【ワクチンパスポート国内活用の是非】投票総数3232票ご意見ありがとうございました!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【ワクチンパスポート国内活用の是非】投票総数3232票ご意見ありがとうございました!

堀部やすし(杉並区議会議員)

ワクチンパスポート(接種証明書)国内活用の是非について、TwitterやLINE公式アカウントで投げ掛けたところ、数多くのご意見をお寄せいただきました。

現在、海外渡航者向けに発行されている接種証明書は、今後オンライン申請だけでなく、オンライン発行も可能になる予定です。

もし、これを国内でも活用していくなら、どのような条件の下で取り扱うか、現場でも個別具体的に検討していかなければなりません。

すでに政府・新型コロナウイルス感染症対策分科会では「ワクチン・検査パッケージ」の活用について実際に議論が行われています。また、石垣市のように独自のワクチンパスポートの活用を検討する自治体も出てきています。


お寄せいただいたご意見の中では「差別にならないよう慎重に、でも必要な時はちゃんと使えるように」との意見が強く印象に残りました。同感ですね。

免罪符のように使うことを考えるのではなく、あくまで感染爆発を防ぐための検討でなければならないですね。

ご協力ありがとうございました。さらに検討を深めていきたいと思います。

この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
モチベーションが高まります!
堀部やすし(杉並区議会議員)
過去すべて無所属・無政党で当選しています。 小学校入学後、父が突然死し、日常が一変した日が自分にとっての原点です。 富山県生まれ。名前の由来は堀部武庸(堀部安兵衛)。