人権①
見出し画像

人権①

情報局815

こんにちは。情報局WAKEです。いつもお越しくださる方も、初めての方もご訪問ありがとうございます。

今回は人権の英語版Wikipediaの翻訳をします。翻訳のプロではありませんので、誤訳などがあるかもしれませんが、大目に見てください。

翻訳アプリDeepLやGoogle翻訳などを活用しています。

人権

人権とは、人間の行動の一定基準を示す道徳的原則または規範であり、自治体法および国際法で定期的に保護されている。一般的には、年齢、民族的出身、居住地、言語、宗教、民族、その他の地位にかかわらず、「人間であるというだけの理由で本質的に権利を有する」不可侵の基本的権利であり、「すべての人間に内在する」ものと理解されている。普遍的であるという意味では、いつでもどこでも適用可能であり、誰にとっても同じであるという意味では、平等主義的である。共感と法の支配を必要とし、他人の人権を尊重する義務を課すものとされ、特定の状況に基づく正当な手続きを経ない限り、奪われることはないと一般に考えられている。
人権の理論は、国際法や世界的・地域的な機関において大きな影響力を持っている。国家や非政府組織による行動は、世界中の公共政策の基礎を形成している。人権の考え方は、「平時のグローバル社会の公論に共通の道徳的言語があるとすれば、それは人権の言語である」と示唆している。人権の教義による強い主張は、今日に至るまで、人権の内容、性質、正当性についてかなりの懐疑と議論を引き起こし続けている。人権という言葉の正確な意味は議論の余地があり、継続的な哲学的論争の対象となっている。人権は、公正な裁判を受ける権利、奴隷化からの保護、大量虐殺の禁止、言論の自由、教育を受ける権利など、多種多様な権利を包含しているという点では一致しているが、これらの特定の権利のどれを人権という一般的な枠組みの中に含めるべきかについては意見が分かれている。人権は、最悪のケースの虐待を避けるための最低限の要件であるべきだと提案する思想家もいれば、より高い基準であると考える人もいる。
人権運動の基本的な考え方の多くは、第二次世界大戦後、ホロコーストの出来事をきっかけに発展し、1948年の国連総会でパリの世界人権宣言が採択されるまでに至った。古代の人々は、現代のような普遍的な人権の概念を持っていなかった。この自然権の概念は、中世の自然法の伝統の一部として登場し、ヨーロッパの啓蒙主義時代にはジョン・ロックフランシス・ハッチソンジャン=ジャック・ビュルラマキなどの哲学者によって顕著になり、アメリカ革命フランス革命の政治的言説にも大きく取り上げられた。20世紀後半には、奴隷制、拷問、虐殺、戦争犯罪などへの反発から、人間の本質的な弱さを認識し、公正な社会を実現するための前提条件として、近代的な人権論が生まれた。

画像1

ジョン・ロック
1632 - 1704
『人間悟性論』『統治二論』

画像2

フランシス・ハッチスン
1694 - 1746
『道徳哲学体系』

画像3

ジャン=ジャック・ビュルラマキ
1694 - 1748
『自然法原理』『政治法原理』

歴史

古代の人々は、現代のような普遍的人権の概念を持っていなかった。人権論の真の先駆者は、中世の自然法の伝統の一部として登場した自然権の概念であり、ヨーロッパの啓蒙主義の時代に顕著になった。この概念をもとに、20世紀後半になって近代的な人権論が生まれた。
17世紀のイギリスの哲学者ジョン・ロックは、その著作の中で自然権を「生命自由財産」であるとし、そのような基本的な権利は社会契約の中で放棄できないと主張した。1689年のイギリスでは、イギリス権利章典スコットランド権利主張により、政府によるさまざまな抑圧的行為が違法とされた。 18世紀には、アメリカ(1776年)とフランス(1789年)の2つの大きな革命が起こり、アメリカでは独立宣言フランスでは人間と市民の権利宣言が行われ、いずれも一定の人権が明示された。また、1776年のバージニア権利宣言では、いくつかの基本的な市民権と市民の自由が法制化された。
「われわれは、これらの真理を自明のものとし、すべての人間は平等に創られており、創造主から不可侵の権利を与えられており、これらの権利の中には生命、自由および幸福の追求が含まれていることを確認する。」
- アメリカ合衆国独立宣言(1776年)

1800年から第一次世界大戦まで

18世紀から19世紀にかけて、トーマス・ペインジョン・スチュアート・ミルヘーゲルなどの哲学者たちが普遍性というテーマを拡大していった。1831年、ウィリアム・ロイド・ガリソンは「リベレーター」という新聞で、読者を「人権という大義」に参加させようとしていると書いているので、人権という言葉が使われるようになったのは、ペインの『人間の権利』からギャリソンの出版までの間であろう。1849年には、同時代のヘンリー・デイヴィッド・ソローが『市民的不服従の義務について』という論文で人権について書いており、この論文は後に人権派や公民権派の思想家に影響を与えた。米国最高裁のデイビッド・デイヴィス判事は、1867年の「イクス・パルテ・ミリガン」の意見書の中で、「法の保護によって人権は確保されているが、その保護を取り除けば、邪悪な支配者や興奮した民衆の騒ぎに翻弄されることになる」と書いている。

画像6

『コモンセンス』『人間の権利』の著者、トマス・ペイン

画像13

イギリスの哲学者・功利主義者、ジョン・スチュアート・ミル

画像8

ドイツの哲学者、ゲオルグ・ヘーゲル

画像9

アメリカ反奴隷制度協会の創設者の一人、ウィリアム・ロイド・ガリソン

画像10

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー
『ウォールデン 森の生活』『市民的不服従の義務について

20世紀の間に、多くのグループや運動が、人権の名のもとに、大きな社会的変化を達成することができた。西ヨーロッパや北米では、労働組合が、労働者にストライキ権を認め、最低労働条件を定め、児童労働を禁止または規制する法律をもたらした。女性の権利運動は、多くの女性に投票権を与えることに成功した。多くの国の民族解放運動は、植民地支配を排除することに成功した。その中でも、マハトマ・ガンジーが率いたインド独立運動は大きな影響力を持った。また、長年抑圧されてきた人種的・宗教的マイノリティによる運動も世界各地で成功し、公民権運動や、最近では米国における女性やマイノリティのための多様なアイデンティティ・ポリティクス運動などが挙げられる。

画像5

マハトマ・ガンジー

赤十字国際委員会の設立、1864年のリーバーコード、1864年の第一次ジュネーブ条約により、国際人道法の基礎が築かれ、2つの世界大戦後にさらに発展することになった。

画像4

ドイツ系アメリカ人のフランツ・リーバー

リーバーコードは戦時において兵士がどのような行動をすべきか定めたもの。

第一次世界大戦と第二次世界大戦の間

国際連盟は1919年、第一次世界大戦後のベルサイユ条約交渉の場で設立された。軍縮、集団安全保障による戦争の防止、交渉・外交による国家間の紛争解決、世界の福祉の向上などを目的としていた。国際連盟の憲章には、後に世界人権宣言に盛り込まれることになる権利の多くを促進することが謳われていた。
国際連盟は、西欧の植民地であった多くの国々が、植民地から独立国へと移行する過程を支援する使命を負っていた。
国際連盟の機関として設立され、現在は国連の一部となっている国際労働機関も、後に世界人権宣言(UDHR)に盛り込まれた権利の一部を促進し、保護することを使命としていた。
今日の国際労働機関ILOの主な目標は、女性と男性が、自由、平等、安全、人間としての尊厳のある条件で、正当かつ生産的な仕事を得る機会を促進することです。
- 第87回国際労働総会に向けた事務局長の報告

第二次世界大戦後

「ユニヴァーサル(訳注:世界的なという意味で「世界人権宣言」という言葉に用いられている)」という問題については、宣言は国内の差別や人種差別には適用されなかった。ヘンリー・J・リチャードソン3世はこう主張している。
「国連憲章と世界宣言を起草した時点でのすべての主要政府は、国内法と国際法に知られているあらゆる手段を用いて、これらの原則が国際的にのみ適用され、国内で実施されるべき法的義務を政府に課さないことを保証するために最善を尽くした。差別を受けている自国の少数民族が、これらの広範な権利の行使を法的に主張できるようになることは、政治的ダイナマイトとなる圧力を生み出すことになると、誰もが暗黙のうちに理解していたのである。」

世界人権宣言

世界人権宣言(UDHR)は、第二次世界大戦の蛮行への反省もあり、1948年に国連総会で採択された拘束力のない宣言である。UDHRは、加盟国に対し、多くの人権、市民権、経済権、社会権を促進するよう求め、これらの権利が「世界における自由、正義および平和の基礎」の一部であると主張している。この宣言は、国家の行動を制限し、権利と義務の二重性のモデルに従って、国家に市民に対する義務を課す最初の国際的な法的取り組みでした。
「人間家族のすべての構成員の固有の尊厳および平等で譲ることのできない権利の承認は、世界における自由、正義および平和の基礎である。」
- 世界人権宣言(1948年)の前文
UDHRは、エレノア・ルーズヴェルトを委員長とする人権委員会のメンバーが、1947年に国際的な権利章典について議論を始めたことによって作られた。しかし、委員会のメンバーは、権利章典の形式や、それをどのように施行するかについて、すぐには合意しなかった。委員会は世界人権宣言とそれに付随する条約の作成を進めたが、世界人権宣言の方がすぐに優先された。カナダの法学者ジョン・ハンフリーとフランスの弁護士レネ・カサンが、それぞれ国際的な調査と文書の構成を担当したが、宣言の条文は前文の一般原則を解釈するものであった。カサンは、最初の2条に尊厳、自由、平等、友愛という基本原則を盛り込み、続いて個人に関する権利、個人の相互関係や集団との関係における権利、精神的、公的、政治的な権利、経済的、社会的、文化的な権利を盛り込む構成とした。最後の3条では、カサンによれば、権利を、制限、義務、そして権利を実現するための社会的・政治的秩序の中に位置づけています。ハンフリーとカサンは、前文の第3項に反映されているように、世界人権宣言の権利が何らかの手段で法的に強制可能であることを意図していた。

画像12

フランクリン・ルーズヴェルトの妻、エレノア・ルーズヴェルト

画像11

ルネ・カサン
ユダヤ系フランス人の法学者・裁判官

人間が専制と圧迫に対する最後の手段として反抗に頼らざるを得なくならないようにするためには、人権が法の支配によって保護されることが不可欠である。
- 世界人権宣言(1948年)の前文
世界人権宣言の一部は、すべての大陸、すべての主要な宗教の代表者を含む、人権に関する国際的な専門家からなる委員会によって調査・執筆され、マハトマ・ガンジーなどの指導者との協議も行われた。市民的・政治的権利と経済的・社会的・文化的権利の両方が含まれているのは、基本的人権は不可分であり、異なる種類の権利は表裏一体であるという前提に立っている。この原則は、採択時にはどの加盟国からも反対されなかったが(宣言は全会一致で採択され、ソ連圏、アパルトヘイトをしていた南アフリカ、サウジアラビアは棄権した)、その後、この原則には大きな課題があった。
世界人権宣言が発案された直後に冷戦が始まったことで、経済的・社会的権利と市民的・政治的権利の両方を宣言に盛り込むかどうかが争点になった。資本主義国は、市民的・政治的権利(結社の自由や表現の自由など)を重視する傾向があり、経済的・社会的権利(働く権利や組合に加入する権利など)の盛り込みには消極的だった。一方、社会主義国は、経済的・社会的権利をより重視し、それらを含めることを強く主張した。
どの権利を含めるかで意見が分かれ、特定の人権解釈を含む条約の批准を拒否する国があったため、また、ソ連圏と多くの発展途上国がいわゆる統一決議ですべての権利を含めることを強く主張したにもかかわらず、世界人権宣言で謳われている権利は2つの別々の規約に分割され、各国は一部の権利を採用し、他の権利を免除することができるようになった。これは規約の作成を可能にしたものの、世界人権宣言のいくつかの解釈の中心であったすべての権利がつながっているという提案された原則を否定するものでした。
世界人権宣言は拘束力のない決議だが、現在では国家の司法や他の司法によって適切な状況下で呼び出される可能性のある国際慣習法の中心的な構成要素であると考えられている。

人権関連条約

1966年、国連で「市民的及び政治的権利に関する国際規約」(ICCPR)と「経済的社会的及び文化的権利に関する国際規約」(ICESCR)が採択され、世界人権宣言に含まれる権利がすべての国家を拘束するようになった。しかし、これらは十分な数の国が批准した1976年に初めて発効した(経済的・社会的権利を含まない規約であるICCPRを達成したにもかかわらず、アメリカは1992年にようやくICCPRを批准した)。ICESCRでは、155の締約国が個人への経済的、社会的、文化的権利(ESCR)の付与に向けて努力することを約束している。
このほかにも、国際的なレベルで数多くの条約(法律)が結ばれている。これらは一般的に人権文書として知られている。最も重要なもののいくつかを紹介する。
集団殺害罪の防止及び処罰に関する条約(1948年採択、1951年発効)
あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する条約(CERD)(1966年採択、1969年発効)
女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約(CEDAW)(発効:1981年)
国連拷問禁止条約(CAT)(1984年採択、1984年発効)
児童の権利に関する条約(CRC)(1989年採択、1989年発効
すべての移住労働者及びその家族の権利の保護に関する国際条約(ICRMW)(1990年採択)
国際刑事裁判所に関するローマ規程(ICC)(2002年発効)

国際機関

国際連合

国際連合(UN)は、普遍的な人権に関する法律の国際的な管轄権を持つ唯一の多国間政府機関である。国連のすべての機関は、国連安全保障理事会と国連人権理事会の諮問機関としての役割を担っており、国連内にはさまざまな人権条約の保護を担当する委員会が多数存在する。人権に関する国連の最も上位の機関は、人権高等弁務官事務所である。国連は次のような国際的使命を担っている。

画像13

国際連合人権理事会の会場

経済的、社会的、文化的または人道的性格を有する国際問題を解決するための国際協力を達成し、人種、性別、言語または宗教の区別なく、すべての人の人権および基本的自由の尊重を促進および奨励すること。
- 国際連合憲章第1条の3

関連記事

最後に

最後までお付き合いいただきありがとうございました。もし記事を読んで面白かったなと思った方はスキをクリックしていただけますと励みになります。

今度も引き続き読んでみたいなと感じましたらフォローも是非お願いします。何かご感想・ご要望などありましたら気軽にコメントお願いいたします。

Twitterの方も興味がありましたら覗いてみてください。こちらよりも少し口が悪いですけれど気にしないでください。

今回はここまでになります。それではまたのご訪問をお待ちしております。

世界が一日もはやく呪われた微睡の日常から目が覚めますように。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
また見に来てくださいね。
情報局815
歴史を検証しながら、現代日本のあるべき方向性について議論していきたいと思います。