最近の記事

不来方山=盛岡城(岩手県盛岡市)

不来方(こずかた)は、現在の岩手県盛岡市を指し示す言葉である。「盛岡」が都市名として使われ始めた時期については諸説あるが、「不来方」は、少なくとも570年の間存在する由緒ある名であることから、現在、盛岡の雅称として使われることがある。 「不来方(こずかた)」の発祥 伝承によれば、かつてこの地には「羅刹」と呼ばれる鬼がいて、人里を荒らしまわっていた。このことに困っていた里人たちが、三ツ石(盛岡市に現存する「三ツ石神社」)の神に祈願したところ、鬼は神によって捕らえられた。この時

スキ
1
    • 高清水山(岩手県遠野市)

      ‟遠野と言えば続石(つづきいし)で知られるが、それは南西にある末端の祭祀施設で、こちらが本命。遠野の中心になり、石上山(いしがみやま)を望む。” 鈴木旭著 神々のピラミッド「黒又山」の謎 313Pより 著者 鈴木旭(あきら)1947年、山形県天童市生まれ。歴史作家。専門は日本の近世近代史。古代岩刻文様ペトログリフの発見をきっかけに、古代史研究に入る。巨石遺構を磐座と位置付ける事によって、従来の学説では見落とされがちだった祭祀考古学の見直しを迫る。 こちらは続石↓

      スキ
      1
      • 【SF漫画】ぼく地球 紫苑と輪①

        小林輪主人公・坂口亜梨子(ありす)の住むマンション隣室の夫妻の一人息子。亜梨子に構ってほしくて、ついつい彼女をいじめてしまうちょっとおませな小学生。ある日を境に前世(紫苑)の記憶が目覚め、過去の記憶に苦しむ事になる。 ザイ=テス=シ=オン(紫苑)衛星テス出身の戦災孤児。褐色の肌で整った顔立ちだが性格が歪んでいる為、度々周囲の人間と衝突を繰り返す。高い知能と強力なサーチェス(超能力)を持ち、生きる為に人を殺した事もある。厄介払いとして政府命令により月基地へ出向きスタッフとなる

        • 五葉山(岩手県)

          五葉山(ごようざん)は、東北地方太平洋側にある北上山地南部の山。標高は1,351mで、三陸沿岸の最高峰である。 「五葉山」の名は、阿弥陀如来、薬師如来、観音菩薩、虚空蔵菩薩、愛染明王の五仏を祀る事からとも、藩政時代に伊達藩にとって重要な山であったことから「御用山」と呼ばれていたことに由来するとも言われている。 (Wikipediaより) 古代遺跡研究家・酒井勝軍(かつとき)氏が政府の中東使節団の通訳としてエジプトへ渡り、初めてピラミッドを見た時、日本にもピラミッドがあると

          スキ
          3

          千貫森(福島県)

          福島県福島市飯野町青木にあり、阿武隈高地に位置する標高462.3メートルの山。(Wikipediaより) 古代遺跡研究家・酒井勝軍(かつとき)氏が政府の中東使節団の通訳としてエジプトへ渡り、初めてピラミッドを見た時、日本にもピラミッドがあると直感。その後、日本のピラミッド研究に生涯を捧げる。1934年には【太古日本のピラミッド】を発行。それに伴い日本各地でピラミッドと思われる山が次々に発見された。そのどれもが太古より霊山として信仰を集めていた事で日本ピラミッド説が高まる。千

          函倉山(宮城県)

          仙台市青葉区。 古代遺跡研究家・酒井勝軍(かつとき)氏が政府の中東使節団の通訳としてエジプトへ渡り、初めてピラミッドを見た時、日本にもピラミッドがあると直感。その後、日本のピラミッド研究に生涯を捧げる。1934年には【太古日本のピラミッド】を発行。それに伴い日本各地でピラミッドと思われる山が次々に発見された。そのどれもが太古より霊山として信仰を集めていた事で日本ピラミッド説が高まる。函倉山もその一つとされる。 関連サイト様

          スキ
          1

          大石神(青森県)

          青森県新郷村戸来。 古代遺跡研究家・酒井勝軍(かつとき)氏が政府の中東使節団の通訳としてエジプトへ渡り、初めてピラミッドを見た時、日本にもピラミッドがあると直感。その後、日本のピラミッド研究に生涯を捧げる。1934年には【太古日本のピラミッド】を発行。それに伴い日本各地でピラミッドと思われる山が次々に発見された。そのどれもが太古より霊山として信仰を集めていた事で日本ピラミッド説が高まる。大石神もその一つとされる。 関連サイト様

          ドコノ森(青森県)

          〒039-0201  青森県三戸郡田子町。 9合目から上は火山灰に覆われて大小様々の石(線刻石)が転がり,その一つ一つに古代文字・模様といわれる刻みがある。(じゃらんより) 古代遺跡研究家・酒井勝軍(かつとき)氏が政府の中東使節団の通訳としてエジプトへ渡り、初めてピラミッドを見た時、日本にもピラミッドがあると直感。その後、日本のピラミッド研究に生涯を捧げる。1934年には【太古日本のピラミッド】を発行。それに伴い日本各地でピラミッドと思われる山が次々に発見された。そのどれ

          スキ
          1

          【脱東京の動き】地方へ移転していく企業

          一方で、全てを移転せず東京圏内に残す動きもあり 東京や大阪を基盤とする企業の地方移転が一気に加速する事はないとの声も。 個人的には進んでいくのだろう、と感じている。

          絶望名人「フランツ・カフカ」

          劇場版「刀剣乱舞」を見て以来、鈴木拡樹さんにハマり。 出演作品を色々探していたら見つけた。 「カフカの東京絶望日記」 日常の、多分何てことない 一つ一つがカフカには絶望。 落ち込み過ぎていつも 胃を痛めていたり。 自分自身を非難してばかりで 小説家として食べていく事も出来ない。 ネガティブまみれ 愚痴まみれ。 そんなカフカが何故か 2019年の東京で絶望するドラマ。 面白すぎてカフカさん自身に 興味を持ってしまった。 「絶望人間カフカの人生論」 https:/

          スキ
          1