いえながのやくそく vol.35
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

いえながのやくそく vol.35

家永 慎也(monky)

2月21日2022年

最近いろいろと大変な世の中ですが、僕もオミクロンに悩まされつつも、やりたいことが活火山のように沸々と湧いてきて、ライブやレコーディングの制作に明け暮れてます。

思えば、2020年の1月からソロ活動を始めて、11月にアルバムを出して、コロナ禍の中でライブをやり続けて、配信ライブもほぼ毎月やってきた2021年。

ソロアルバム『emergence』をリリースした後も、いろんなミュージシャンと制作を続けていました。

その楽曲たちを今年は1月から毎月リリースしていきます!


『この曲はこの人と演ったら面白そう』とか、『このメンバーで演奏したらどうなるんやろう』とか、僕の中から生まれてきた曲を、誰かと共有して、思った以上の面白い音楽ができたらええな!って、そんなハプニングを期待して作ってます。

練って練って作ったギャグより、ただの言い間違いのほうが面白かったり、そんなハプニングがJazzの面白さでもあると思います。

自分が「カレー」をイメージして演奏しても、ピアニストが「ラーメン」をイメージしてたら、その二つがミックスされて意図してない「カレーラーメン」が出来て、それが美味しかったらラッキー!ダメだったらまた作り直せばいい、、的な笑

スタンダードと呼ばれる曲とは違い、自分が書いたオリジナル曲は、誰もまだ食べたこと(聴いたこと)がないので、まだ「カレー」とも「ラーメン」になるかは誰も知らない。

正直、曲を作った僕もわからないです。笑

それを数人の調理人(ミュージシャン)で具材(曲)を受け渡しながら調理していって、うまく行けば美味しい料理が出来上がるっていう。

今度の曲はどんな料理になるんだろう、どんな味がするんだろう?っていう好奇心を燃料にいろんな曲を書いてます。

前回のnoteでも書いたとおり、今年は1月から8月まで毎月1曲、配信していきます。
このシリーズを『fly』と名付けました。
1st solo albumの『emergence』は「羽化」という意味があって、卵からかえって飛び立つ準備をしているところという意味を込めましたが、その続きということで、次は世界を行き来きする渡り鳥のように、グローバルな世界に僕の音楽が飛び立っていくように「fly」というタイトルにしました。

アートワークも毎回「鳥」がどこかに入ってます。
8曲、それぞれにアートワークを描いてもらっているので、揃ったらどんなふうになるか楽しみです。

2月は『Blue Swan』という楽曲をリリースします。

この曲は僕が20歳位の頃から一緒に演奏している、関西を代表するJazzピアニスト、竹下清志と2人で録音しました。



竹下さんはほんとにアメージングな人で、僕も30年近いプロ生活の中でたくさんのミュージシャンに出会ってきたけど、その中でも特別な存在です。


何百回と演奏した曲でも、いつもなにか新鮮ななにかを引き出したり、固定観念に囚われない自由な発想、それでいてエレガントな恍惚感も併せ持つっていう、若くして天才と呼ばれてきたのも納得。


そんな竹下清志と、なぜか仲良くなり、こうして長い間一緒にセッションを続けている幸せ。

ここだけの話、ライブの途中で演奏してる竹下さんを抱きしめたくなる時あるもんなぁ。笑



この曲は薄暗い照明のステージで踊るバレエダンサーをイメージして書きました。
バレエのイベントに呼んでもらって演奏した時のステージのシーンの記憶から湧き出た曲です。


竹下さんに譜面を渡して、なんの説明もせずに2人で音を出して二回演奏した2回目のテイクです。

3回、演ったんですが2回目が一番よかった。
もちろん後から修正はしていません。

お互いの音から触発しあってどんどん何かに引っ張られるように展開していく、そんな空気感が録音されてます。


そうして2人で録った音源に、パーカッション奏者IZPONにコンガを重ねてもらいました。


楽しんでもらえたら、ほんとに嬉しいです♪



こちらは2月16日から配信開始してます!


ぜひご賞味下さい♪

そんな竹下さんと2月、3月で2回ライブがあります。

ひとつはBBBB時代からの旧友、トランペットの黄啓傑と、20代の頃、関西屈指のピアノトリオとHard Bop Jazzに憧れて結成した2ホーンコンボ『The Skeletons』
90年代には精力的に活動していたがその後、上京したこともあり活動停止。昨年7月に18年ぶりの再始動!
再び火がついたTHE SKELETONS。
アツアツのJazz!!

2月28日(月)THE SKELETONS Live at 大阪ROYAL HORSE

●Royal Horse (大阪市北区兎我野町15-13 ミユキビル1F)
 
●open 17:30/start 1st 19:00/2nd 20:00(2set 入れ替えなし)
 
●charge  S=3000円 A=2,500円 barcounter=1,500円
 
●問い合わせ Royal Horse 06-6312-8958
       http://www.royal-horse.jp/
 
●出演    『THE SKELETONS』
黄 啓傑(Trumpet)
家永”MONKY”慎也(Tenor Sax) 
竹下 清志(Piano)
中嶋明彦(Bass)
石川潤二(Drums)

facebookイベントページ

https://fb.me/e/22YhveZtF

そして、京都では竹下さんと大好評なDUO『シミルヨル』

3月3日(水)『シミルヨル』Live at 京都 Bons Rosary

●Bons Rosary (京都府京都市東山区廿一軒町236 鴨東ビル3F)

●open 18:30/start 19:00(2set 入れ替えなし)

●charge  一律 2,800円(要2オーダー)

●問い合わせ Bons Rosary 075-285-2859
      https://bondsrosary.com/

●出演
   家永慎也(Tenor Sax) 
           竹下 清志(Piano)

2人の音楽と友情が行き交う恍惚なセッションを楽しんでください♪


3-3シミルヨル


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
家永 慎也(monky)

この「サポート」は、いわゆる「投げ銭」です。 monkyのnoteや音楽を気に入ってくれた方、よろしければ。 いつもありがとうございます。

今夜は鍋かな
家永 慎也(monky)
家永慎也(Shinya Ienaga):音楽家/Sax奏者/作・編曲家  Official site:ienaga2020.com