新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

noteで反響を呼んだ未来予測『人類2.0 アフターコロナの生き方』が8月6日に発売!

noteで株式会社bajji CEOの小林慎和さんが投稿した、アフターコロナの未来予想「アフターコロナ世界はどう変わるのか、9つの視点」が書籍化。プレジデント社から8月6日に『人類2.0 アフターコロナの生き方』として発売されます。2020年4月に投稿され、新型コロナ流行後の世界をビジネスや人間関係などの観点から考察したnoteは約25万PVを記録。本書はnoteの内容を元に加筆・構成されたものです。

「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、これからもクリエイターのみなさんの活動をサポートしていきます。

『人類2.0 アフターコロナの生き方』

noteで反響を呼んだ"未来予測"に、大幅加筆で緊急出版。私たちの仕事はどう変わるのか?アフターコロナを生き抜く地図となる一冊です。

世界中にインパクトを与えた新型コロナウイルス(covid-19)。いまだにその波が収まらないなか、未来を見通す指針、わけても私たちの実質に根差した地に足のついた予測が求められています。

数々の経済危機でも変わってこなかった働き方やビジネスのルールーー目の前の仕事がどう変わっていくのかを予測しながら、アフターコロナの世界の未来図、そのなかで生き抜いていくために取るべき対策を描き出します。

著者・小林慎和さん
2011年、グリー株式会社に移り、海外事業開発を担当。2012年末にシンガポールにて起業。以来、アジアにて複数社を起業する。倒産、会社売却をした後、2016年日本に帰国し東京で起業、2019年に同社を上場企業の子会社化し代表を退任。2019年4月、株式会社bajjiを創業し、感情日記アプリ「Feelyou」を展開。 2015年、Asian Entrepreneurに日本人として唯一選出され、2016年にはIBM Blue Hub賞を受賞。2017年、Deloitte Technology Fast500にてアジア全体で292位、シンガポール国内で3位となる。 オンラインサロン「新世界アフターコロナ 〜答えのない時代での生き抜き方〜」を運営。著書には、『海外に飛び出す前に知っておきたかったこと』『リーダーになる前に知っておきたかったこと』(ともにディスカバー・トゥエンティワン)などがある。
note:https://note.com/noritaka88ta Twitter:@noritaka88ta

著者・小林慎和さんのコメント

3月末ごろ、毎日コロナに関するニュースを朝から晩まで読み漁っていました。この先どうなるのだろうか。いつ明けるのか。将来が見通せない。そういう不安ばかりがよぎりました。

そう考えた時、同じように不安を抱えるのは自分だけではない、みんなもそうに違いない。ならば、自分なりに考えたアフターコロナをまとめ、世に発信してはどうか。そう考えるようになりました。そこで、一個人として世に問うプラットフォームとして最適なnoteに記事を書いてみることにしました。

そうしたところ、20万人を超える方々から反響を頂き、この度出版となりました。新世界、アフターコロナを生き抜く道しるべに、本書がなればと思っています。苦難が続きますが、ぜひ一緒に生き抜いていくことができればと思います。ぜひ本書を手に取っていただければ幸いです。

書誌情報

画像1

書名:人類2.0 アフターコロナの生き方
著者:小林慎和
発行:プレジデント社
定価:1,210円(税込み)
ISBN-10: 4833440288
ISBN-13: 978-4833440288
版型:単行本
頁数:256頁


note編集部のおすすめ記事を紹介しています

noteへのご意見・ご要望は、フッターのカイゼン目安箱👇
366
ミッションは、「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」。noteの最新情報や機能カイゼンを紹介していきます。 note編集部 : https://note.com/notemag || noteイベント情報 : https://note.com/events

こちらでもピックアップされています

noteからの書籍化
noteからの書籍化
  • 55本

noteにつづった記事がきっかけとなり、書籍化された作品をまとめています。