見出し画像

最近、1番好きな胸肉レシピ、ローストチキン

オーブンからの香りもご馳走!
それくらいこのローストチキンは焼いてる時、リッチな香りがするのです。
これを作っている時はいつも鼻をクンクンさせています。見た目は地味ですがぜひ、胸肉好きには作っていただきたい!

これを作る時の私のタイムスケジュールですが
胸肉買ってくる。冷蔵庫にしまう前に漬け込んでから、冷蔵庫。

次の日
15時  冷蔵庫から出す
16時 焼き始める
17時半 焼き上がり

こうすると、食べる日の夜ご飯に間に合います。 

ローストチキン

(材料)
鶏胸肉  2枚(約700g)水気をよく拭いておく
塩   7g(重量の1%)
プレーンヨーグルト 大匙5
大蒜すりおろし   1/2かけ
ホワイトペッパー 適量

※胸肉は臭みが出やすいので新鮮なものをご用意下さい。

1、袋に全ての材料を入れ、調味が片寄らないように軽く揉む。

2、封をして1晩冷蔵庫で漬け込む(封をする際、結ぶとヨーグルトが飛び出す恐れがあるのでクリップがオススメ)

3、次の日、冷蔵庫から取り出し1時間ほど起き、常温に戻す。
天板にアルミホイルを敷き、魚焼きグリルの網を使い胸肉を並べる(マリネ液は拭う必要ありません)。
皮を上にし皮がしわにならないよう、ピンと伸ばした状態にする。
無ければ、アルミホイルなどを使い浮いているような状態にする。
オーブンに予熱をかけ、100度で、90分焼く。

4、あら熱がとれるまで、休ませる。
オーブンやレンジを使いたかったら、庫内から出して外で休ませても大丈夫です。
肉汁落ち着いたら温かい状態で食べても良いし、そのまま保存しても!

切らない状態で冷蔵庫で4日ほど日持ちします。スライスしたら、次の日まで食べてください。

地味なビジュアルですが、チーズのような濃厚な香りがするローストチキンです。味見がきっと止まりませんよ!
皮付きのほうがオススメです。
焼くときは必ず伸ばしてあげてください。
くにくにとした不思議な食感でクセになります。
身の方は、しっとりしてちゅるっと肉汁を保っています。子供はおやつ替わりに食べています。

冷凍も出来るので、私はこのぐらいの量をいっぺんに作っています。
量が多いと感じる方はまず、半量からお試しください。

サラダチキンのように何にでも使えます。
お素麺に入れたり、サンドイッチに挟んだり、もちろん、そのままでも!何かに使う時はあまり火を通しすぎないのがコツです。

ぜひ1度作っていただきたい、私のオススメです!!

この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
今井真実 /料理家

この記事が気に入ったらサポート頂いたら嬉しいです。試作の食材を購入する時に使わせていただきます。 ご希望いただいた方には小さなレシピのプレゼントをします。お気軽にお声掛けください。 Twitterは、@imaimamigohan Instagram @mamiimai  です。

読んでくれてありがとうございます。
毎日のご飯作りの助けになりたい、作った人が嬉しくなる「新しい家庭料理」を。 お味噌、梅、塊肉はライフワークです。 キャンプでお肉を焼くのがストレス解消です。 <オンラインレッスン>農の都の、おいしい食卓。 https://peatix.com/group/9375266