見出し画像

バベルの塔だって恋をしたい

 全ての電柱が移動能力と知性を獲得し、電線地中化後進国であった日本は壊滅的被害を受けた。
 だが混沌と破壊の一夜が明け人々が目にしたのは、強靭で賢い電柱達による新たな秩序であった。
 日本は電力会社を頂点とする階級社会に移行。数々の技術革新により世界をリードする存在となる。
 しかし平穏は長くは続かなかった。移動能力と知性を獲得した信号機達が叛旗を翻したのである。
 かくして電信戦争と後世に呼ばれる内戦に日本は突入した。

 と言うのは教科書に載っている歴史だ。今は平和な物で、数年前には宇宙エレベーターが世界に先駆け東京湾に完成した。
 俺はまさにその宇宙エレベーターで働く管制官。ロケットで運ぶには重すぎる電人(電柱と信号機の人型形態)達を今日もソラまで上げる。
 そう、平和……だった。
 俺のコンソールにこのようなテキストが表示されるまでは。

BABEL:おはよう! 今日もいい天気だね☆ 一緒にお散歩にでも行きたいな♪

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

PS5積み立て資金になります

ありがたい……
33
ニンジャヘッズ。現在逆噴射小説大賞 投稿作「ポスト・ポストカリプスの配達員」の続きを連載中。