【公式】滋賀県立伊香高等学校

伊香高の「お知らせ」をこちらで投稿しています。 「超えてゆけ!!」をコンセプトに、地域…

【公式】滋賀県立伊香高等学校

伊香高の「お知らせ」をこちらで投稿しています。 「超えてゆけ!!」をコンセプトに、地域と協働しながら魅力ある学校づくりに取り組んでいます! http://www.ika-h.shiga-ec.ed.jp/

マガジン

  • R.5_3年総探「どうすれば森と親しくなれるだろうか?」

    令和5年度に3年生総合的な探究の時間にて、実施した体験授業

最近の記事

今年度も伊香高校魅力化シンポジウムを開催します!

令和4年度より始まった伊香高校魅力化の取り組み。様々な方にご協力いただきながら、本年度も活動を行ってきました。 その成果や新たな学校づくり、地域との連携についてお話しする機会としてシンポジウムを開催いたします。ぜひご参加ください。 【お申し込みはURLまたはQRコードから】日時日時|2024年3月23日(土)13:30-15:30 (受付13:00〜) 会場|木之本スティックホール 第一部|伊香高のイマとミライ吹奏楽部によるオープニング演奏 生徒による令和5年度の魅力化

    • 【2年地域文化】味噌作りワークショップを行いました!

       2年生地域文化コースの授業にて、TSUNAGUさんにご協力いただき味噌作りワークショップを行いました。  伊香高校が位置する木之本は発酵のまちです。発酵食づくりは各家庭で受け継がれていましたが、少子化や時代の流れにより私たちの食生活は変化してしまっています。大切に伝えられ、食べつがれてきた発酵と文化、人々の知恵を後世に繋ぐべく活動されているTSUNAGUさんに今回ご協力いただきました。 |1日目  1日目は1人1個十五夜味噌を作成。短期で熟成する十五夜みそのキットを用い

      • 【2年生キャリア企画2023 クロストークセッションを行いました】

         2年生が、仕事をすることへの理解度を高め、また将来の仕事を考える時の不安を解消し、仕事のやりがいについて考えることを目的に、地域で働く方々のお話を聞きました。  2年生ではこれまで、分野・業種別説明会やオープンキャンパスに参加し、自身の関心のある分野や業種について理解を深めてきています。今回は地元長浜で起業されている方や活動されている方をお招きし、地域で仕事をすることや、今後求められる新たな価値観について考えました。 実施後の感想では、以下のようなものがありました。 ゲ

        • 断熱改修WSを行いました!

           2年生の自然環境コースの授業「環境I」にて、生徒による伊香高校教室の断熱改修ワークショップを実施しました。 当日の模様はこちらから↓ とにかく寒い「ICT教室」 今回、伊香高内では他の教室と比べて寒いことで有名なICT教室の断熱改修ワークショップを実施しました。ICT教室のみならず、学校の教室は断熱性能が低くとにかく寒いです。  例えば、学校の教室で多く使われているアルミ製サッシは、加工がしやすくコストパフォーマンスに優れているものの、熱伝導性が非常に高く外からの冷気

        今年度も伊香高校魅力化シンポジウムを開催します!

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • R.5_3年総探「どうすれば森と親しくなれるだろうか?」
          【公式】滋賀県立伊香高等学校

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          2年アントレプレナーシップハイスクール事業「木之本の新しいお土産を考えよう!」商品開発までの道のり_後編

           いよいよ、文化祭当日。「生地は焼き立ての方が美味しい」と角屋さんよりご助言頂き、提供直前に焼き上げることに。角屋さんが伊香高に来校してくださり、直々にコツを教えて頂きました。  美味しい匂いに釣られてか、当日は大盛況。「今までになかった組み合わせ。柿も感じられて美味しい」「噂には聞いてたけど、ここまで美味しいとは」「焼印も可愛い。また食べたい」など生徒・先生ともに大好評でした...!  もっと色々な人に食べて頂きたいところではありますが、大変希少な柿ということもあり今年

          2年アントレプレナーシップハイスクール事業「木之本の新しいお土産を考えよう!」商品開発までの道のり_後編

          2年アントレプレナーシップハイスクール事業「木之本の新しいお土産を考えよう!」商品開発までの道のり_前編

           今回使用させてもらった、如水柿。あの黒田官兵衛を生んだと言われる、木之本町黒田にて生産されている大きく糖度が高い柿です。7月に行ったお土産のアイデアのタネ出しの授業で、講師の二宮さんよりご紹介頂きました。  今回は、「如水柿を使用したどら焼き」ということで贅沢にも如水柿をジャムにすべく試作を数回にわたり実施。「どうすればもっと如水柿の風味や食感を活かせるか?」難題ではありましたが、角屋さん、コマイテイの荒井さん、如水柿生産組合の方(伊香高出身の方でした...!)などたくさ

          2年アントレプレナーシップハイスクール事業「木之本の新しいお土産を考えよう!」商品開発までの道のり_前編

          3年総探「どうすれば森と親しくなれるだろうか?」vol.7_10月12日体験授業実施_グリーンウッドワーク

           3年生の総合的な探究の時間では「どうすれば森と親しくなれるだろうか?」というテーマで連続授業に取り組んでいます。9月28日にお話を伺った方々を講師として、6グループに分かれ、森林浴やヨガ、キャンプなどの体験を行いました。  グリーンウッドワークチームは、余呉湖畔でスプーン作りを行いました。グリーンウッドワークとは、乾燥させていない生木を斧やナイフを使って削り、小物やナイフを作る木工のこと。  地域おこし協力隊の斎藤さんに指導頂き、今回はスプーン作りを通じて生木の感覚、木

          3年総探「どうすれば森と親しくなれるだろうか?」vol.7_10月12日体験授業実施_グリーンウッドワーク

          3年総探「どうすれば森と親しくなれるだろうか?」vol.6_10月12日体験授業実施_キャンプ

           3年生の総合的な探究の時間では「どうすれば森と親しくなれるだろうか?」というテーマで連続授業に取り組んでいます。9月28日にお話を伺った方々を講師として、6グループに分かれ、森林浴やヨガ、キャンプなどの体験を行いました。  キャンプチームは、大見いこいの広場にて、ピザ作りとローストチキンを作りました。ローストチキンは、ダッチオーブンと言われる気密性や蓄熱効果の高い鉄鍋を使用して調理。また、ピザ作りは薪割りから行いました。「なぜ、自然の中で食べるご飯は美味しいのか?」「ダッ

          3年総探「どうすれば森と親しくなれるだろうか?」vol.6_10月12日体験授業実施_キャンプ

          3年総探「どうすれば森と親しくなれるだろうか?」vol.5_10月12日体験授業実施_森と馬

           3年生の総合的な探究の時間では「どうすれば森と親しくなれるだろうか?」というテーマで連続授業に取り組んでいます。9月28日にお話を伺った方々を講師として、6グループに分かれ、森林浴やヨガ、キャンプなどの体験を行いました。  森と馬チームは、西浅井の黒山にて馬と一緒に歩く森林浴を実施しました。講師である星の馬WORKSの隅田さんにレクチャー頂きながら、日常的に身を置いている場所や環境から一時的に離れ、リラックスして心身をリセットするという体験をしました。参加した生徒は、「あ

          3年総探「どうすれば森と親しくなれるだろうか?」vol.5_10月12日体験授業実施_森と馬

          3年総探「どうすれば森と親しくなれるだろうか?」vol.4_10月12日体験授業実施_森林ヨガ

           3年生の総合的な探究の時間では「どうすれば森と親しくなれるだろうか?」というテーマで連続授業に取り組んでいます。9月28日にお話を伺った方々を講師として、6グループに分かれ、森林浴やヨガ、キャンプなどの体験を行いました。  ヨガチームは、中河内の秋葉神社にてヨガを体験しました。ヨガでは心身を落ち着かせ、整えるための姿勢を取ります。森林の中で五感を解放する形で実施することで、よりヒーリング作用が上がることを実感する体験となりました。最後のシャバアーサナのポーズでの姿勢は、ヨ

          3年総探「どうすれば森と親しくなれるだろうか?」vol.4_10月12日体験授業実施_森林ヨガ

          3年総探「どうすれば森と親しくなれるだろうか?」vol.3_10月12日体験授業実施_土倉鉱山探索

           3年生の総合的な探究の時間では「どうすれば森と親しくなれるだろうか?」というテーマで連続授業に取り組んでいます。9月28日にお話を伺った方々を講師として、6グループに分かれ、森林浴やヨガ、キャンプなどの体験を行いました。  金居原にある土倉鉱山を探索したチーム。合歓の里より出発し、出口土倉の集落跡や第三選鉱場、坑道口を見学しました。遺跡を見ながら講師の北川さんのお話しを聞き、鉱山が栄えた時代の人々の生活を想像。改めてこの地にかつて1500人が住み、この木之本に国家レベルの

          3年総探「どうすれば森と親しくなれるだろうか?」vol.3_10月12日体験授業実施_土倉鉱山探索

          3年総探「どうすれば森と親しくなれるだろうか?」vol.2_10月12日体験授業実施_森林浴

           3年生の総合的な探究の時間では「どうすれば森と親しくなれるだろうか?」というテーマで連続授業に取り組んでいます。9月28日にお話を伺った方々を講師として、6グループに分かれ、森林浴やヨガ、キャンプなどの体験を行いました。  今回ご紹介するのは森林浴チーム。自伐型林業をテーマにして活動を広げている長浜市地域おこし協力隊の土屋さんにご協力をいただき、山門水源の森にて五感を開く森林浴を学びました。 自然の中で生き物の呼吸を感じたり、水や生き物の音を聞き取ったりしました。最後に

          3年総探「どうすれば森と親しくなれるだろうか?」vol.2_10月12日体験授業実施_森林浴

          3年総探「どうすれば森と親しくなれるだろうか?」vol.1_9月28日初回キックオフデー

           3年生の総合的な探究の時間では滋賀県北部ならではの学びを深めるために「どうすれば森と親しくなれるだろうか?」というテーマで連続授業に取り組んでいます。 9月28日初回キックオフデーには、県森林政策課の奥村さんをお招きし、人と森の繋がり、森林サービス産業についてご講演頂きました。また、実際に森林サービス産業に取り組まれている、もりのもりの北川さん、大見いこいの広場の大山さん、yoginiのおとさん、星の馬WORKSの隅田さん、長浜市地域おこし協力隊の斎藤さん・土屋さんもご来

          3年総探「どうすれば森と親しくなれるだろうか?」vol.1_9月28日初回キックオフデー

          【2年自然環境】いぶき水力発電所といぶきグリーンエナジーバイオマス発電所を見学しました

          2年生自然環境コース「環境Ⅰ」の授業でいぶき水力発電所といぶきグリーンエナジーバイオマス発電所を見学しました。 カーボンニュートラルの実現が求められる世の中において、どうすれば私たちは持続可能な形でエネルギーを利用することができるだろうか?これからの未来を創っていく若者として、再生可能エネルギー事業に取り組まれている山室木材工業株式会社さまを訪問し、レクチャーを受けました。バイオマス発電や水力発電の仕組みや発電効率について学び、エネルギーと日々の生活との関連性を改めて見直す

          【2年自然環境】いぶき水力発電所といぶきグリーンエナジーバイオマス発電所を見学しました

          学校裏山探索

          2年生自然環境コース「環境Ⅰ」の授業で学校裏の林道を探索しました。 自然環境コースでは、化学や生物を身の回りの生活を起点にして、学ぶ「環境Ⅰ」の授業があります。今回の授業では、伊香高から目と鼻の先にある裏山を探索しました。「いったい裏山ってどうなっているの!?」学校の北側に位置する林道を歩き、長浜市伊香森林組合の高橋さまより、裏山にある樹種や森の手入れに関する講義を受けました。 生徒たちの振り返りシートには、「自然に優しい工夫がされていて、しかも自分たちの知らないところで

          【魅力化研修会を行いました!】

          Go Beyond 〜超えてゆけ〜を合言葉に、進めてきた伊香高校の魅力化プロジェクト。伊香高職員全員で、魅力化について考える研修会を実施しました。 はじめに、1学期まで実施してきた内容や、今後の新学科設立に向けての情報を共有。 最後には小グループになり、先生方全員で新学科名についても話し合いました。 今後新カリキュラム作成や魅力ある授業実施を進めていくにあたって、より気持ちを高める機会となりました!

          【魅力化研修会を行いました!】