見出し画像

奇跡の向こう側

前回の記事をご覧になってない方はまず、こちらからご覧ください。

◆ Jasonとぼぶ

左:Jason→塩田君、
京都出身、24歳。元会社員、現在は退職済み。
Instagram(@garigari_trainer)にてフォロワー数1万人、オンラインパーソナルトレーナー。
ニックネーム、Jasonの由来は、ジェイソン・ステイサムに憧れて。

右:ぼぶ→尾崎君、
京都出身、26歳。元会社員、退職済み。
動画編集を生業とする傍ら、Instagram(@bob_life_coach)では会社員時代の辛かった経験から、自己啓発的な投稿を発信。
ニックネーム、ぼぶの由来は、「外国人といえばボブだろう」とのこと。(本人談)

◆ 奇跡のフライヤーから一転


前回の投稿にてご覧いただいた奇跡のフライヤーを彼らが持参したその当日の午前中、向井さやかさん(ガチ実名w)が、たまたまスクワットラボの体験トレーニングに来られていたんです。さやかさんはスポーツクラブに勤務されていて、プロテインに精通しており、更には最近、デザインの勉強をされて、LPやフライヤーの製作を格安で請負っているとのこと。そこで、彼女にこのストイックカフェの二人のことを話し、彼ら自作の奇跡のフライヤーを見てもらったんです。

と。
そこで、さやかさんはそんな彼らのために一肌脱ごうと、格安でフライヤーデザインなどを承諾していただいたのです。

はい、女神降臨

◆ 驚愕の看板騒動

ここ数日の売り上げが落ちていて、かなりヤバい状況だと、塩田君のLINEに対して、スクワットラボのメンバーから、「看板を設置してみては?」とのアドバイス。
それなら、とスクワットラボで使用していない立て看板があったので、これを貸してあげるよと申し出たのですが、「看板は持っているから大丈夫です!」と、塩田君。
数時間後、「これです!」と送ってくれた看板の写真がこちら。

すぐに、スクワットラボの看板をプレゼントしました。
それはもう、すぐに。

しかも、この看板のデザインもさやかさんが描いていただけるとのことです。

奇跡の向こう側には、女神がおりました。
向ヶ丘遊園ストイックカフェズ(たった今命名)の二人の奮闘劇はまだまだ続きます。頼むから、クラウドファンディングへのご支援お願いします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
yべー!
11
SQUAT Labo(スクワットラボ)トレーナー 小田急線向ヶ丘遊園駅徒歩6分、登戸駅徒歩8分 スクワットに特化した隠れ家的パーソナルトレーニングジム