見出し画像

The Secrets of Hegemony「過去」は「過ぎ去った未来」である!

小なり大なり。。。。外延と内包。。。。温故知新。。。。等などいろいろ頭を過るが、国家や民族の興亡盛衰は繰り返されてきた。どの国も民族も千年万年続いたことはない。中には広範囲の地域やまたそれを越えて世界を征服した国家や民族もある。秦や清、モンゴル、ローマ、バビロニア、オスマン等など枚挙に暇がない。しかし共通項は栄えたら滅びる。また栄えて滅びる。。。近世以降も、スペインが、オランダが、イギリスが、そしてアメリカがどの時代のどの帝国よりも強力な世界の覇権hegemonyを握ってきた。その秘密は歴史の流れに乗りつつ、未来に我々を導いてくれるだろう。これら帝国の歴史的な流れはまた政治経済的にも農業帝国から商業帝国、産業帝国、そして消費帝国になり、今は次の帝国の台頭を目の当たりにする時期に差し掛かっているように思われる。

人類は常に未来の繁栄と平和を夢見た来たが、過去においてはそれが無残な虐殺であったり抹殺であったりもした。しかしながら上記のような帝国の変遷は、武力から平和的な覇権に変わりつつもある。人類の理性と思考力がそれほどの成長を遂げたとでもいうべきか。権力とは、相手に己の意志を強制させる力である。覇権もGramsciによると、強制も意味を含むが、それだけでなく同意という意味も併せ持つ。時代的な流れによって、武力や支配という政治的な要素よりは、説得のように知的で道徳的な要素を強調しているのだ。説得と同意には覇権を振るう側にも一定の譲歩や犠牲が要求される。これが実は来る新時代の覇権の秘密であり、それこそが人類の理性と思考力であると言えよう。これらの省察によって、悪夢から希望の言説が生まれるのである。次の覇権国は、このような理性と思考力によって、知識と文化を通じて覇権を握ることになるであろう。これこそが覇権の秘密であり、「過去は過ぎ去った未来」である。

株式会社eien&company

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
飯島俊雅の略歴:東京大学大学院 社会学 博士課程修了、社会学講師をしながら創業、日本初のオンライン教育とフィリピン英会話を確立、株式会社eienは世界5カ国に15の子会社を持つエイエングループと成長、会長兼CEOを歴任、芦屋大学客員教授歴任、シェパード大学の副総長などを歴任。