見出し画像

実践、超護身術 第十八回 嘘と呼吸03


元刑事の武術家が教える、本当に役に立つ術
実践、超護身術
第十八回 嘘と呼吸03
文●葛西真彦

この記事は有料です。

“圧”を掛けるには“情報”が大事

では改めて圧を掛けた時に、相手には何が起きているのでしょう? ごく簡単にですが以下のようにまとめてみました。

・圧を掛けられ動揺することで呼吸が乱れる。
・呼吸が乱れることで、次に言おうと頭の中で準備していた嘘や、言い訳をいいタイミングで出せなくなる。
・自分が失敗したことに動揺して、益々呼吸が乱れる。
・「なんとかしよう」と思っても、脳に回る酸素が減り考えが益々まとまらなくなる。
・嘘を突き通す集中力が失われ、諦めモードになる。

この続きをみるには

この続き:5,048文字/画像2枚

実践、超護身術 第十八回 嘘と呼吸03

コ2 [kotsu] note分室

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ここでは、日貿出版社が運営する、武術と身体のコツまとめ、WEBマガジンコ2【kotsu】のコンテンツを有料で公開しています。詳しくは本室・コ2【kotsu】WEBサイト(http://www.ko2.tokyo/)でご覧ください。写真はコ2note分室室長のチョークディです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。