見出し画像

【水泳】「練習のための練習」にしないための方法

✓本書の内容
「レースの結果に直結する練習方法」を解説します。

こんなことをコーチから言われたことありませんか?

「練習のための練習をするな!」
「頭を使って練習しなさい!」

…現役の頃、僕は散々言われてきました。

僕はそう言われる度に

「そもそも練習のための練習ってなに?」
「頭を使って練習するってどういうこと?」
「っていうか、そうならないためにはどうしたらいいの?」

こんな風に思っていました。

今回は、元水泳日本代表→水泳指導をして現在8年目の僕が、「練習のための練習」にしないための方法について、詳細にまとめました。


✓想定読者
・現役スイマー
・現役スイマーを抱える親御さん
・マスターズスイマー
・トライアスリート で、
水泳が速くなりたい方、現在結果が伸び悩んでいる方、レースの結果に直結する練習方法を知りたい方。
また、上記方々を指導しているコーチもきっと参考になる内容だと思います。

「これから泳げるようになりたい!」という方には合わない内容かもしれません🙇‍♂️

「考え方」は応用可能だと思いますので、トライアスロンをやられている方は、内容を「バイク」や「ラン」に置き換えて読んでいただくと、より効率的な練習に繋がると考えます。


✓お値段
980円

ランチ1回分程度の価格です。

(※ご好評につき、680円から値上げさせていただきました。売れ行き次第で今後も値上げさせていただく予定です。購入を迷われている方はお早めにご検討ください🙇‍♂️)

この記事の内容は、前半部分のみ動画を公開しているのですが、今回はその動画の内容を文字ベースや表で詳細にまとめました。

購入していただいた方は、もちろん
①後半の動画も視聴可能
②後半の動画の内容を文字ベースにまとめた部分
③動画では伝えきれなかった補足の部分 も読むことができます。

(前半の動画です↓)


✓購入者さんから感想をいただきましたm(_ _)m


✓購入する前の注意点
ちゃんと内容を実践できる人限定

今の時代、情報は多すぎるくらい出回っています。
だからこそ、しっかりとこの考えを実践できるに人だけ購入していただきたい。

僕は、水泳指導で会社を経営し、ご飯を食べています。
そのため、ここでお伝えする内容には自信がありますし、実践していただければ結果はついてくると思っています。

しかし、行動するのはあなた自身です。
「この考えもいいな」「あの考えもいいな」とフラフラするのではなく、一定期間はこの考えをコピーして実践していただきたいです🙇‍♂️


「練習のための練習」とは?

まず最初に、「練習のための練習」ってなにか?っていうことなんですけど、結論からいうと

練習のための練習=レースに紐づいていない練習

だと思っています。
よく言う、「頭を使っていない練習」も同じ意味で、レースに紐づいていない練習のことだと考えています。


僕はこれまで色んな選手を間近でみてきたり、色んな生徒さんを指導してきましたが、「練習のための練習になってしまっているな」と感じる人たちには2つの特徴があります。


この続きをみるには

この続き: 6,056文字 / 画像2枚

【水泳】「練習のための練習」にしないための方法

麻生 真稔(Masatoshi Aso)

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
麻生 真稔(Masatoshi Aso)

水泳が速くなる視点や考え方などを、選手時代の実経験や指導者として得た知見をもとに書いています。サポートしていただいた収益は、後進の指導者育成費用に充てさせていただきます。よろしければサポート頂けたら嬉しいです。

13
‪元水泳日本代表。1500m自由形専門。最終選考で五輪の夢破れ現役引退→渡米。イアンソープ等数々の五輪メダリストを育てたコーチと偶然出会い、最先端の技術を学ぶ。日本水泳連盟公認コーチ。「水泳が速くなる視点」を発信中。ブログ→ https://aso08.com/intro/