追想五断章 米澤穂信

大学を休学して伯父の営む古書店に居候する菅生芳光は店の客として訪れた北里可南子から亡き父の書いた小説の収集を頼まれる。報酬目当てに引き受けた芳光だったが情報を集めるうちに小説の謎に取り組むようになる…。


以下、ネタバレ注意です。













ミステリー小説は読んでいると謎が出てその謎解きに沿って物語が進んでいくのですが、この小説は「謎」がはじめのほうではわかりません…。小説を集めるところがハードボイルド系探偵もの?と思って読み進めたら違っていました…。
父が巻き込まれた事件の真相を暗示しているのが集めることになった5編の小説です。小説の主人公は様々な国を旅し、その旅先で事件に遭遇します。小説を探しながら菅生は徐々に事件の真相に近づいていきます。
5編の小説がすべて集まった後、菅生は事件の真相に気が付きます。しかし、その真相は依頼人の北里さんには酷な内容でした。
小説を探しながら菅生も自身の人生を考えていきます。実家の家業が傾てい大学を休学し伯父の家に居候しながら大学へ復帰するための方法を模索します。最後は、実家へ戻る決断をします。
米澤さんらしい?ラストなのですが、実家に帰ってどうする?どちらにしても詰んでないか思うのですが…また、それから悩むのかな…。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

感謝!
1
普通のパート主婦です。 形式でなく趣味の読書の記録をゆる~くしています。 ミステリ―は、ネタバレ記載がありますので未読の方はご注意ください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。