ハガキ職人から放送作家、そして廃業へ。

20
ノート

【新規】放送作家、企画立案者を募集します!

どうも!放送作家の細田哲也です。 より楽しい毎日を過ごすために、放送作家・企画立案者を集めた「グループ」を作っています。1年前くらいから試行錯...

ハガキ職人から放送作家、そして。最終回

【放送作家16年目(38歳) 現在】 勢いで、過去16年の回顧録を書き上げたものの、さてここからどうしよう…。 静かに机の奥にしまっておくのも一つで...

ハガキ職人から放送作家、そして。17

【放送作家16年目(37歳) 2017年】 3月。僕は目黒区学芸大学に引っ越して、彼女と同棲を始めました。 きっと彼女は、この頃にはもう僕の状況に気づい...

ハガキ職人から放送作家、そして。16

【放送作家15年目(36歳) 2016年】 消臭力との日々は驚きと発見の連続でした。 彼女はプロ野球・横浜ベイスターズの熱狂的なファンで、試合のない(...

ハガキ職人から放送作家、そして。15

【放送作家15年目(36歳) 2016年】 仕事が落ち着いて自分のペースが掴めるようになると、体調は少しずつ回復していきました。一つのバロメーターとし...

ハガキ職人から放送作家、そして。14

【放送作家10年目(31歳) 2011年】 そこから3年は、ほぼ仕事中心の毎日でした。作家10年目で、ある程度のレベルで書けるようになっていたことと、...

ハガキ職人から放送作家、そして。13

【放送作家9年目(30歳) 2010年】 自分の通帳を見返してみて、改めてお金の管理がずさんだったことに気づきました。財布の中身が無くなるたびに口座...

ハガキ職人から放送作家、そして。12

【放送作家8年目(29歳) 2009年】 それは、ある放送局で会議をしていた時のことでした。 普段は滅多に会うことがない経理部の社員さんが、僕を訪ねて...

ハガキ職人から放送作家、そして。11

【放送作家8年目(29歳) 2009年】 東京都・中野では、あらゆるお店に行き尽くしました。キャバクラには芸能人の顔もちらほら。六本木や銀座に比べて...

ハガキ職人から放送作家、そして。10

【放送作家7年目(28歳) 2008年】  また別の会議では、違う意味で苦戦をしていました。それは深夜のテレビ番組で、総勢20人規模の会議。そこに、...