見出し画像

連載エッセイ「図書館ウォーカー」について

青森県の津軽地方をメインに発行されている新聞紙「陸奥新報」「図書館ウォーカー」というエッセイを連載しています。

ここではかんたんに、この連載についての情報をまとめてみました。

テーマ:旅と図書館。まじめな図書館紹介ではなく、ただの旅エッセイ。コンセプト詳細については↓をご参照ください。

掲載ペース:毎週火曜日掲載。ただし最終週はお休み。

字数:1200字前後。ただし2020年9月掲載分から1100字前後に変更。オラシオ撮影の図書館外観写真付き。

掲載回数:2020年8月終了時点で34回掲載済み。

購読するには:大阪に住む僕の知り合いが、本連載読みたさに陸奥新報に直接電話して「火曜日のみ購読する」という荒業を成功させたそうです。毎週リアルタイムで読んでみたい!という方はぜひ文化部に連絡とってみてください。

SNS発信の有無:ツイッターだけはいちおうやってます。掲載日にツイートするだけの淡々としたアカウントです↓。また、近日noteに本連載の情報備忘録的マガジンを作るつもりです。詳細後日!

紹介した図書館地域別分布:北海道3館、東北6館、中部甲信越3館、関東4館、近畿2館、中国3館、四国2館、九州沖縄3館、海外3館

という感じです。連載終了後は著作権が著者に戻る契約になっており、書籍化も検討しておりますので、ご興味ある出版社さまはぜひaladyhasnoname@ヤフーまでご連絡ください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

フリーランスのため、みなさまのサポートは取材や執筆活動の貴重な経費とさせていただいております。また、サポートいただくとものすごく励みになります。最高のエネルギーです。よろしくお願いします。

ありがとうございます!SNSでシェアしていただけるとさらに嬉しいです!
14
ライター、エッセイスト。青森市在住。陸奥新報で旅エッセイ「図書館ウォーカー」連載中。『中央ヨーロッパ現在進行形ミュージックシーン・ディスクガイド』監修。コンピCD『ポーランド・ピアニズム』『ポーランド・リリシズム』選曲・解説。ご依頼はaladyhasnoname@ヤフーまでどうぞ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。