マルジナリア2バックナンバー・圓朝、オイディプス

9

自分とは、何者か。(1/5)

「あなたは、だれですか」。 街頭インタビューと称して、街ゆく人にこう問いかけるテレビ番組…

自分とは、何者か。(2/5)

『真景累ヶ淵(しんけいかさねがふち)』は、三遊亭圓朝作の怪談噺である。 噺、つまり落語作…

自分とは、何者か。(3/5)

閑話休題。 前回の続きである。 お久の死後、新吉はそのまま下総の羽生村に居着いてしまう。…

自分とは、何者か。(4/5)

前回からの続き。 私たちは幼い頃から「将来の夢は何ですか?」と問われる。何になりたいか、…

自分とは、何者か。(5/5)

今回は本当に長くてすみません。 自分とは、何者か。(1/5)からの5連作、最終章です。 私た…

運命を生きる。(1/3)

ニジンスキーといえば、言わずとしれた名種牡馬……ではなく(そうでもあるのだが)、天才の名…

運命を生きる。(2/3)

「なんのために生きているのかわからない」。 「なぜこんなに辛い思いをしながら生きていかな…

切断面、幽霊、繰り返しひらかれる扉。(3/3)

いなかったかもしれない「幽霊」。三遊亭圓朝作『牡丹灯籠』は、幽霊噺として有名である。 落…