新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【学校情報2021】南高校附属中学校(神奈川)

(2020/07/08更新)
「南高校附中」入試の最新情報・学習法などを随時更新

※学校HPも必ずご確認下さい

場所

横浜市立 南高等学校附属中学校(2012年4月開校)
〒233-0011 横浜市港南区東永谷二丁目1-1
(※クリックで地図表示)

教育理念

学びへの飽くなき探究心を持つ人材の育成
自ら考え、自ら行動する力の育成
未来を切り拓く力の育成

募集・倍率

160名(男女各80名)/神奈川県内全域
※横浜市外から30%(48名)を上限に入学を許可
4.88倍(2019年度)
5.16倍(2018年度)

説明会日程

・学校説明会:2020年7月後半実施 ※新型コロナ流行で中止
(※代わりに7月下旬以降、HPに各種情報を公開予定)
<参考:2019年度日程>
学校説明会:7月25日・27日
南高祭「学校紹介ブース」:9月7日・8日
学校施設見学会・授業公開:9月14日
志願説明会:11月2日

入試日程

・出願受付:2021年1月6日(水)〜8日(金)
・検査日2021年2月3日(水)
・検査結果:2021年2月10日(水)午前10時/校内掲示とHP掲載

入試科目

・適性検査Ⅰ:45分
・適性検査Ⅱ:45分

過去の入試問題(過去問)

2019年度の検査問題(学校HPにて掲載)

選考資料の扱い

<調査書>(=A値):160 点満点
調査書に記載されている小学校第5学年、第6学年における8教科の評定を次のように点数化し、合計した値をA値とします。
評定3→10点・評定2→5点・評定1 →1点
<適性検査>(=B値):400 点満点
適性検査Ⅰ、適性検査Ⅱによる評価を点数化しB値とします。
適性検査Ⅰ、適性検査Ⅱはともに 200 点満点です。
S値:400 点満点
A値とB値を利用し、次の式により算出した数値をS値とします。
S値=A値÷160×100×1+B値÷400×100×3

具体的な選考方法

<第1次選考>
S値の高い順に並べ、男女別に上位から各70名を合格者として決定します。
<資料の整わない者の選考>
第1次選考後、参考にできる資料を比較対照し、第1次選考による合格者に相当する者であるかを判断し、適正に選考します。
<第2次選考>
第1次選考及び資料の整わない者の選考により合格者となっていない受検者を対象に、B値の高い順に並べ、男女の区別なく募集定員までを合格者として決定します。

入試対策のオススメ記事

関連HP

南高等学校附属中学校ホームページ
横浜市教育委員会ホームページ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
全国の「公立中高一貫校」の最新情報を発信! 専門講師が、入試の傾向分析・解説・対策法等を分かりやすくお届けします。

こちらでもピックアップされています

#「学校情報」まとめ
#「学校情報」まとめ
  • 80本

全国約140校の「公立中高一貫校」の学校情報、入試情報をまとめます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。