『オリンピックと万博 巨大イベントのデザイン史』
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

『オリンピックと万博 巨大イベントのデザイン史』

イーズカ

 この本は1週間ほど前にブックオフで偶然に見つけた。なかなか読めなかったが、今日夜中に起きてしまい、読むことが出来た。
 まあ面白い本で、1960年の「世界デザイン会議」が東京で開催され、それ以降「デザイン」という言葉が社会に浸透していくプロセスを、歴史的な史実や、建築家・デザイナーの作品や、社会のウネリと共にまとめている。
 1964東京オリンピックといえば丹下健三と亀倉雄策であり、1970大阪万博といえば岡本太郎である。
 これらは誰でも知っている。しかしこの三者ともが両イベントに深く関わっている。
 丹下健三は、両イベントの主役級のリーダーであるが、戦前の1940年東京オリンピックの返上と、同年の「皇紀2600年」を記念した万国博覧会の中止から24年後と30年後のリベンジ事業であった。
 亀倉雄策は、東京オリンピックのシンボルマーク「真っ赤な日の丸と、金文字の1964TOKYO」の作者であり、「スタート」「バタフライ」「聖火ランナー」という公式ポスターも手掛けている。しかし、大阪万博では落選の憂き目に遭っている。
 公式テーマであった「人類の進歩と調和」が曖昧過ぎて、明確にデザイン化できなかった。イーズカも「進歩と調和」なんぞ、一緒に掲げるのが間違っている、と思う。
 本来の進歩とは、調和なんかは蹴散らしていく。
 岡本太郎は、オリンピックのメダルの片面などは担当しているが、何といっても「太陽の塔」である。本来はお祭り広場に隣接する「エキスポタワー」がシンボルであり、会期終了後も残されるはずだったが、大屋根を突き抜ける「太陽の塔」の前では歯が立たなかった。一時期は放置されたままとなり、2003年には解体撤去された。
 上記の3者の個人史と見てもオモシロイ。また、その周辺にキラ星のごとくに多士済々がうごめいていた。
 高度経済成長期の末期、オリンピックと万博という国家プロジェクトは、国民すべてを熱狂させた。日本にも、大敗戦後の焼野原から復活していくエネルギーが満ち溢れていた。
 しかしこの時期は公害にまみれており、水俣病や四日市ぜんそくなど「負の側面」も顕在化し、若者の反乱が吹き荒れていた。
 万博後、2度のオイルショックで日本も変貌していく。が、環境技術を先取りして、1980年代には「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と言われる時代を迎える。
 その後、バブルに突入して1991年に崩壊してからは「低迷の30年」に沈み、現在は新型コロナで世界全体が大転換期に直面している。
 1957年1月生まれのイーズカは、これらの歴史をすべて体験している。1964年のオリンピックは7歳で小学2年生だった。1970年の万博は中学1年生。大学入学が1976年で、オイルショックのトイレットペーパー騒動を経て学生運動は絶滅期。社会に出たのが1981年で三菱地所がロックフェラー・センターを買収したり「日本を売ったら、米国が3個買える」などの与太話が飛び交っていた。バブルに踊った後に崩壊を迎え、万来社を設立したのが1995年で、山一證券破綻などの金融危機の前夜であった。
 いまやコロナ騒動の自粛で出掛けることもままならない。
 だが、現在63歳にしてチョー健康体なので、これから20年は頑張らなくてはならない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとう。
イーズカ
広告業界と教育業界で生きています。「販売促進」と「危機管理」、「実践的な知性」と「作文力」がテーマです。エアロビクス歴38年で、タップダンスとラテンダンスが得意です。大型バイクが好きで、「教師は、医者であれ、役者であれ」がモットーです。