スクリーンショット_2017-12-26_14.16.33

YouTubeのオープニングムービーをKeynoteでつくる方法

YouTube動画のオープニングムービーでチャンネルの雰囲気やトーンを伝えられるといいですよね。多くの動画編集ソフトにはタイトルムービーの素材が入っているので、文字を入れるだけで簡単にタイトルを作成できます。

しかし、イラストを使ったアニメーションなど、自ら用意した素材を思い通りに動かしたアニメーションをつくりたい場合は、動画編集ソフトよりもKeynoteやPowerPointを使った方が簡単に作成できます。

今回は、YouTubeのオープニングムービーをKeynoteでつくる方法を紹介します(たぶん、PowerPointでも同じようなことができると思います)。

Keynoteを使ったアニメーションの作例

まずは作例をご覧ください。アニメーションにあわせた音も入れてみました。

作成-2 のイラスト:川邉マナブ

Keynoteを使ったアニメーションのつくり方

まず静止画でアニメーションが終わった後の絵を完成させます。
動きをつける方法として、オブジェクトにアニメーションを割り当てる方法の他、ページを分けてトランジションで動きをつける方法があります。

Keynoteには豊富なエフェクトが用意されていますので、プレビューを見ながら一番イメージに近いエフェクトを探してください。エフェクトは速度を変更できます。速度でもイメージがだいぶ変わるので、調整してみてください。

マジックムーブの使いどころ

マジックムーブは、ページトランジションの1つで2枚のスライド間の位置や大きさの変化に対して自動的にアニメーションを適用してくれる機能です。
プレゼンで効果的に使われているとかっこいいですよね。

書き出しも簡単

ファイル → 書き出す→QuickTime で書き出すことができます。

「次のスライドに移動」、「次のビルドに移動」を「0秒後」に設定します。フォーマットはFULL HDであれば「1080p」を選択、4K動画であれば「カスタム」を選択して「3840×2160」にしてください。

まとめ

YouTubeのオープニングムービーをKeynoteでつくる方法、いかがでしたか?とても簡単にアニメーションをつくることができるので、イラスト素材などをがんばって用意して、チャンネルの雰囲気の伝わるオープニングムービーをつくってみてください。

僕はKeynoteが好きで、プレゼンのスライド作成以外にも、今回紹介したアニメーション作成やUIデザインのプロトタイプツールとして、また印刷用の資料作成にも使っています。以前「カスタマージャーニーマップはKeynoteでつくると便利」という記事も書きました。Keynote万能です。また別の記事で他の事例も紹介したいと考えています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

美味しい珈琲を飲んで役に立つかもしれない記事を書きます!おなしゃす!!

94
15VISION 代表。UIデザイナー。研修講師やテクニカルライティングなども。石川県のウェブ制作コミュニティ「WDF」、UXコミュニティ「UX Kanazawa」を運営しています。YouTube はじめました。

この記事が入っているマガジン

コメント7件

こちらでもコメントありがとうございますー😄 嬉しいです。
Keynoteってこういうこともできるんですね。最近動画作って音あてていくのが面白いので試してみようかなと思います。
コメントありがとうございます。いいですね、KeynoteでつくったアニメーションにBGMや効果音つけるだけでだいぶ印象変わるのでオススメです。
いまいずみさん、コメントありがとうございます。嬉しいです。参考にしたいアニメーションや動画などを見つけて、それに近づけることをやってみると、間のとり方や要素の動かし方の勉強になるのでオススメです😊
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。