見出し画像

西安空港で泊まる

恐らくこのページに辿り着いた方は、西安空港に夜中に着いて翌早朝のフライトスケジュールに陥った方が大半でしょう笑 

安心してください。私が訪れた2015年10月現在の情報ですが、西安空港で夜を明かす手段をお伝えします。

かく言う私も日本から九寨溝へ向かう際に、西安経由で向かうことになりました。

(透き通る青い湖が見たかったのです笑)


西安空港への到着は夜中の0時ごろ。九寨溝へのフライトは7時発と乗り継ぎ時間が中途半端な時間だったので、西安空港内で時間を潰す(寝る)ことが出来るのかとポチポチネットで調べていたら…、出来ない!笑

夜中に空港から移動するのも数時間しかいないホテルを確保するのもやっかいだなーと調べていたら、

なんと空港内で仮眠が取れるスペースがあるとの情報がありました!

その名も「sleep box」(そのまま!)

このわずかな情報を頼りに実際に現地に行ってみたら、ありました。

ずらっと並んだ箱。

(写真は帰りの昼に撮ったものです^^;)

ただ空港内にビジネスホテルのような場所も併設されていて(1泊250元ほど)、結局みんな(現地の人も)困ることだから、対策がされているのだな、と思った次第です。


なるべく旅費を安く抑えたかった私は興味本位で空港の椅子で寝ていたら、1時過ぎごろに警備員らしきおっちゃんが自転車に乗って空港内を見回り始めました。

案の定私のいるスペースにもやってきて、何やら叫びます。(明らかに寝ていないで移動しなさいと言っていたと思います笑)

他に横になっていた現地の人たちも起きて移動し始めたため、私もさくっと移動。やっぱり西安空港は夜中に閉まるんだな?と確認した後、

結局私は、1時間50元の「sleep box」で朝5時ごろまで休むことにしました。

部屋の中はベットがあるだけでしたが、コンセントやWi-Fiも準備されていて値段相応?の快適さでした。


皆さまの西安空港を利用の際の、お力になれば幸いです♪

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
はじめまして! 旅と写真が好きなので、それらを少しずつ紹介していけたらと思います。お気軽にフォローして頂けると嬉しいです(*^^*)フォロバさせて頂きます♪テーマは『景色と四季の彩』(旅行/写真/etc...)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。