見出し画像

僕と母と宗教と

始めに

岩代ゆいさんありがとう、あなたの一昨日のTwitterがキッカケです。
あなたのように上手くは書けなかったけどようやく想いを吐き出せました。


以前何処かで書いたけど父は横須賀生まれでゴリゴリの理系、会社勤めしながら博士号をとったひと。

母は神田生まれ渋谷育ちの典型的な都会のお嬢様で熱心なプロテスタント。

社会に出てしばらくは幼稚園の先生をやってたらしい。

この日常生活では全く接点が無さそうな二人がお見合いで結婚した。

母曰く「世の中には科学では説明できない事が沢山ある。神様もいると思う」といって口説かれたらしい。

当時国内有数の会社に勤めていた父は結婚相手としては申し分なかった。

更に信仰を受け入れてもらえると思った母は父と結婚した。

母としては父に洗礼を受けてもらい夫婦で毎週日曜に教会にいく生活を夢見てたらしい。

だけど(まぁこうなるよねw)

父は博士号取得を理由に平日休日関係なく勉強の日々、当然教会にもいかない(子供は4人も作ってるのに…)

母は自分の思い描いた結婚生活にならず、しかも父の転勤で縁もゆかりもない山口県に行くことになってしまう。

教会というのはこういう時に良い仕組みで例え知らない土地でもキリスト教徒なら頼ることができる。

案の定、母も毎週の様に教会に行くようになりやがてそこでの奉仕活動に熱を入れるようになる。

父にしてみれば好都合、母が外出中はじっくり勉強に打ち込める。

今にして思えばそういう絶妙なバランスの中で僕たち4人は育った。

小さい頃はよくわからなかったが夫婦間の空気がピリピリしてるのは感じていた。

そして母は父の代わりに僕に洗礼を受けさせようとした。

思えば毎晩の寝物語は聖書だったし調理や洗濯、掃除中にはずっと賛美歌を歌っていた。

そして日曜になると無理強いはしなかったが教会に行こうと誘ってくる。

僕は教会の妙な親切さに居心地の悪さを感じていたしいつもは優しい母が神様の話になると眼が座って語り出すのが怖かった。

それは妹達も同様だった様で結局誰一人洗礼は受けなかった。

また僕は妹達と比べて明らかに贔屓されて育った。

小学生の時は日本一周をする船に乗せてもらえたし高校生の時は夏休みをカリフォルニアでホームスティさせてもらった。

僕はただ緊張感のある家から逃れたくて両親にお願いしたのだが「お兄ちゃんいいなぁ」の声にいつも気まずさを感じていた。

母は良く「ウチの子供は良い子ばっかり、ウチは良い家庭」と繰り返し言っていた。

でもそこには父は含まれてなかったしその場にいることもなかった。


そして皆大人になった。

兄妹の中で結婚したのは僕だけ、一番下の妹が事実婚で真ん中の二人は結婚しなかった。

そして誰も子供を作らなかった。

さらに言えば真ん中の二人の妹はうつ病を体験し今は僕がうつ病だ。


大人になり結婚した後も母は事あるごとに催しのパンフを僕に送り教会に来るよう誘ってたが一昨年それがピタッと止まった。

父が洗礼を受けた。

仕事と勉強だけの父は友人がおらず、しかも病気になり上手く言葉を発せなくなった。

たまたま母の通ってる教会に父の高校時代の同級生がおり彼から誘われたらしい。

母は長年の思いをようやく手にした。

子供達を置き去りにして。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます(^▽^)/
32
マラソン、トレイルランニング、トライアスロン、ロードバイク好きな50代現在鬱病で長期療養中。 最近HSS型HSPであることがわかる。

コメント4件

はりぃさん、このnoteを読ませてくださり、ありがとうございます。
男友達のことを思い出しました。
名の通る会社勤めをしている彼が結婚した方は、教会ではなく
いわゆる新興宗教に熱心な女性でした。
二人の間に子供が生まれ、女の子二人は、宗教にどっぷりの母親と、一般的な感覚の父親の元で葛藤し、小学生の頃から、様々な苦労をしていました。
彼は宗教に賛同することはできないけれど、奥さんのことが大好きだったんですよ。
だから、彼女の好きなようにした。そのため、子供が苦しんでいる。
彼は常に責任を感じて苦しんでいました。
宗教は自由だから、誰が悪いことでもないのですが、言葉に出来ない矛盾が多々あったと想像しました。うまく言葉に出来ないのですが、吐き出せてよかった。
ありがとうございます。
ちぃ坊さん
読んでくれてありがとうございます。

ここまで歳をとってうつ病になりようやく吐き出せました。

ここまで追い詰められなければ出てこなかった思いですが、一方で当時の母の気持ちもわかる様になりました。

誰も知らない土地で夫に裏切られ四人の子供を抱えた母が宗教に助けを求める気持ちはわかります。

とは言え結果として僕ら兄妹は家庭というものが信じられなくなってしまった。

まぁもう終わったことなので僕はこれである程度気持ちの整理がつきました。

お友達の娘さん二人が心配です。
はりぃさん。
上手く言えませんが、
こうやって話しをしてくださってありがとうございます。
私の亡くなった義母は長年うつ病に悩み、苦しみ、話してくれませんでした。
私達まわりの人間は話して貰える事を幸せに思いながら
接していました。
数少ない義母の本心の声を、まだいっぱい聞きたかったです。
だから、はりぃさん。
話してくださってありがとうございます!
いっぱい思いを吐き出してくださいね。
失礼しました。
あけちゃんさん

読んでコメントを寄せてくれてこちらこそありがとうございます。

うつ病は恐らく自分の中の想いを吐き出すことが重要で、僕の場合はこうやって書くことにより吐き出し癒されていくんだと思います。

人間50年以上生きると色々溜まってくるのでしょう。

読んでもらえるのは大変有り難いです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。