人。

身近な人の死を見てきたからこそ、

生きる時間の短さを感じる。

生き急いでいる。

15年間の刑務所も充実はしていたが、

刑務所にいることでできなかったことに、多くの苛立ちを覚えた。

その苛立ちが現在の行動原理でもある。

そして、お金を出してくれた人には、行動で返していこうと思う。


ファンドの最終的な目的は、刑務所にプログラムを提供することです。

5月の28日から4週間、フィリピンのセブ島に語学留学してきます。

語学留学のあとは、身体からアプローチするセラピーとしてのヨガかマッサージを今年中に学びに行きます。

私は、刑務所を出所してからこれまでの約五年間、日本の刑務所にいる人・いた人達にグループセラピーを提供していきたいと思い、場作りを実践してきました。

自分自身もここれまで多くのセラピーを受けてきました。

ゲシュタルトセラピーのみでも500時間を超えています。

また、多くの一流講師のセラピーを見てきたこともあり、自身の経験の不足を感じています。

そして、現時点での経験不足を補えるよう、海外においてもワーキングホリデーをしてセラピーを学んでいきます。

刑務所出所者の私に渡航制限がどこまであるのか、いまだ未知数です。

アメリカの入国が厳しいと聞いておりますが、一度入国できるかどうかも実際に飛び込んでみたいと思います。

いずれにせよ、海外で学んだことを日本に還元していきます。

国内の拠り所として「東京発達labo」の法人化を予定しています。
ここで、生きづらさを抱えた人がカウンセリングやグループセラピーを受けられる場を作ります。

また、自身が過去に受刑者であったため、刑務所にいる人達も対象とします。

そんな、ちょいとまとまりのない行動計画です。



https://polca.jp/projects/6IMXvfRvIVU?fbclid=IwAR21aMqy4hND9tjDCq_QOUVXAlUz4sgDqKud5wzAovqnvxWfK8bVsynDhjk


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
10
はじめまして。都内で心理カウンセラーをしています。ケースワーカーと難しい事例検討をするのがライフワークとなっています。 不定期開催グループセラピー、マッサージ施術、ヨガ講師もしています。お申込みはこちら→ iwazakifuusui@gmail.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。