見出し画像

北欧ヴィンテージとの出会い

前回は店名HYGGEがどこからきているのか、由来についてのお話でしたが、今回は当店がなぜ、北欧ヴィンテージ食器を取り扱うようになったかについてです。幾つかの要素がもちろんあるのですが

リアルな現地の生活

デンマークで寮生活をしているとき、週に一回グループミーティングがありました。10人くらい寮の部屋が近い者同士でグループになり、担当の先生のお家に行き、お茶を頂きながらお話をします。生徒の寮や食堂だけでなく、先生のお家があります。つまり先生と生徒は同じ釜の飯を分け合い、24時間いつでも会える距離感なのです。す、すごい。。

↓↓こちらは食堂に隣接されているホール。内装も素敵!間接照明がいっぱいありますね。この寮は基本いつも薄暗かったです。てかデンマークのお家はみんなそうなんじゃないかな。色素が違うから日本のキンキンの照明だと、欧米の方にはキツイと聞いた事があります。リラックスのためでもあるでしょう。

※ちなみに私の通った学校(ホイスコーレ)はアート系の学校という事もあり、その他に画材屋さん、木材屋さん(小さいホーマックみたいな所)、屋外の広大な森林の中にアスレチックや、ちょっとしたBARまでありました。金曜の夜になるとBARを生徒たちで運営します。すごいどんちゃん騒ぎだった。。

憧れの先生のお家

話がそれましたが、お招きしてくれる、その先生の家がとにかく素敵!!!北欧のヴィンテージ家具を色々と集めてきたであろうその家は、独特の雰囲気に包まれて、とても居心地がよい。カップボードには所狭しとヴィンテージのカップが並んでいます。みんな好きなカップを選んでコーヒーや紅茶を飲む、その時間最高でした。。。めくるめく北欧ヴィンテージの世界。

私はすっかり魅了され、週末は蚤の市に繰り出すようになります。照明に家具、食器、はぁぁぁ。いいですね。ヴィンテージショップ巡りも好きで、色々と調べて歩いていました。そういえば照明を扱っているお店が多かったな。↓↓


そんなわけで、デンマーク滞在中私は幸運にもたくさんのヴィンテージの家具や食器に出会う事ができました。HYGGEの傍らにはいつもヴィンテージ品があり、それがすごく心地よかったんです。自然と北欧のヴィンテージ品を意識するようになりました。そこからヒュッゲするなら、北欧のヴィンテージのカップでコーヒーが飲みたいな、と思うようになったのです。

今日はここまでとします。
読んで頂きありがとうございました🙇‍♀️










この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
日々の生活が楽しくなるような北欧ヴィンテージ食器のonline shopです!珍しいものから定番アイテムまで長くご愛用いただけるものをセレクトしてます。 小さい子を持つ母でマイペース運営ですが、お店や商品の事、北欧やインテリアときどき雑談。発信していきます!