コロナ「第2波」…あらためて見ておきたい、介護クラスターの現実 「クローズアップ現代+【介護クラスター】見えた!命を守るカギ 対策が進む現場で」」

クローズアップ現代+「【介護クラスター】見えた!命を守るカギ 対策が進む現場で」

内容のメモを取りましたので、ご参考に。

事例として出されているのは、広島・富山・東京北砂の3つの介護施設です。
それに則して、コロナ集団感染を出した原因と今後の対策などがリポートされています。

●広島三次市で、ある介護事業所で23人感染。
利用者が複数の事業所を使っていたため、他の事業所にも感染拡大。
最終的に4つの事業所の職員、利用者と家族39人に。
他のデイサービスや訪問介護事業所が、「感染した利用者がどの事業所使ってるかわからないので」と三次市内の介護事業所の9割、58の事業所が自主的に休止。
休業連鎖となった。その結果、利用者に対するサービス縮小、空白が生まれた。
その原因は、感染を出した介護事業所への差別を恐れたこと。感染を出した4つの事業所うち2つしか施設名などの情報出さなかったため。市役所も判断できなかった。

●富山リハビリテーションホームで、4月17日の初感染から59人、9人死亡になった。
施設では「3密」避けられない。食堂に60人集まり、4人1組。
エレベーターには毎日行列。浴室の介助は2人で1人を。週2回。
職員にも感染広がり、20人体制のところ3人で50人の利用者を看る事態に。できた介助は下の世話ぐらい。
入院させたくても、2つある感染症指定病院でも感染があり、断念。軽症者は施設で診療と介護続けた。
介護施設には行政の支援が入りにくい。職員「私たちは社会から見捨てられてしまったのではないか」と言っている。

→ここから、「富山モデル」がつくられた。
→富山市役所が医師や看護師10人以上を介護施設に派遣し対応にあたった。
行政が医療機関に要請して医師を派遣する仕組みを作った。
さらに県内の介護の協議会にはたらきかけ、法人間の垣根を越えて9人を派遣。
宿泊施設の確保、PCR検査の体制も拡充している。
検査の遅れは命に直結する。これは国もやるべき責任。

●東京の北砂ホームでは、利用者47人のうち5人が死亡。
軽症者の入院先見つからず、防護服の装着にしかたもわからないまま介護を続けた。

→ここから、医療機関との連携進めた。
*医師が派遣され、PCR検査を全員に実施。入所者の半数、全フロアに広がっていることを確認。2階に陽性者を集め、ゾーニングを徹底させた。
*医師が感染の兆候をつかむ取り組み。「野戦病院的存在」となった。
*施設内感染で職員45人中6人しか働けなかったが、他の介護施設から派遣して増員。「連携がなかったら、もっと前に介護崩壊起きていた。みんな逃げだしてもしかりだった」。

現場の労働者・労働組合が軸となってこうした要求を資本に突き付け、更に自治体にまで要求していくことは重要だと思います。介護保険20年の崩壊を突いて医療介護福祉を取り戻していく上で、具体的な課題を突き出している番組だと思いました。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
5・1メーデーで「コロナ下での医療体制つくれ」と厚生労働省申入れを行った医療介護福祉現場の労組を中心に、小池都知事による都立病院独立行政法人化を許さない新たな行動を開始。電話03-6914-0487 メールiryouhukusibukai@yahoo.co.jp