見出し画像

堂々としたい夏休み。

訳あって、ただいま夏休み中。
ぼちぼちと夏休み明けの事を思案している最中である。

期せずしての夏休み。
思案中の事案をあーでもない、こうでもないと、試しがてら、こねくりまわす以外、やることがない。
終わりが未定の夏休み。

ただ、ごろごろ。ダラダラ。夏の疲れを癒すだけである。
でも、もうスイカも花火もない。

そんな寂しい夏休み、唯一の救いは、高校野球がやってないことである。

甲子園で繰り広げられる熱い戦いの圧力や輝きは、私にとって命取りだからだ。

正論は、ときに鋭い刃になる。

そんな夏休み、昼間、セミが命乞いをするように鳴き、夜な夜な、鈴虫は純粋無垢に鳴いている。

やっぱり、秋である。

それでも、まだまだ夜長には程遠い夜、スイカがないので、なしを頬張ってみる。
悔しいけれど、秋。

一番好きな果物の味だ。

でも、私の夏休みは始まったばかりなのである。
終わりが見えない、お化け屋敷のような夏休み。

入ったら最後、暗闇の中を突き進む。
決して、お化けには屈しない。
ただ、泣きわめきながら、出口を目指すしかない。

それが、お化け屋敷である。

歩いていれば、いつか出口にたどり着く。
道中、泣いてもわめいても、お化けは手加減はしてくれない。

下手したら、一緒に入った人に、見捨てられてしまう。

そんな夏休みなのだ。
ちなみに、一緒に入った人はいない。

ただ、はやく出て、安心したい。
できれば、入り口付近ではく、出口付近で、夏休みを満喫したい。

出口を見据えながら、海に行き、
出口に触れながら、山に行きたい。

学生には、夏休み明け、行かねばならない学校があるけど、
私には、まだない。

悲しい現実である。
切ない大人である。

はやく、出口付近で堂々と夏休みを満喫したい。

ただ、それだけが、私がお化け屋敷を突き進む理由である。

せっかくの夏休みなのに。
でも、お化け屋敷に入った自分は誉めてやろうと思っている。

そんな、終わりの見えない夏休み。
梨を頬張りながら、履歴書を書いている。

鈴虫の声が、妙に優しい。
鈴虫は、どうやら、正論ではないらしい

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。嬉しいです。
1
わりと、紆余曲折な人生。 平凡に憧れる性格。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。