note公式
自分の行動が誰かのためになったと感じたことについて教えてください!お題企画「#誰かの役に立てたこと」で募集します。
見出し画像

自分の行動が誰かのためになったと感じたことについて教えてください!お題企画「#誰かの役に立てたこと」で募集します。

note公式

自分のとった行動が、誰かの役に立ったり、感謝されたり。そんな経験はありませんか?
誰かを喜んでもらうためにあえてしたことだけでなく、ふだんのなにげない言葉や気遣い、日ごろ意識せずに取っている行動が、結果的に誰かのためになっていた…ということが、実は誰にでもあるのではないでしょうか。

人だけでなく、社会や環境、未来のためにも。誰かやなにかの役に立ったと思えたエピソードや、そのときの自身の思いについての投稿を「#誰かの役に立てたこと 」で募集します。

コラム、エッセイ、写真のほかにも、マンガやイラストなど、形式は問いません。自分の行動が誰かに喜ばれたエピソードや、社会や未来のために心がけていることなど、自由につづっていただければと思います。

ハッシュタグ「#誰かの役に立てたこと 」をつけて、ぜひご投稿ください。
(過去に発表した作品でも、#誰かの役に立てたこと をつければ参加可能です)

本企画への後援について

今回のお題は、2022年7月22日から8月21日の間、マクロミルさんに後援いただくことになりました。

期間中に投稿された作品のなかから、マクロミル担当者がすてきな作品5記事を選定。
Amazonギフト券1万円分を贈呈します。

後援期間中の投稿方法

以下の方法でご投稿ください。

①noteアカウントで会員登録(ログイン)
マクロミルnoteアカウントをフォローする

③ハッシュタグに「#誰かの役に立てたこと」を設定して記事を投稿

・応募の際は「無料公開」で設定してください。
・既に同じようなテーマで投稿した記事でも、このハッシュタグをつけて編集・公開すれば応募可能です。
・一人で複数の作品投稿も可能です。

受賞作品はこちらのページで紹介します。

お題をはじめるにあたって

お題開催にあたり、マクロミルの担当者からコメントをいただきました。

皆さん、こんにちは。
私たちマクロミルは、「消費者の皆さんの理解を深めたい」というさまざまな企業様からのご要望に対し、消費者の皆さんにアンケートへ回答いただくことで、その答えを探すお手伝いをしている会社です。

アンケートを通じて、企業様から消費者の皆さんへ、より良い商品やサービスを提供いただく。この積み重ねが、より豊かな社会へとつながっていくと私たちは考えています。

私たちのそんな想いをのせて、今回「#誰かの役に立てたこと」をお題に、投稿を募集することにしました。

日々の生活のほんの些細なことでも、実は「#誰かの役に立っていること」は多いのではないでしょうか。コンテストを通じて、ふと誰かの気持ちに寄り添ったり、自身の行動を振り返ったりする機会にもつながればと思います。

たくさんの方が、互いの想いに触れ、より良い世の中へと優しい輪が広がっていきますように。
皆さまのご投稿をお待ちしています!

投稿内容の利用に関して

投稿内容は、マクロミルのnoteや公式ホームページ、公式SNSなどで紹介させていただく可能性がございます。
また、noteの公式Twitter・Facebookでも紹介させていただきます。
みなさんのご投稿、たのしみにしています!

<応募上の注意>
■ 応募作品について

・応募作品の著作権はクリエイターに帰属します。
・著作権を遵守した内容で投稿をお願いします。「創作を後押しする著作権の考え方」をご確認ください。
・他のコンテストで受賞した作品やそれに類似する作品の投稿はお控えください。
・募集内容に関係がない応募記事のハッシュタグはnote運営側で外すことがあります。
■ 審査・受賞作品について
・審査基準など審査に関するお問い合わせには応じられません。
利用規約に違反していた場合には、審査後であっても受賞を取り消すことがあります。
・受賞作品の発表は、本記事および受賞者へのご連絡メールをもってかえさせていただきます。ご連絡日から10日以内にご返信をいただけない場合、noteの登録メールアドレス宛にアマゾンギフト券を発行し、それをもって賞品の受け渡し完了とさせていただきます。
・個人情報の取り扱いは当社プライバシーポリシーに従います。
・賞品としてご提供するAmazonギフト券は日本のAmazonページでの購入にご利用いただけます。詳細はAmazonギフト券細則をご参照ください。



この記事が参加している募集

誰かの役に立てたこと

with マクロミル

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
note公式
ミッションは「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」。noteの最新情報や新機能(カイゼン)を紹介します。 編集部アカウント : https://note.com/notemag || イベントアカウント : https://note.com/events