疲れた時は、皮パリお肉はほろっ「手羽先のオーブンおまかせ焼き」オーブンに入れたら、一休み。
見出し画像

疲れた時は、皮パリお肉はほろっ「手羽先のオーブンおまかせ焼き」オーブンに入れたら、一休み。


本当は違うものを作ろうと思っていたけど、ダメかも、今日は疲れちゃった…と思う夕方のスーパー。
そんな時は買い物かごに手羽先を入れて、オーブン焼きに変更!時間はかかりますが、手順がシンプルで気持ちは焦らない。

家に帰るまでにお肉は室温に戻りつつ、そのまますぐに味付けして、用事を済まし、オーブンに入れて、お風呂に入ります。
途中で思いつきでお野菜を入れて、付け合せのかさ増し。だって、鳥の脂をまとったお野菜って美味しい!どんどん入れちゃいましょう。
水分が出やすい、玉ねぎなどは、避けましょう。違うお料理になっちゃうから。
パリパリの手羽先を邪魔しないものを選びたくて、野菜室とにらめっこ。
今日はカラーピーマンとオクラを選びました。

画像1

手羽先 15本(800g)
にんにく1かけすりおろし。

お塩 8g

(基本的にお塩での味付けは、パックに書いてあるお肉のグラム数×1%で味付けします。
今日は約800gだったので8gのお塩)

日本酒 大さじ1
菜種油 大さじ1〜2


1、ボウルに、キッチンペーパーで水気をよく拭いた手羽先15本、
にんにく1かけすりおろし、
お塩8g、お酒大さじ1、菜種油大さじ1〜2をよく混ぜて馴染ませて、30分ほど、室温に。


カラーピーマンはガクの周りだけ、包丁や爪で切れ目を入れつつ、グッと押し込んでから種を抜きます。(写真は違う色ですが!)

画像2

画像3


2、天板にアルミホイルを敷き、手羽先の皮目を上にして重ならないように並べます。
オーブンで230度に余熱なしで、30分から40分くらい焼きます。お肉は裏返さず大丈夫です。カラーピーマンは最初からお肉と一緒に乗せて、途中で裏返します。
 オクラは焼き時間、残り10分ほどで乗せましょう。早くに載せるとしなしなになっちゃいます。それでも、結構美味しいものです。 

焼き色が狐色になるまできっちり焼きましょう。時間でなく、色で出来上がりを判断しましょう。

胡椒は最初に振ってもいいですが、無くても十分美味しいです。

画像4

手羽先の本数を減らす時もすりおろしにんにくは、1かけ入れたほうが美味しいです。本数を増やした時はお好きな方はにんにくを増やしても!

疲れた時の私の献立は
・手羽先オーブン焼きと焼き野菜
・市販のもずく酢
・トマトやレタスなどの千切ればいいだけのお野菜
・卵スープ

こんな日は、副菜も楽に準備できると良いですよね。
毎日、皆様お疲れ様です〜。水曜日って折り返しのような気がしてちょっとホッとします。   

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
今井真実 /料理家

「新しいお月見」というプロジェクトに参加しています。 https://note.com/new_otsukimi みんながボランティアで運営しておりますので、もし良かったら上記アカウントにサポートいただければ、ありがたいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

あなたの好きな食べ物なんですか?
毎日のご飯作りの助けになりたい、作った人が嬉しくなる「新しい家庭料理」を。 お味噌、梅、塊肉はライフワークです。 キャンプでお肉を焼くのがストレス解消です。 <オンラインレッスン>農の都の、おいしい食卓。 https://peatix.com/group/9375266