【2017年最後のご報告】

今年の漢字は「北」だそう。


あまりいい気はしないが、個人的には「著名人の『引退』が多かった年だなあ」と思う。


芸能界では、SMAPのジャニーズ脱退、安室奈美恵、堀北真希、エスパー伊藤。


スポーツ界では、浅田真央、宮里藍、木村沙織、日馬富士。


海外でも、ウサイン・ボルト、フランチェスコ・トッティ、などなど。


「引退」と聞くと寂しい気もするが、本人たちにとっては「新たなスタート」ということ。


人生の転機が「来た」わけである。


そして、

芸能界の引退ブームに乗っかった訳ではないが、私にもその時が「来た」らしい。


30半ばから考えていた小さな点が、この1年間の色々な方々との巡りあわせで徐々にハッキリした線になり、


「人は何のために生まれてくるのか?」


「私は何のために生まれてきたのか?」


とここ数年、自問自答する中で、39歳の今年『これから自分がなすべきこと』がしっかり見えました。


それを成し遂げるために、


―私、柴山琢磨は、2017.12.27付けで壱岐市役所を退職したことをご報告いたします―


あと20年間、無難に60才まで市役所に勤めれば、退職金も含めて『1億数千万』の収入になったと思います。

「もったいない。やりたいことは定年になってからでいいじゃないか。」という声もありました。


ところが、20年という年月は『1億数千万』どころか、いくら払っても買えません。


「この機会を逃すと、一生後悔する。」


今年5月にそう決心し、4月までは毎日アホなほど飲んでいた「お酒」をまずやめました。


ちょっとした『願掛け』です。


LIGの社長ゴウさんから「えー、シバッチ!!断酒してんの?断酒とかダメだよー、欲望のままに行動しないと!!飲もうよー!!」と言われてもかたくなに拒否!

確かに飲んでた時より、はしゃがなくなり、人としての面白さは半減した気がしてます。一方で飲み会でのビジネストークをすべて記憶できるのはいいですが。

「自分の成し遂げたいことを、何らかの形で達成したアカツキにまた飲もう。」と思っています。

その時はお世話になった皆さまと楽しく飲みたいので、ご案内させていただきます。


2018年からは、壱岐島をベースに、日本の地方と都市、世界のあらゆるヒト・モノをつなげるハブになりながら、もっとアクティブに壱岐島、日本を盛り上げながら、生きていきます。


年末のお忙しい時期に、お騒がせしましたが、今後ともよろしくお願いいたします!「島外に出るのでは?」という噂もありますが、壱岐にいます^^


2017.12.31
IKITAKE(イキテイク)代表 柴山 琢磨

〇IKITAKE WEB SITE https://ikitake.jp

[参考]退職の日に壱岐市役所職員の皆さまにあてたメッセージ☟

〇SlideShare 「これまでのこと、これからのこと」 https://goo.gl/r4zkij

(2017.12.27 壱岐市長 白川博一様と)


【年収500万円から年収0円になったため、絶賛お仕事募集中です!!】

一緒にお仕事したいという方はFacebookコメントに

【企業or個人名】「柴山とやりたいこと、柴山にやらせたいこと」

どしどしご連絡お待ちしております!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
長崎県壱岐島在住。公務員がヒエラルキーの頂点とも言える島で脱・公務員したヒト。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。