池田卓也(いけたく)

池田卓也(いけたく)

    最近の記事

    ストレスの発散場所

    最近何かのニュースで外出自粛によるコロナ疲れでストレスが増え海外ではDVや虐待が増加しているという内容の記事を見ました。 DVなど言語道断だがコロナ疲れによるストレス増加は確かに避けられないだろう。自粛要請が続く限り【ストレスの発散場所】を自ら作らないといけないと感じます。 僕はエンタメは世界を救うと思っているので、それを自ら体現すべく4月から週2回リモートレッスンを行いたいと思います。 もちろん対象は外出自粛による運動不足の方。 毎週水曜20:00〜は、いけたくオリ

      • 見えない繋がりの糸

        おはよう御座います。皆さんコロナウイルスによる自粛要請を受けてどうお過ごしでしょうか?僕はリモート環境の準備や今後の対策におわれています。 さて、今日はこんな状況だからこそこれから大切だと思う事を共有していきます。 僕たちエンターテイナーは今までオフラインの繋がりを大切にしてきました。 アーティストやアイドルはLIVEを観に来て貰って自分達のパフォーマンスを届ける。 ボーカルやダンスや演技などのインストラクターは自分のレッスンを受けに来て貰ってレクチャーをする。 ミ

        • 【相互応援】とは

          先日34歳になりました。お祝いしていただいた皆さんありがとうございました! さて、今日はこれからの時代のエンターテイナーのマインドについて自論を話したいと思います。 まず背景として認識しないといけないのがここ5〜10年の生活環境の変化。 ひと昔前は有名になるにはTVや新聞や雑誌というメディアが必須。インターネットも出始めで通信速度が遅くて気軽に動画すら見れない。そして携帯はガラケー。iPhoneなんてありませんでした。 「発信者」と「ファン」の区切りが明確にあった時代

          • DOS MVP(2019年) 長谷川久瑠美

            今日はDANCERSオンラインサロン2019年MVPに輝いたくるみについて書こう。 くるみとの出会いは10年以上前。俺のダンスレッスンを受けてくれていた生徒でした。発表会もR1kutoとかと一緒に何回か出てくれたよね! その後、俺がレッスンを全て辞めたという事もあり4.5年くらい連絡はとっていませんでした。 再会のきっかけはTwitter。 2019年1月にうちの会社がDANCERSオンラインサロン(DOS)を立ち上げたタイミングでした。ダンス業界にまだ「オンラインサロ

            GOLD AWARD katoeri

            うちの会社にはTOS AWARDという表彰制度があります。毎年弊社に貢献してくれたダンサー さんに感謝の気持ちを込めてトロフィー&賞金を授賞させていただく制度です。 先日のTOKYO ON STAGE主催の新年会にてGOLD AWARDに輝いたのがkatoeri!正直2019年はダントツでかとえりでした。では、なんでかとえりに仕事が集まるのか。その理由は結構明白なので今日はその辺も書いていこうと思います。 かとえりとの出会いはTOKYO ON STAGEのお仕事でした。確

            SILVER AWARD R1kuto

            うちの会社にはTOS AWARDという表彰制度があります。毎年弊社に貢献してくれたダンサー さんに感謝の気持ちを込めてトロフィー&賞金を授賞させていただく制度です。 先日のTOKYO ON STAGE主催の新年会にてSILVER AWARDに輝いたのがR1kuto!実はりくとは俺がインストラクターしてた頃の生徒でした。当時まだ中学生!! すごーく下手っぴでした。これは本人公認のイジりなんですが、本当に何年経っても下手っぴでした(笑)当時の写真が出てきたので晒しますね。あー

            BRONZE AWARD 南條良輔

            うちの会社にはTOS AWARDという表彰制度があります。毎年弊社に貢献してくれたダンサー さんに感謝の気持ちを込めてトロフィー&賞金を授賞させていただく制度です。 先日のTOKYO ON STAGE主催の新年会にてTOS AWARD2019の表彰式をやりました。そしてBRONZE AWARDに輝いたのが南條良輔!俺は「なんじょー」と呼んでいます。なんじょーとの出会いは3年くらい前かな!?刀剣乱舞の乱舞祭にアンサンブルダンサーとして出た時に出会いました。第一印象は「デカくて

            思い出話。そして働くとは何か。

            弊社副代表の柳鶴もnoteを始めたので俺も頑張ってみようと思います。今日は黒霧島を飲みながら思い出話と働く事について自論を適当に書きます。自分の思い出話メインなので暇な人のみ読んで下さい…笑 まずは昔話から。 学生時代、ダンスに明け暮れていた。どうしてもダンスを仕事にしたかった。理由は2つ。1つ目は「単純にダンスが大好き」。大学のキャンパスライフを楽しむよりも毎日スタジオに通ってダンス仲間と切磋琢磨する方がずっと楽しかった。そんな大好きなダンスを職業にしたかった。2つ目が「

            自己紹介

            自己紹介します。池田卓也(いけたく)です。 職業は社長。そしてダンサーです。僕は高校生から20代後半までダンスしかしてきませんでした。 「どうやったらダンスが上手くなるのか。」 「どうやったら有名になれるのか。」 「どうやったらカッコイイ振付が作れるのか。」 そればっか考えて生きてきました。 当時ダンスだけはある程度努力していた自信はあり、SMAPのツアーダンサーとして中居さんとマイケルジャクソンを踊ったりDJOZMAのツアーダンサーとして「ナーナーナナナ」とパンツ