マガジンのカバー画像

#わたしの推し食材

28
食に関わる仕事をしている様々なフードセレクターが、普段は秘密にしておきたいとっておきの食材を紹介しています。 運営:株式会社MISO SOUP
運営しているクリエイター

記事一覧

noteフェス限定 『わたしの推し食材』限定セットを販売します。

こんにちは! #わたしの推し食材 を運営しているMISO SOUPです。 今回、2020年9月2日(水)〜5日(土)の4日間、noteさんが開催する『note CREATOR FESTIVAL』を一緒に盛り上げるため、今まで#わたしの推し食材で紹介させていただいた生産者にご協力いただき、noteフェス限定セットを用意させていただきました! コンセプトである「つくると、つながる!」の想いの元、わたしたちも全国の素敵な生産者と消費者が繋がるような美味しくて、想いのある商品を用意

スキ
21

食農夢創代表 仲野真人の推し食材。庄内の三兄弟が作る絶品枝豆「まさおちゃん」

普段は秘密にしておきたいお気に入り食材をこっそり教えてくれるプロジェクト『#わたしの推し食材』。 Vo.24は農林漁業者の経営支援会社代表の「仲野真人」さんです。 フードセレクター紹介 こんにちは!本日のフードセレクターの仲野と申します。 私は2019年4月に食農夢創という会社を設立し、「農林漁業を夢のある食産業へ創造する」というミッションのもと、全国の農林漁業者の経営支援や2次・3次事業者とのマッチングを行っております。また、これまでに北海道から沖縄まで津々浦々の産地を

スキ
4

スープに合う食器って?|ボウル?カップ?スープ皿?選び方のポイントまとめました

先日noteイベントでクラムチャウダーに合ううつわについてお話ししました。今日はそれをベースに「スープにあう食器って何?」というお話をしたいと思います。 スープでひとくくりにするのをやめよう私も昔スープに合うボウルってなんだろう〜とモヤモヤしたものですが、今となって思うのは「スープはどのうつわでも合わせられる」ということです。このお皿しか合いません!ということはなく、一定以上深さのあるものであればなんでも合わせられると思います。にも関わらず「スープ皿見つけるの難しい」と思っ

スキ
73

イベントレシピ:ホワイトコーンとホンビノスの夏チャウダー

今日、『noteで見つける「#私のイチオシ」』というイベントに参加しました。その中でご紹介した、クラムチャウダーのレシピです。 おすすめ素材としてホワイトコーンとホンビノス貝をご紹介いただきました。くわしくは、今日ご一緒した山岸さんも書いていらっしゃる『わたしの推し食材』プロジェクトのnoteから。 まずは甘い甘い、白のとうもろこし。 もうひとつは、歯ごたえしっかり、大きなホンビノス貝! この素敵な食材を使って、さらっと夏らしいクラムチャウダーを作りたいと思います!

スキ
101

デザイナー竹島洋子の推し食材。五感をフ ル稼働して味わって欲しい「うなぎ笹むし」

普段は秘密にしておきたいお気に入り食材をこっそり教えてくれるプロジェクト『#わたしの推し食材』。 Vo.23はデザイナーの「竹島洋子」さんです。 フードセレクター紹介 こんにちは。イラストレーター・デザイナーの竹島洋子と申します。イラストでは「ははたこ」で活動しています。 株式会社MISO SOUPさんのデザインのお手伝いもしています。素敵な農家さんの商品づくりのお手伝いができて、とても嬉しいですし、やりがいもあります。 わたしの推し食材商品名:笹むし 農園名:桜屋 「

スキ
9

農家伴走型プロデューサー 山岸直輝の推し食材「白く、甘く、はじけるとうもろこし」

普段は秘密にしておきたいお気に入り食材をこっそり教えてくれるプロジェクト『#わたしの推し食材』。 Vo.22は農家伴走型プロデューサーの「山岸直輝」さんです。 フードセレクター紹介こんにちは!2回目の推し食材登場となります、株式会社MISO SOUPの山岸と申します。全国の農家さんと共に、次世代に残るような事業づくり商品づくりをサポートしています。 6月から長野県飯綱町へ移住し、りんご畑に囲まれながらの生活を始めました。美味しいものに囲まれるというのは幸せなことですね。

スキ
11

“世界を「農」でオモシロくする” The CAMPusプロデューサーの小林世子の推し食材。噛めば噛むほどに甘みとうまみが溢れるお米

普段は秘密にしておきたいお気に入り食材をこっそり教えてくれるプロジェクト『#わたしの推し食材』。 Vo.21はThe CAMPus プロデューサーの「小林 世子」さんです。 フードセレクター紹介 はじめまして、The CAMPusプロデューサーの小林と申します。 “世界を「農」でオモシロくする”をテーマに掲げ、新型農家の誕生を促進し“農”というムーブメントを軸に、暮らしの質を高めていき地域活性化を実現するThe CAMPusの副代表として活動しています。

スキ
7

援農で全国を周る東大生 郡司昂の推し食材。山口発のスーパーフード「自然生とろろ」

普段は秘密にしておきたいお気に入り食材をこっそり教えてくれるプロジェクト『#わたしの推し食材』。 Vo.20は縁農活動を行う「郡司昂」さんです。 フードセレクター紹介 初めまして、本日のフードセレクターの郡司昂と申します。 私は各地の農家さんを訪問して回りながら、「縁農」活動として、ご縁のあった農家さんのお手伝いから商品の販売、PRのお手伝いなどをさせていただいております。 わたしの推し食材食材:自然生(自然薯) 生産者:やまいもまつり さて、今回私が紹介する推し食材

スキ
6

110(イトー)コーヒー 伊藤理恵の推し食材。 “北海道の牧場からあなたの街へ。” 牧場toお客様を大切にするプレミアムチーズケーキ。

普段は秘密にしておきたいお気に入り食材をこっそり教えてくれるプロジェクト『#わたしの推し食材』。 Vo.19は110(イトー)コーヒーの「伊藤理恵」さんです。 フードセレクター紹介こんにちは!本日のフードセレクター伊藤りえです。 私は、仙台朝市内で毎朝8時から朝市で働く方、仕入れをしにくる方、お買い物に来る方、観光の方、、、たくさんの人たちとお話をしながら、一杯入魂のコーヒーを淹れているコーヒー屋です。 わたしの推し食材産地:ファームデザインズ(北海道浜中町) 商品名:プ

スキ
6

食農夢創代表 仲野真人の推し食材。みかんがまるごと入った贅沢なジュレ

普段は秘密にしておきたいお気に入り食材をこっそり教えてくれるプロジェクト『#わたしの推し食材』。 Vo.18は農林漁業者の経営支援会社代表の「仲野真人」さんです。 フードセレクター紹介 こんにちは!本日のフードセレクターの仲野と申します。 私は2019年4月に食農夢創という会社を設立し、「農林漁業を夢のある食産業へ創造する」というミッションのもと、全国の農林漁業者の経営支援や2次・3次事業者とのマッチングを行っております。また、これまでに北海道から沖縄まで津々浦々の産地を

スキ
4

ライブ料理人鈴木健司の推し食材。野菜本来の味を実感できるかとう旬菜畑の野菜セット

普段は秘密にしておきたいお気に入り食材をこっそり教えてくれるプロジェクト『#わたしの推し食材』。 Vo.17はライブ料理人の「鈴木健司」さんです。 フードセレクター紹介私たちGREEN MONDAYは、アレルギーや食に違いがある方とも一緒に食卓が囲えるように、ヴィーガンというお肉やお魚を使わない調理法を取り入れ、日本の伝統でもある発酵を存分に生かし、お野菜独自の旨味を引き出したお寿司を作っています。 化学調味料や添加物は使わずに自然の持つ雄大な力に頼ることで、私たち人間も

スキ
6

船乗りダンサー吉田郁生の推し食材。和歌山の具材感溢れる「おかず味噌」

普段は秘密にしておきたいお気に入り食材をこっそり教えてくれるプロジェクト『#わたしの推し食材』。 Vo.16は船乗りダンサーの吉田郁生さんです。 フードセレクター紹介 皆さんこんにちは、船乗りダンサーの吉田と申します! この度、お誘いを受けて記事を投稿させて頂く事になりました。普段、ふるさと和歌山の魅力を広めたいなぁーとは思いつつ中々そんな機会に巡り合わなかったので、張り切って紹介します! わたしの推し食材今回、僕からご紹介したい「わたしの推し食材」は、地元和歌山県は御坊

スキ
8

農業プロデューサー「大原翔」の推し食材 船橋市漁港の新食材「ホンビノス貝」

普段は秘密にしておきたいお気に入り食材をこっそり教えてくれるプロジェクト『#わたしの推し食材』。 Vo.15は農業プロデューサーの大原さんです。 ------------------------------- フードセレクター紹介こんにちは!本日のフードセレクターを任せられた大原です。私は株式会社MISO SOUPでマーケティングプロデューサーとして全国の生産者の事業のサポートをしています。東京出身で農業とはこの仕事に出会うまであまり関わりはなかったのですが、ブランディン

スキ
8

おいしいを科学する食のプロモーター(旅するヤオヤ) 上山琢矢の推し食材。 香川県から県外不出の完熟いちご。

普段は秘密にしておきたいお気に入り食材をこっそり教えてくれるプロジェクト『#わたしの推し食材』。 Vo.14は旅するヤオヤの「上山琢矢」さんです。 フードセレクター紹介おいしいたのしい食卓を提供するため、生産者とともに販路開拓を基点とした商品開発をしています。全国の食べて感動できる食を探し求め、食べた方に「美味しい!」と喜んでもらえることを原動力に生きています。 みなさんの「おいしい!」は、食卓を笑顔にするだけでなく、そして地域で頑張る生産者をも元気にするチカラがあると確

スキ
5