見出し画像

rootが目指すDesign Doing for Moreの実現〜10期下期総会〜

root Inc.

こんにちは!root採用広報担当です。

rootは「Design Doing for More〜デザインの実践を個から組織・事業へ〜」をVisionに、事業の成長によりそい、デザインを実践しようとする人々を支え、世界をより良く前進させていくことを目指すデザインファームです。

先日半年に一回開催している総会を開催!普段は離れてはたらくメンバーも集結し、会社と個人のさらなる成長が期待できる濃密な時間になりました。
※rootの総会の開催目的や、過去の総会の様子などはこちら↓

今回のnoteでは、11月上旬に実施した第5回目の総会の様子をお伝えします!

第5回目総会の開催背景とゴール 

第5回目となる総会は16人が参加し、オフラインで開催。参加したメンバーが会社の目指す方向を解釈できている状態を目指して企画しました!

当たり前のことですが、戦略や施策はrootがビジョン実現を最大化させるためにあり、そのために事業、組織が成長していく必要があります。ただ、その戦略や施策と目の前の仕事がどのようにつながっているのか、その背景にはどのような課題があるのかは見えづらいものです。その状況に対して、代表の西村は以下のように捉えていました。

rootという会社が今後どのように成長していく構造になっているのか。メンバー内で解釈されていない点がありました。普段関わっているクライアントワークやプロジェクト以外にも目を向けてもらい、会社の戦略や施策の関係性を紐解き、理解を促すことが必要だと感じていました。

そうすることで、各々が会社の戦略、具体施策、課題の関係性を理解し、現状や今後起こることに対して自分ごととして捉え、行動できる状態を作っていきたい。

代表のコメント

代表の狙いを受け、総会企画運営メンバーも加わり準備をした結果、総会の構成は、rootが目指す全体像を共有する前半、その背景や狙いを参加メンバー自ら紐解き、考える後半、という形に。合間には、各チームから前回開催以降の活動報告等も行いました。

コンテンツと懇親会の様子

​​①「rootの目指す世界と全体像」

まずは、代表の西村から「rootの目指す世界と全体像」について発表。主にデザイン業界を取り巻く流れ、rootが築き上げようとしているポジション、事業成長戦略等をインプットでき、興味深い時間になりました。その上で、今ある課題に目を向けて話しあうディスカッションも実施。

聞いて終わるだけではなく話し合うことで、私たちが置かれている状況や担っている役割を、あらためて俯瞰して理解できる機会にもなりました。メンバー皆の当事者意識が一段階高まったのを感じました!

②「戦略と施策のつながりを紐解く」

次に、今年前期の成果や出来事を振り返り、今後の展望が伝えられた後、戦略と施策の繋がりを紐解くコンテンツを実施。今後の展望、戦略を理解した上で、「今後必要な施策は何があるのか」「どのような優先順位で取り組むべきか」などの具体的な議論を行いました。

普段はクライアントと向き合う場面が多いからこそ、自分たちのチームであるrootという会社の戦略と向き合う時間はとても重要です。グループごとに分かれたそれぞれのメンバーが主体的に取り組み、さまざまな観点から意見が飛び交う展開に。

実施前の状態と比べ、次第に各々の戦略や課題への理解度が増していく変化を感じました!

③「全員で大事にする観点を考える」

各グループから意見や見解が出された後は、他グループを含めた全体の意見を眺めつつ、共通点や相違点を探すワークを実施。その後、rootが持つwillや戦略を照らし合わせつつ、会社全体で取り組むべきものを3つ決めました。

過程を通して各々のこだわりや視点が多様に見えた一方で、最終的には会社で取り組むべき3つの施策に集約され、翌日以降の具体的な動きにつながるコンテンツになりました。

④懇親会

最後に、懇親会を実施!
普段はリモートワーク・クライアントワークで はたらくメンバーがオフラインで顔を合わせ、話ができる機会は貴重です。今後も感染対策を行いながら、必要に応じてオフラインの機会を企画、実施したいと考えてます。

総会を終えて

今回の総会は、「会社の目指す方向性を各々が咀嚼できている状態」を目指して開催しました。

アンケート結果をみると、回答者のほぼ全員から「理解度が向上した」との意見が挙げられ、戦略理解度も5段階中4〜5との回答が9割に。
 
参加者からも以下のような声が寄せられています。

各パートで実施したディスカッションワークをみていると、rootが描いている戦略や実現するために必要な施策、課題をそのまま受け取るのではなく、自分たちなりに咀嚼し、何ができるかを考えられていました。メンバー個々人が自身の貢献できる点を具体化できたことも大きい。

代表のコメント

改めて自社の課題を俯瞰して確認することができました。各々の活動体の位置付け、それらに対するメンバーの意識の向き先がより明らかになったので、具体的な体制構築に応用していきたいです。

マネージャーのコメント

全員で会社の方向性や課題について議論する機会に参加できたことで理解が深まり、私も含めて「どのような行動を求められているのか」を考える貴重な機会となりました。今後の社内活動においても議論した内容を活かしていきたいと思います。

メンバーのコメント

今後、 総会のみならず社内で会社やチームのことを考えたり、話し合う場をつくる際には、より参加者全員の議論が活性化したり、意見を出しやすくなる方法を考えていきたいと思っています。

より多くのメンバーを企画段階から巻き込みつつ、改善点を出し合い、第5回を超える次回総会を目指します!

組織として大きく成長するフェーズにあるrootにご興味ある方がいれば、ぜひ一度お問合せください。

rootでは共にVision実現できる仲間を探しています!

rootでは、Visionである「Design Doing for More〜デザインの実践を個から組織・事業へ〜」の実現のため、デザインの根源的な力をより多くの人々、より多くのものごとへ活用することで、世界をより良く前進させていきたいと考えています。

共に、クライアントと事業の本質(芯)を見いだしながら、事業本来の価値をユーザーに届けたいと思ってくださる方!rootのVision・Mission・Valueに興味のある方は、ぜひ一度カジュアルにお話ししませんか?ご連絡お待ちしています!

👇rootのVision・Mission・Valueはこちら

👇rootの採用情報はこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!