見出し画像

6月第3週 今週のおすすめ「本の話」 5選

本の話

今週は第167回直木三十五賞第167回芥川龍之介賞の候補作が発表されました。その芥川賞候補作となった『N/A』は6/22発売! 著者の年森瑛さんからコメントが届いています。

文春文庫からは千葉ともこさん『震雷の人』の文庫解説を公開しました。「作家の書き出し」からは、浅倉秋成さんのロングインタビューをお送りします。高校生直木賞からは、オンラインでおこなわれる夏休みイベントをご紹介します。

◇ ◇ ◇

★【速報】第167回直木三十五賞、第167回芥川龍之介賞候補作が発表されました。

選考委員会は、2022年7月20日(水)都内で開催されます。

■第167回直木三十五賞

◆選考委員(五十音順、敬称略)
浅田次郎・伊集院静・角田光代・北方謙三・桐野夏生・髙村薫・林真理子・三浦しをん・宮部みゆき

 候補作はこちら!


■第167回芥川龍之介賞

◆選考委員(五十音順、敬称略)
小川洋子・奥泉光・川上弘美・島田雅彦・平野啓一郎・堀江敏幸・松浦寿輝・山田詠美・吉田修一

 候補作はこちら!


★芥川賞候補作【6/22(水)発売】
雑誌掲載時から大注目! 文學界新人賞受賞作・年森瑛『N/A』単行本発売決定

第127回文學界新人賞の選考会では、異例の満場一致で受賞が決定した『N/A』。優しさと気遣いの定型句に苛立ち、肉体から言葉を絞り出そうともがく魂を描く、圧巻の作品です。

発売に先駆けて、著者の年森瑛さんのコメントをお届けします!

『N/A』年森瑛


★名もなき人々の視点から描いた〈安史の乱〉。
清張賞受賞の一大歴史ロマン

第27回(2020年)松本清張賞『震雷の人』千葉ともこ

約3600万人もの犠牲者が出たと言われる〈安史の乱〉を背景に、言葉の力で世を動かしたいという一心で文官を志す名家の青年と、理不尽な理由で世間からつまはじきにされてきた地方の兄妹の運命の出会いが唐の歴史を大きく動かす――圧倒的スケールの武侠小説!

文芸評論家の三田主水さんによる文庫解説をどうぞ。

『震雷の人』千葉ともこ


★ヒット連発中! 浅倉秋成が語る「絶対読んでしまう物語」の極意とは?

瀧井朝世「作家の書き出し」

『六人の噓つきな大学生』がブランチBOOK大賞2021受賞、各種年末ミステリーランキングや2022年本屋大賞にもランクインした浅倉秋成さん。最新作『俺ではない炎上』について、そして作家としての目覚めから浅倉流プロット作りまで……瀧井朝世さんによるロングインタビューです。


★【オンライン講座】
「高校生直木賞」夏休みイベント2022(全3回)開催!

2022年8月13日(土)&20日(土)ZOOMウェビナーによる配信

高校生直木賞実行委員会は、夏休みイベントとして、作家 道尾秀介さんとの読書会、ノンフィクション作家 石井光太さんと高校生直木賞実行委員会代表 伊藤氏貴さんの対談、そして高校生直木賞を受賞した逢坂冬馬さんと直木賞受賞の佐藤究さんのトークイベントを開催します。

ぜひ奮ってご参加ください。詳しくはこちら!


◇ ◇ ◇

 本の話では「読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア」として、書籍にまつわる記事を配信しています。
 こちらもお楽しみ下さい!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!