見出し画像

寿司は逆さまに食べると10倍おいしくなるという価値創造

昔からよく見かけるネタですが、やってみるとやはり旨い!旨い!
寿司を食べるときは逆さまにして、ネタが舌に付くように食べましょう。

マグロ握りをセットアップ

旨そうな赤身

けっしてそのまま持ち上げてはいけません。
落ち着いて、落ち着いて、さあ。

寿司を優しく寝かす

横たわった赤身

そっと、そっと二本指で寿司を寝かせます。

醤油につける前のひねり

ちょいひねり

寝かせた寿司を持ち上げ、ちょいひとひねりして醤油に近づけます。

【重要】ネタに醤油をつける

ネタの先端にちょいちょいと醤油

よくある間違いで、シャリに醤油をつける人を見かけますが、それだとシャリが崩れてしまいます。ネタの先っちょにちょちょいと醤油をつけましょう。

逆さ寿司をクチに運ぶ

高性能カメラは毛穴を目立たせる

ネタ側をしっかりと舌の上にフィットさせ、するりと口の中に滑り込ませる。ああ、至福の時間、これぞ逆さ寿司の醍醐味。

まとめ

寿司はネタにかかわらず逆さにしてクチに運んだほうが美味しい。
ただし、人に強要せず、みんな好きに寿司を楽しむことを優先するべし。

美味しい寿司屋の大将はただ目の前に出すだけではなく、最適な食べ方を提案してくれる。
「呼子のアオリイカです。塩レモンしてますのでそのままお召し上がりください」ってね。

記事を書いた人の自己紹介

こちらの記事を書いているボクは小さくて良い会社のためのWEBサイトを制作している会社を経営しています。電機メーカーの営業職から始まり、外資系PCメーカー、ベンチャー立ち上げ、挫折、会社清算、2回目の起業、など経験してます。美味しい寿司屋の大将のように、Webサイトを作って提供するだけではなく「お客様の悩みを解決するコンテンツを書くと読まれますよ」とアドバイスを心掛けています。

失敗経験を活かし「作って終わり」にしないWEBサイト制作 | アイランドマーケティング 社長 島沢良 インタビュー

Googleで[Webマーケティング 豊島区]←検索すると1位に出てきます、そういう仕事をしています。

株式会社アイランドマーケティング

Twitterアカウントはこちら
shima-ryo / 小さな会社のWEB屋さん / アイランドマーケティング




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!