見出し画像

メンタルケアの流れ

当施設ではまず、無料で1時間程度のカウンセリングを行い、 クライアントさんの症状や希望などを伺った上で、ケア方法、方針の説明をさせていただきます。 クライアントさんが納得、了承の上でケアの開始を希望した場合、初診の予約をしていただきます。

 初診の際にはアセスメント(心理テスト)を実施し、現在の心の状態を分析し説明させていただきます。 また、一人ひとりのクライアントさんに十分な時間をとって、カウンセリング、催眠療法、精神分析、気の調整を行ってまいります。

初診時はカウンセリング、催眠療法、精神分析、気の調整に約1.5時間確保しています。カウンセリングでは、 ゆっくりとお話を伺い、不安や悩みを乗り越えていくための"気付き"を探り、時には適切なアドバイスを送ります。 催眠療法では催眠誘導によってリラックスできる状態へと導き、セラピーを行います。

人の意識というのは、 90%が潜在意識(無意識)なのです。普段の無意識の行動や感じ方は潜在意識が支配しています。催眠療法によって、 この潜在意識へと働きかけることにより、物事に対する反応や感じ方、受け取り方が変わり、 今までの行動パターンが無意識のうちに変わっていくことにより、悩みや問題を解決の方向へ導いていくことができます。

催眠療法と聞くと意識が無くなり、操り人形のようにされてしまうイメージをお持ちの方もいらっしゃるようですが、 それはまったくの誤解です。催眠に入っても意識はありますし、周りの音やセラピストの声もしっかり聞こえています。 

気分障害(うつ病等)はきちんとケアを受ければ、しっかりと治ります。症状が重い方でもスーっと良くなっていくこともありますし、 軽い症状でも治るまでに時間がかかる場合もあります。症状が重い軽いはあまり関係ないようです。

大切なのはクライアントさんご自身と、 周囲の人がケアの必要性をよく理解し、乗り越えていこうという気持ちを持つことが大切です。うつ病はきちんとケアをすれば、しっかりと治る病気なのですが、少しよくなってくるとケアを途中でやめてしまう方も多く、 再発率が高くなっています。具合がよくなってきても自分だけの判断でケアを中止しないようにした方が良いでしょう。 また医療機関から処方されている薬剤を服用している場合も、同じく勝手に服用を中止したり、減量したりするべきではありません。

精神科や心療内科での薬物療法だけの治療で何度も再発を繰り返していらっしゃる方は、当施設で行っている催眠調整を行ってみることをお勧め致します。お薬で症状を表面的にコントロールするのではなく、メンタルそのものを変えていくことにより、ストレスを受けにくいメンタルを作っていくことができます。メンタルを根本的に変化させることにより、再発の確率を劇的に抑えることができるようになります。

まずは1時間の対面無料相談をお気軽にご利用になってみてください。ケアを受けてみるかどうかは、その後でゆっくりご検討される事をお勧め致します。尚、無料相談はご予約制となっておりますので、お電話かネット予約からお申込みください。

ハートメンタルケア
TEL: 044-873-2103
無料相談ネット予約

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます
心の病気においては薬物治療だけで治すことが難しい患者さんもたくさんいらっしゃることがわかり、 医療機関とは違った方法で心の病を持った人達をケアできないものかと考え、 「カウンセリング」、「精神分析」、「催眠療法」を三本柱にした臨床と施術を学び、ハートメンタルケアを設立。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。