見出し画像

【MAD MONEY】コンステレーションの関係を活用してCBDを注入した飲み物を米国の店舗に持ち込むキャノピー(Google翻訳版)

画像出典:MAD MONEY ウェブサイト

2021年3月2日火曜日公開7:42 PM EST

キーポイント

●キャノピーグロースは、米国でQuatreauスパークリングウォーターのオンライン販売を開始すると発表しました。今年後半に店頭に飲み物を置く予定です。

●同社は火曜日に、アメリカで4種類のドリンクのオンライン販売を開始したと発表しました。

●「QuatreauCBDドリンク、そして最終的にはTHCブランドのドリンクを米国に持ち込むことができれば、時間の経過とともにそれを実際に利用しようとすることがわかります」と、KleinはConstellationとのパートナーシップについて述べています。会社のほぼ40%の株式。

キャノピーグロース火曜日には、米国Quatreau、カナダ大麻プロデューサーのCBD-注入されたスパークリングウォーターのオンライン販売を開始しました。

CanopyのCEOであるDavidKleinは、CNBCのインタビューで、同社の40%近くの株式を保有するビール、ワイン、スピリッツの生産者であるConstellation Brandsとの関係を活用して、小売業者への流通を管理すると述べました。

火曜日の「マッドマネー」に出演したクライン氏は、「これらは外出中の男たちだ。コロナやモデロがどこにでもあると思う。彼らは私たちのBioSteelブランドを[市場に]出す能力を持っている」と語った。「QuatreauCBDドリンク、そして最終的にはTHCブランドのドリンクを米国に持ち込むことができれば、それを実際に利用しようとする機会が増えるでしょう。」

Biosteelは、キャノピーが2019年に過半数の株式を取得したスポーツ栄養製品メーカーです。

Quatreau飲料のラインアップには、ミント入りキュウリ、グアバ入りパッションフルーツ、ライム入りジンジャー、アサイー入りブルーベリーの4種類があります。12パックで販売されているスパークリングウォーターの各ボトルには、米国で栽培された20ミリグラムの麻ベースのCBDが含まれています。

キャノピーはプレスリリースで、2018年に成人向けのマリファナを合法化したカナダでは、2020年に発売されて以来、Quatreauが最も売れているCBD飲料になっていると述べた。コロナウイルスの大流行の中で、大麻ベースの製品に対するカナダの需要は急増しました。

キャノピーは、米国の店舗で製品をいつ運ぶ予定かについては述べていません。

「これは、北米全体で収集された洞察を使用したいという私たちのプレイブックを示しています」とクライン氏は述べています。「次に、イノベーションを使用して…すばらしい製品を開発し、カナダでテストと学習のプロセスを少し行ってから、できるだけ早くConstellationの配布の助けを借りて米国に持ち込みます。 「」

CBDベースのドリンクの発売は、同社が近い将来に期待する全国的な合法化を見越して、新興の米国大麻市場で優位に立つためのキャノピーの戦略の一部です。カンナビノイド、またはCBDは、2018年の農業法案の下で合法化された麻に由来する非精神活性化合物です。

全米州議会議員会議によると、火曜日の時点で、14の州、ワシントンDC、および3つの地域が大麻を合法化しています。バージニア州議会は先週、娯楽目的での使用を合法化する法案を州知事に送った。署名された場合、バージニア州は、ポットの禁止を終了した最初の南部の州になります。

キャノピーは、コンステレーションのビール流通ネットワークの助けを借りて、アメリカでのカナダでの好調な売上を再現したいと考えています。クラインはまた、Quatreauの市場投入を支援したことで、SvedkaやCooksChampagneなどの幅広いブランドを持つアルコールの巨人の功績を認めました。

「それが私たちが持っているコンステレーションパートナーシップの力です」と彼は言いました。「もちろん、彼らは飲み物の作り方を知っており、あらゆる段階で私たちを助けてくれました。これは、Constellationが長年にわたって提供してくれたバランスシートのサポートをはるかに超えています。」

バーが閉鎖され、レストランがCovid-19の蔓延を緩和するための厳格な規則で再開されたとき、Constellation Brandsは、危機の中で酒類の売り上げを伸ばし続ける方法を見つけました。消費者が酒類を積み込むためにスーパーマーケットや店に足を踏み入れたため、小売チャネルでの不況なオンプレミス販売が埋め合わされたと同社は語った。

キャノピーの株価は火曜日に1.5%上昇して35.25ドルで取引を終えた。

オリジナルサイトで読む。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
◆日本在住のDataScientistです。◆米国株、特にSPACに関する海外サイトの情報を発信中。◆翻訳はGoogle先生に一任。※日本語の誤字脱字や意味不明な箇所はオリジナルサイトでご確認ください。◆♡やフォローをいただけるとうれしいです。from 2021/01/18