見出し画像

うつ病で28年「へなへなよわよわガツガツ」だったボクがドラマのモデルになるまでの話

どーも、いなだです。

うつ病に治された男です。

ボクは、しんどい考え方と、生き方を、「うつ病」に治されました。

で、気づいたら、うつヌケして、ドラマ『うつヌケ』(KADOKAWA)の第1話モデルとなりました。

なぜ、こんなことになったかを、人生初noteで、まとめてみました。

●うつ病で28年「へなへなよわよわガツガツ」だったボクがドラマのモデルになれた「たった1つ」の理由

とりあえず、先にいっちゃいます。

「地獄の底から、悔しかったから」です。

詳しくは、おいおい。

28歳で、うつ病を発症するまでのボクは、こんな感じでした。

・へなへな
・よわよわ
・ガツガツ

「なんのこっちゃ?」ですよね。

ボクはタクシーの運転手の父と、ふつうの専業主婦の母のもとに、姉の11年あとに生まれた、待望の長男でした。

やっと生まれた男の子に、父は泣いて喜び、母は「男の子を産まないといけない」というプレッシャーから解放された。

悲劇は、ここからです。

ボクは両親から、こんな感じに育てられました。


【父】
・お前にだけは、父ちゃんのような苦労をかけさせたくない
・歯医者になれ、パイロットになれ
・お前は、父ちゃんの自慢の息子だ
【母】
・お前は立派な男になれ
・もっと頑張れ
・もっと強くなれ

正直、生きづらかった。

いつも自分の意志がなく、へなチョコで、弱虫なくせに、やたらと頑張ってガツガツする、という変な息子になっていきました。

え?なぜ、うつ病になったか?

●「うつ病」になった3つの理由

①「へなへな」だったから

親から夢を与えられた。そのため自分の意志をもてなかった。人から何かを聞かれると、いつも「わからない」「しらない」と答える、へなへな男だった。自分を生きられないため、自己肯定感が低く、うつ病になりました。

②「よわよわ」だったから

「もっと強くなれ」と育てられた。弱い子だったから。学校で友達にいじめられても、「弱いおまえがダメ」と言われた。「弱い自分はダメな人間」と思うようになり、自分を責めるようになった。よわよわなボクは、うつ病になりました。

③「ガツガツ」だったから

「一流になれ」「もっと頑張れ」「お前は自慢の息子」と育てられた。親の期待に応えることが唯一、認められることだと疑いもしなかった。いつも人目を気にして、ガツガツ頑張った。親の夢にやぶれ、ヌケガラになった。生きる目標をなくしたボクは、うつ病になりました。

幼い頃にすりこまれた「親の価値観」「考え方と生き方」が、ボクをうつへと導いたのです。

しかし、ボクは一度も親をにくんだことはありません。

にくむどころか、必死になって親を守ろうとしたんです。

え?どうやって、うつヌケできたか?

●「うつヌケ」できた3つの方法

① うつ病を「生きなおし」のきっかけにした

正直、「やっとうつ病になったか」という感じでした。気づくと涙がでてたり、死にたく感じたり、このワケのわからない現象の原因がわからなかった。でも、うつ病になってわかりました。これは体からの「生きなおしのメッセージ」だと。

② うつ病を「規則正しい生活習慣をとりもどす」きっかけにした

うつ病になる前、とにかく生活習慣がみだれてました。歯医者やパイロットにはなれなかったけど、少しでも「自慢の息子になりたい」と、寝る時間をおしんで仕事をした。出世した。でも食生活はみだれ、運動不足になった。うつ病で入院して、はじめて「規則正しい生活習慣」を手に入れられました。

③ うつ病を「自分をなおす」きっかけにした

うつ病になったのは、自分を生きられなかった「自分病」のせい。うつ病になったのをきっかけに親から離れられた。「そうだ、これは自分病を治すチャンスだ!」と思ったボクは、うつ病じゃなく、「うつ病になった自分」を治そうと考えた。へなへなでもいい。よわよわでもいい。ガツガツしない。ありのままの自分でいいと思えるようになれました。

要は、「うつ病になった」という「最大のピンチ」を、「最高のチャンス」へと、変えるようにしたんです。

そしたら、みるみる、うつ病になった自分がよくなっていったんです。
 
え?なぜドラマのモデルになれたのか、もう少し詳しくおしえて?

では、まとめながらお教えします。

●まとめ・ご案内


うつ病で28年「へなへなよわよわガツガツ」だったボクがドラマのモデルになれたのは、「地獄の底から、悔しかったから」です。

その地獄の底から、わきあがる悔しさには、こんなエピソードがありました。

うつ病のとき、社会復帰を目指して、障がいをもつ子どもたちのヘルパーの仕事をしていたときのことです。


ある日、「大事な話」があると、社長から呼びだされました。

「いなださん、おつかれさま。あのね、風のたよりで聞いたんだけどね。あなた…。精神科に入院してたんだって?

は、はい。

「あなたのようなノイローゼのヘルパーは、うちの会社にいりません。生活保護でもうけて、頑張りなさい。」

クビでした。精神障がい者への偏見だった。

地獄の底から、悔しかった。


そのとき、ボクは「何にも負けない強い気持ち」をいだいたんです。

・うつ病の人でも、必ず人の役にたてる!
・うつ病への差別や偏見をなくしたい!
・これ以上、自分と同じ思いをする人をだしてはならない!

この「何にも負けない強い気持ち」を胸に、うつ経験を伝える講演活動をはじめました。

2010年より全国各地で講演活動をはじめ、10年間でのべ1万人を超える、うつ病経験者(支援者ふくむ)の心に寄り添ってきました

【講演実績】(抜粋)
三重県伊賀市、桑名市、大阪府茨木市、岩手県大船渡市、陸前高田市、愛知県名古屋市、岩倉市、常滑市、 岩倉中学校、岩倉南部中学校、日本福祉大学半田キャンパス、名古屋市教育委員会、 南知多病院、常滑市民病院、名古屋市緑区社会福祉協議会、岩倉市社会福祉協議会、常滑市社会福祉協議会、精神保健福祉団体、保健所、(株)旭コムテク本社、トヨタ自動車本社…

そしたら、メディアで少しずつとりあげられるようになりました。

【とりあげられたメディア】(抜粋)
NHKテレビ「ほっとイブニング」、CBCテレビ「イッポウ」、中京テレビ「キャッチ」、東海ラジオ、FMねまらいん、中日新聞、朝日新聞、毎日新聞、岩手東海新報、TOKYO GRAFFITI、Yahoo!ニュース…

あのときの偏見で感じた、「地獄の底からの悔しさ」が、「何にも負けない強い気持ち」へと姿を変え、ボクを、「前へ、前へ、」と動かした。

「経験者の言葉に背中を押された」「生きる希望をもらえた」「うつヌケのヒントをもらえた」

感動の声が広がり…ついに。

ドラマ『うつヌケ』(KADOKAWA)第1話のモデルとして、取材されるようになれたんです。

引用:KADOKAWA
・全6話hulu配信中

○講演会、イベント主催者のみなさまへ

ボクをよんでください。

うつ病で悩む方を一人でも救いたいから。

○メディア関係者、出版編集者のみなさまへ

ボクを取材してください。

一人でも多く、うつ病で悩む方の希望になりたいから。


ちょっと変わった変なヤツですが、うつ病に関する情報を発信してます。

◆ブログ 1万人の心に寄り添った克服経験者が教える!「うつヌケ大全」

1万人の心に寄り添った経験と、実際にうつ病を克服した経験者の観点から、うつ病で悩む人の「アレコレ」を解決するために、書いてます。

◆公式ツイッター いなだ@うつ病に治された男の「しんどい心がラクになれるコツ」

うつ病に治さた考え方と生き方をヒントに、うつ病で悩む人の「しんどい心が少しでもラクになれるコツ」をつぶやいてます。

よろしければフォロー、お願いします。

今後、noteでは、うつ病に治された男が教える!「最強にラクになれる考え方・生き方」みたいなものを書いていきたいと思います。

中には、有料になるコンテンツもありますが、ぜひ、こちらもフォローいただけると励みになります。

生きていて、くださり、ありがとうございます。

【プロフィール 】

1971年生まれ、愛知県出身。度重なるストレスから28歳で重度のうつを発症。2度の自殺未遂、3度の閉鎖病棟入院、10年に及ぶ壮絶な闘病生活を送る。うつを機に幼少期からの考え方と生き方を180度変え、生活習慣を徹底的に見直すことでうつを克服。2010年より学校、病院、自治体、東日本大震災被災地などで講演を重ね、10年間でのべ1万人を超える心に寄り添う。「経験者の言葉に背中を押された」「生きるヒントをもらった」という感動の声が後を絶たない。ドラマ『うつヌケ』モデルのほかテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、Yahoo!ニュースなどメディアに多数出演。現在はメンタルソングライターとして、精神障がい者支援団体への楽曲提供やイベントプロデュースをしながら自己治癒力を研究し、自らも再発予防を実践している。公式サイトはこちら⤵︎。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
80
うつ経験を話したり、歌ったりしてます。ドラマ『うつヌケ』第1話モデル。28歳ニッコリうつ発症→2度の自殺未遂→3度の入院→10年闘病。2010年より経験を歌で伝える講演活動をはじめ、10年で1万人超の心に寄り添う。モットーは、「ニッコリうつ さんがラクに生きられる」です。
コメント (1)
「へなへなよわよわガツガツ」、私もそうです。自分にぴったりの言葉を見つけられてちょっと安定できました。ありがとうございます。😆💕✨
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。