フルパワー8歳
超サイヤ健康人の「超ダイエット法2.0」このnote見ても痩せないなら即諦めてください。時には諦めることも大事MANブラザーズバンド♪♪
見出し画像

超サイヤ健康人の「超ダイエット法2.0」このnote見ても痩せないなら即諦めてください。時には諦めることも大事MANブラザーズバンド♪♪

フルパワー8歳

20年5月21日追記:第1章に数千文字追記しました。
20年7月26日追記:第9章に「食欲を抑える方法」を追加しました。
20年10月31日追記:第1章に数千文字追記しました。
21年5月6日追記:第1章に近況について1万文字ほど追記しました。
21年10月31日追記:第1章に近況大きな変化ほか15000文字追加。
21年11月15日追記:第1章に「2022年予定」25000文字追加。
21年12月4日追記:第12章に3000文字追加。
21年12月28日追記:第1章に3000文字追加。
22年1月7日追記:第0.1章に24500文字、第1章に6000文字追加。
22年1月11日追記:第0.2章と第0.3章と第0.4章と第0.5章を追加。
22年1月24日追記:第0.2章に4500文字、第0.5章に8000文字追加。
22年3月2日追記:第0.1章に16000文字、第0.5章に16500文字追加。
22年3月20日:第0.3章に3000文字追加。


ボンジュール!闘牛諸君!
「健康」に命を捧げている暇人ブウこと超サイヤ健康人だしん!


ドドリアさん:「も~すぐ夏ですねえ~、ちょっと痩せてみ魔閃光~♪」


いきなりステーキだが、なぜ日本人女性よりも男性の方が肥満率が高いか分かるか?ちなみに日本人男性の3人に1人が肥満、女性の7人に1人が肥満という感じだ。(50歳以下)

高齢者は肥満率の男女差はそんなにない。女性の方が筋肉量が少なく代謝も低く太りやすいのに男性の方が肥満が多い。

果たしてこれは何を意味するのか?


孫悟健:「フリーザ!後は頼んだぞ!」

チェーーーーーンジ!(ギニューやないかーーーい!)

画像1

画像29

↑画像上。2019年7月頃の私(体内&精神年齢:永遠に10歳未満)の体組成。
身長171cm、体重60kg、体脂肪率4.0%、体脂肪量2.4kg。

2.4kgは「骨量」じゃないからね。「体脂肪量」ね。生まれてきたばかりの赤ちゃんや、アセスルファムカリウムやスクラロースを含むホエイプロテイン5LB(2.27kg)サイズ1ボトルと同じくらいの重さだな。


フリーザ第一形態:「分かりやすい例えですねぇ。」

これくらい落とすのは超サイヤ楽勝。「思考回路停止してぼ~~~~~っと生きてて気づいたらここまで落ちちゃった...」というレベルだな。

「体脂肪少なすぎて逆に体に悪そう。。。」とかいらん心配はいらん象(ぶっちゃけ体に悪いけどな)。悪いが、体脂肪率40%体脂肪量30kgとかのカウチポテト闘牛には言われたくない。風邪という風邪など中学生になってから1度も引いてま仙豆。鈴木ちなみに、子供の頃は小学生の頃からずっと豚満でした。10代後半はずっと70kg台で高校1年生の夏休みの時に最大で83kgありました。運動量・活動量は多かったので、よくあるただの変なもん(お菓子、菓子パン、カップ麺、清涼飲料水とか)食い過ぎによる肥牛です。思春期の当時は、体型よりも口臭に悩んでいたことはここだけの話とする。口が臭すぎて友達と気軽に話せないのがつらかった9歳夏の汗臭い思い出。ヒント其の一:食事改善で口臭、体臭、加齢臭、わきが、汗の匂いが改善する。

あら、やだ。女性の場合はダイエットしても体脂肪率4%には簡単にはなれないし、健康のためにも適度に体脂肪はあった方がいいわ。20%くらいはあった方がいいのよ。男は10%~15%かしら。太り過ぎは餅ろん、痩せすぎもチューインガム。

オラの場合はボクサーやボディビルダーのようなハードな減量ではなく、運動量少なめ食事超アホ管理の超健康的なダイエットだから痩せても超健康だ。もちろんストレスなど皆無だ。運動も食事管理も好きで楽しんでやってるし嫌々やってないから。

有料ゾーンに書いてある私の普段の食生活を見たら99.7%は「こ、これが究極の食事か。。。」と、驚くかバカにするだろう。傍から見たら修行僧のような食生活に見えるかもしれないが、オラにとってはもうその食生活が当たり前となっている。

今では、ポテチや菓子パン、カップ麺、揚げ物などは無料はもちろんお金を貰っても食べない。これらの他に体に悪い食べ物はそうそうないからな。出てこないだろ?揚げ物とかできれば匂いも嗅ぎたくない。タバコ同様に匂いも十分有害だからな。匂いや香りの力を甘くみてはいけない。こんなのは罰ゲームに等しい。お金貰っても時間(命)を失う、食べ物で自分の体を傷つけるのは御免さ。習慣的に体に悪いものを食べるのはとても厄介な意識しづらい自傷行為であり、小さな小さな自殺の繰り返しだ。気付いた時には時すでに遅し。考え過ぎだろうか?いや、そんなことはないはずだ。自分の体と心を本当に本当に本気で大事にしているのならば。不思議なもので、体は慣れる。闘牛どもはデブる生活が習慣化しているだけだ。

最近なぜか鶏のから揚げとか流行ってるけど(食への意識が低すぎて安さ重視の日本では美味しくて体に悪い食べ物が流行りやすい)、安物の粗悪な大量生産のブラジル産の鶏肉や油とか使ってるのは普通だから注意な。面倒でも自分で作った方が安全だな。ただ、普通に激安スーパーでもブラジル産の鶏肉とか売ってるから注意な。高騰中の牛肉とまでは言わないが、せめて鶏肉くらいは食べるなら国産にしようぜ。国産だから必ずしも安全というわけでもないが。まあ、「食の裏事情」については長くなるからここでは書かないけど。安い物には訳がある。この一言で十分だろう。

それから揚げ、「アメリカ人は肥満大国で体重100kg越えも多いから80kgの私は大丈夫だな」と思っているそこのミスから揚げ!甘~~~~~い!!たしカニ、アメリカ人は脂肪が付きやすく太りやすい体質の人が多い。タダ!糖尿病はそこまで多くない。翻って、日本人はアメリカ人ほど脂肪は付きにくく太りにくいが、インスリンの分泌能力が低く糖尿病になりやすいという大きな弱点がある。

あとは死因第1位のガンは日本では増え続けているが、アメリカや欧米では減少傾向だ。これももちろん食生活の影響がとても大きい。食品添加物、農薬基準、安物毒ゴミ粗悪品etc...そう、病気は食事から。また、糖尿病患者はガンになりやすい。日本人は糖尿病になりやすい体質で、しかも年々増加傾向。「食」に厳しく糖尿病になりにくい体質の欧米人とは異なり、それとは真逆の日本のガン患者が増えるのは当然である。大半の現代日本人の不真面目で滅茶苦茶な食生活を見れば、ガンや糖尿病患者が増えない方がおかしい。また、若者に比べて高齢者ほど糖尿病の割合は高い。つまり、高齢なほどガンにもなりやすい。謎は解けたな。ただ、若いから揚げって安心はするなよ。日本の若いの(Z世代、ミレニアム世代)は99.6%は食に関心などないから今日もしっかりと変なもん食ってるから揚げ。それでも、あなたは今まで通りに、まともな体と脳で生きる上で基本中の基本中の基本の「食」を無視しますか?

「日本人は世界の中でも長寿だから揚げ健康」と勘違いしている思考停止の糖尿が多いが、そんなことはない。40年前昭和の頃ならまだしも、令和の現在の日本の食事情はかつてないほど悲惨なものだ。今後も欧米やアジアで余ったり利用できない粗悪なゴミが規制の緩い日本に大量に輸入されるだろう。食品添加物数世界1位、薬の使用量も世界トップクラスのジャポンを甘く見るなよ。日本は「高齢者が多いから揚げ」とかくだらない言い訳は不要だ。東南アジアと比較しているのではない。欧米だって高齢化は進んでいる。日本人に多い認知症も、毒食生活、運動不足、薬多用が主な原因だ。ガンや肥満も怖いが、認知症も怖いよな。体が使えなくなるのが先か、脳が使えなくなるのが先か。コロナ?なんだ、それ。話にならん。これで普段の食事が如何に重要か少しは理解してもらえたかな。様々な毒を体内に大量に詰め込んで蓄積させている「質の悪いデブ」がもっともたちが悪い。

私は大多数の日本の中年男性とは違い年を取るにつれてどんどん焼き痩せていっているが、別にダイエットしているという感覚は一切ない。なんか「ダイエット」って、一時的できつそうなイメージやん?ダイエットとは食事改善で健康的に痩せるという意味だ。いや、もう痩せることは忘れていい。そんなもんは数えきれないおまけの中の1つに過ぎない。後からついてくるからそう汗るな。「食事改善をして健康になる!」だけでいい。

これ以上マイナス(体重が増える)になりようがないんだから楽しんでやりゃあいいんだよ。。そうすりゃ続く。自然と続く。むしろ、「私、ダイエット頑張ってるわ」とかいちいち思わなくていい。一喜一憂など不要。食事がクソなデブが痩せても何も偉くない。「今日はこれこれ食べた、合計何kcal」とかの家計簿のような日記や、体重や体脂肪率推移の記録とかも不要。時間の無駄。もうこれまで精一杯太ってきたんだからいい加減そろそろデブも飽きてきただろ。同じ状態を何十年も続けていたらさすがに居心地がよくても飽きるよな。それとも、コロナ渦に便乗して更に太る気か!?下記の有料ゾーンの食事法を毎日実践していれば思考回路停止して生きてても気づいたら痩せてる。何も考えずに一旦今までの食生活を完全リセットして保育園児のようにピュアピュアな思考になり、あなたとは真逆の食生活を実践している私の食事法を素直に受け入れるんだ。それが肥満という中毒から脱出する最終手段だ。自分の都合よく今まで通りの食べ物で痩せるわけないやん(爆)幼稚園年少児でも分かルワンダ。

食事管理も運動も死ぬほど嫌いならやらなければいい。そう、「やらない・諦める」という選択肢もあるからな。「太っていないのが当たり前」なんてことはない。ただ、変わるのは面白い。成長するのは面白い。見た目だけでなく、人生も変わる。生きる世界が変わる。まさに別人とはこのこと。実際に私もこの20年で完全に人間が入れ替わっています。考えてみたら食を変えて頭と体が別人になるのは偶然でもなく必然のことなので、特に驚きはないが。後悔はあるがな。。勉強や筋トレだってそうだろ。みんな大好きなゲームだゲーム、RPGゲーム。レベル上げだ。人生常に「テッテレー♪」の方がおもしろくないか?内臓脂肪レベルばかり上げるのはもう止めにしよう。

そうそうめん、あとは別に自分のために痩せなくても、「愛する人のために痩せる」という選択肢もあるからな。勉強や仕事なんかも似たようなもんだ。自分のためだけでなく、他人のためにやるのも悪くないぞ。この際だから食材の高騰も味方につけろ。食費を減らす(家計を助ける)ために痩せる(毒がてんこ盛りの余計なものは食べない)のでもいいジャマイカ。

鈴木ちなみに、ぼくは運動不足の時でも体脂肪率10%は基本超えないよ。1週間以上全く運動しないとかはさすがにないけどね。適度に運動しないと体がキモいんだもん。最近は運動は痩せるため、体力をつけるためにはやってないよ。120割方、健康と脳活のためにやってるよ。

画像66

画像34

画像35

↑こちらのインボディの体組成の画像2枚は2017年夏と2018年夏のもの。

上の2019年夏のは一時的に体脂肪率を15%から4%に落としたとかではないよ。少し運動量増やして1ヶ月くらいして気づいたら普段の7%前後から4%になってたような感じ。なので、このnoteに書いてあるダイエット法はリバウンドしにくいともいえる。

ここ7年くらいは体脂肪率は概ね5%~10%の間でキープできてる。この間、様々な食事法、全身筋トレ、ランニング、1日1食、週3食、断食、糖質の吸収を抑えるサプリメントなど色々と試して人体実験しているので、体重は56kg~69kgと幅広い。2020年になってからは62kgが気に入っているのでキープしてる。

2021年5月現在は体重は59kg台。2021年10月は56kgジャスト。身長は171cmな。お得意の思考停止で気づいたら落ちてる戦法で、全く痩せようと思わなくても勝手に痩せるから困っているくらいだ。今は運動はほとんどしていないし活動量もかなり少ないが、しっかり食べてるのに落ち過ぎて逆に怖い(笑)そして、おもしろい。変化、成長を楽しむ、これ大事だからな。コロナ渦で激太りしている中年男性が増えてる中なんだか申し訳ない。自粛による運動不足で太るのではなく、揚げ物や小麦+植物油脂+添加物や酒とか変なもん食い過ぎな。知識と行動は裏切らない。

もちろんすでに十分なほどスマートフォンなので減量しているわけではない。栄養豊富で体によい太りにくいものばかり食べているので太りたくても太れない(キャベツとかブロッコリーじゃないぴょ~ん)。ちなみに今は1日6食だ(コンニャクとかもやし6食じゃないぴょ~んⅡ)。「1日6食で56kgとか嘘つくなよ。」それが嘘じゃないとしたら、おもしろくないか?そうだな、非常識はおもしろい。「大衆は間違っている」と時には常識を疑おう。腹8分どころか腹9分以上お腹いっぱい食べているが太らない。標準体重(64kg)よりも5kg以上軽い。BMIだと計算していないが20弱くらいだろうか。近年、特に若い日本人女性に増えている偏食・栄養失調の「不健康な痩せ」とは違い、「健康的な痩せ」といったところか。

そして、今は運動量、活動量はかなり少ない。成人男性の平均を余裕で下回る。健康のためなら運動は適量必要だが、ダイエットのためには運動という運動は不要だ。いわゆる筋トレとかランニングなど、やり過ぎると逆に不健康になる運動な。ダイエットなら「運動はゼロ」という考えでもいい。引き籠りやリモートワークでも、多少は動くだろうしな。歩数も1日1000歩で十分だ。まずは食事で痩せる。運動はその後のご褒美だと思え。毒だらけの重い体で運動しても毒だ。大っ嫌いでやりたくないならやらなくていい。汗かきたいなら風呂入って解毒すればいい。適当に家事、育児、買い物などのニート(NEAT)で動いてれば十分だ。運動は1日0分で十分だ。どうだ、億劫な運動がないだけでもだいぶ気が楽だろ?

捨てることも非常に大事だ。特に重要なのは、みんな得意の「足す」ではなく、「引く」こと。食事も同じ。いわゆる、「食の断捨離」というやつだ。モノや人間関係を断捨離するやつは増えているが、ありとあらゆる余計な「食」を断捨離しているやつはまだまだ少ない。というか、ほぼいない。「食の断捨離」は、別の言い方なら、「毒の断捨離」でもいいぞ。あれもこれも何でも食っていいとか、いつの時代の肥満貴族だよ。現代人は、情報やモノや人間関係と一緒で何でもかんでも詰め込み過ぎだ。ゴミを集めるな。欲張るな。とことん絞れ。

間違っても毒まみれのデブった状態でジム通いしたり走ったりするなよ。運動が好きでもジム通いは大半が続かないというのに、デブジムとか続くわけないやん(爆Ⅱ)。ただでさえ肥満は日常生活でも息苦しいのに、コロナ渦の今、マスクしながらの低酸素状態で運動とか自傷行為にも程がある。下手したら倒れたり、超重量級を支える膝と足首がぶっ壊れるぞ。

欧米に比べて毎月バカ高い会費を支払いジム通いしている日本人は僅か4%だぞ。会費が月数千円が当たり前な欧米人のジム通い率は10%~20%な。まあ、ジムが無料でも続かないがな。日本人(特に60歳未満)は運動だけでなく、食事や睡眠や読書ほか健康に対する関心が極端に低いから、ジムが無料だろうとやらないやつはやらない。無料の図書館と一緒だ。本を読まないやつはとことん読まない。こう考えると、運動と読書は似ている部分が多いな。健康になる、幸せになる、成長する、体と頭を鍛える、IQが上がる、時間とエネルギーを使う、面倒だが得られるものがとても多い・大きい、一般的に継続が難しいなど。興味がない、嫌いなことは無料でもやらないのは当然。「割と好き」でも続かない。「やらないと気持ち悪い」でも続けるのは難しい。無料だといつでもできるから後回しにして逆にやる気もなくなる。人は身銭を切らないと本気になれない。そう考えたら、日本のジム会費がバカ高いのはそう悪いことともいえないな。

ハードルを極限に高めた状態で始めてどうする。BMI30以上の肉球が1年間ランニング続けてるの見たことないだろ。ウォーキング?無理だよ。三日坊主ならぬ、一日スキンヘッドだ。どうだ?とりあえず、ある程度痩せるまでは、運動は一切しなくていい。これだけでもだいぶ気が楽にならないか?食事管理も運動による減量もどちらも試した私からすれば、食事管理による減量の方が圧倒的に楽だ。運動は、はりきって少々ハードな運動をすることもたまにあるが、食事は一切頑張ってなどいない。そもそも、頑張る必要が、ない。私にとって、食事など、毎日の読書や9時間睡眠のようなものだ。運動は継続しないとすぐリバウンドするし、筋力や走力や心肺機能など体力も落ちるのはあっという間。私のように運動が大好きでも、疲れている時、眠い時はやりたくない時もある。また、頑張り過ぎると日常生活や仕事に支障をきたすこともある。

その点、食事は1度ガラッと変えて自分の習慣になってしまえばもうこっちのもの、そして、一生もの。一般的には、成人になってから何十年もず~~~っと同じような食生活をしているのなんて普通だろ。特に頑張らなくても、自然と毎日決まったようなものを食べるようになる。皆が普段当たり前のように生活に取り入れている「無意識の習慣」というやつだ。疲れてても食べる。よいものを食べれば元気になる。運動は1週間くらいしなくても大きな問題はないが、食事はそうはいかない。運動は怠けても、食事を1ヶ月怠るやつはいないよな(飲食をしないで生きる人間などの例外は除く)。

あとは、私が実践する「太りにくく健康的な食事法」を学んで自分のモノにすればいいだけ。たったこれだけ。あとは、思考回路停止して生きてても、体が自動で無意識で勝手に「健康的な食事」をする。体の言う通りにすればいい。体が、必要なものは求める、不要なものは求めない。もう一人の自分が自動で献立を作成してくれます。「あれをこれだけ食べましょう」、「これをこれだけ食べましょう」と。必要量が満たされたら勝手に食事は終わります。無理にひもじい思いをしてまで「~制限」とかしなくていいんだよ。献立や調理だけでなく、買い物も自動みたいなものだ。買うものなど毎回決まっている。あれこれ迷う必要などない。買い物などあっという間だから、お金だけでなく時間も節約できる。もちろん、購入した食料の廃棄もない。唯一の難点は、週1回未満のスーパーに行くのがかなり面倒に感じるくらいだ。

運動はノウハウを学んでも、体が自動ではやってくれない。朝のウォーキングなどは慣れたら無意識レベルで日課にしやすいが、それでも着替えや天候や場所・コース選びや運動時間など意志エネルギーをそれなりに浪費するから、特に働き盛りの世代には容易なことではない。過度な肥満ならウォーキングも後回しでいい。病気や怪我や体調不良や天候不良など、運動するのが難しい時もある。そして、運動は食事と違い1度途切れると一気に止めやすくなるという難点がある。たった1度のブランクが命取りだ。早ければよくある三日坊主だな。肥満なら翌日筋肉痛と全身疲労による一日スキンヘッドな。3ヶ月ショートや1年ロン毛や3年アフロや10年大銀杏とかほんと稀だから。特に20歳~60歳未満はな。健康への意識が高い高齢者のアフロなんかは珍しくないんだがな。コロナ渦の今はマスクをしたり密を避けたりで、コロナ前より快適に運動はしにくい状況だ。自宅トレならメイウェンティだが。食事は疲れていても時間がなくてもなんだかんだで毎日やる。ここが大きな違い。物事には優先順位というものがある。あれもこれもやらなくていい。「食事改善のみ」の一点突破だ!!!

私にとっては、10kgくらいなら太るのも痩せるのも1週間もあれば余裕だ。だって意識して食べまくるか、1週間断食して最低限の水分やサプリ(栄養)を補って可能な限り軽めの有酸素やればいいだけでしょ。とはいえ、短期間での体重の大幅な増減は体にはよくない。ただ超肥満レベルの闘牛がダイエットするなら1年以上かけて10kgとか20kg痩せるとかよりも、短期間でなるべく3ヶ月以内とかで一気に集中して痩せた方が成功しやすい。一気に集中して「痩せる技術」を習得するという感じだな。

与沢翼氏なんかも短期集中型で2ヶ月で91kgから69kgと22kgの減量に成功。その後は1年で13kgリバウンドしてから、ダイエットを再開して4ヶ月で10kg減量。すでに1度成功して痩せる技術を習得しているから、リバウンドしてもやる気になれば短期間で痩せる。

画像85

よくあるテレビのダイエット企画でも期間は1年間も設けてないだろ。2ヶ月前後だろ。1ヶ月も継続すれば体や考えが変わる。その1ヶ月を乗り切れるかどうかだ。「(パーソナルではない)ジム通い」なんかがいい例だけど、どうせ大半は1年も続かない。たったの3ヶ月だって難しい。闘牛は人一倍自分にあまーーーい!というのだからそりゃ続かない。筋トレが六度の飯より大好きとかならともかく、ダイエットのためならどうせ続かない。一時的に痩せても止めたらリバウンド。これが運動ダイエットの怖いところ。いい加減諦めて食事療法で健康的に痩せましょう。ダイエットにおいて運動はあくまでも補助。

画像69

プライベートジムのRIZAP(ライザップ)なんかもそうだな。ライザップの2ヶ月で30万円が高いというのは勘違い。30万円で一生ものの「痩せる技術」が手に入るのならめちゃくちゃコスパはいい。これからあと30年生きるとしても年間1万円と思えば一般的なスポーツジムの月会費と大差ないし。

お金に余裕があるのなら「プライベートジム→一般的なスポーツジムまたは家トレ」という流れも悪くないだろう。ライザップなんかの場合は基本2、3ヶ月でそんなに何年も通い続けるわけではないからね。真剣に学ぶだけでなく、実際に自分の体で体験するというのも大事。一般的な月1万以下のジムと違って大金払ってるから通わないわけにもいかないし。

ダイエットに限ったことではないが、特に最初の1週間はかなりきつい。体が慣れてないから。久々にやるランニングや筋トレがいい例だな。翌日は筋肉痛になって当たり前。引っ越しのアルバイトなんかも同じ。3週間~1ヶ月継続できれば3ヶ月はいける。3ヶ月継続できれば半年、1年はいける。1年継続できれば10年以上も余裕。


「習慣化の力」は良くも悪くも凄い。拍手!!!

先に私のことを知らない方のために自己紹介しマッスルテック。
興味なければ破って紙飛行機にしてナメック星に飛ばしてください。

コンビーフン18号:「そのノートじゃねえし!」


自己紹介します!

ふぉまたせ、、、しました!

しゅ!しゅ!しゅ!しゅ!しゅ!

俺の名は、HMBetaTORこと超サイヤ健康人だ。

ふゅ~。

黒にんにくんJr.:「どうもカムサハムニダ!」

そして今回紹介するのが!

「超サイヤ健康人の超ダイエット法2.0」!!!

コンビーフン8号:「あれ!?有料で中身が読めない!」


魚仙人:「中身が読めないんだったら、買・え・ば・い・い!」


さすがに無料では書けることが限られるので、有料にさせてもらった。悪いが、ありきたりな内容の薄い本のように10万文字は書かない。内容の濃い3万文字で勘弁してくれ。もちろん今後は更に学びまくって行動して試行錯誤して今以上に有益な情報を追記する予定なので、いずれ5万文字は超えると思います。最終的に10万文字以上もあるかも。(2022年3月現在:この冒頭込み213384文字

2021年11月25日追記:まさかの10万文字を超えました(笑)一般的な書籍1冊分ですね。書籍1冊世に出すのが大変なことが身に染みて分かりました。2021年は5万文字以上追加していますね。日々学んで思考して、毎年・毎月小まめに食材や種類や摂取量を変えているので意外と書けるもんです。特に文字数を意識しているわけではありません。書けることは書いておこうと思っています。より多くの文章、言葉が「超本気の読者」にささればいいと思っています。2022年以降も、人生が決まる「食」を通して私の体には何かしらの変化があるはずなので、たまには追記すると思います。気が向いて書こうと思ったら書きます。こりゃ、2025年には20万文字だな。(有り得なくもない)

2022年1月24日追記:気づいたら15万文字。2ヶ月で5万か。この3ヶ月で一気にペースアップしてる。やはり、2021年10月の出来事が大きかった。年内にも20万あるな。20万文字は本2冊分だから、単純に文字数だけでみても2980円という価格設定は悪くないだろう。って、まだ20万書いてないけど。仮の第0.4章だけでも書こうと思えば5万くらいなら余裕で書ける。第0.4章は年内には書く予定です。第0.4章だけでも余裕で2980円の価値はあります。第0.4章もやはり私にしか書けないことで希少性が高いから。って、まだ0.4章書いてないけど。早く書きたいけどまだ書けない。

2022年3月20日追記「20万文字達成記念キャンペーン!!」は、特にあり魔閃光 。2ヶ月で5万文字ペース維持か。今後も文字数は特に気にせず、書きたい時に書きます。気まぐれです。しれっと失踪するかもしれません。ただ、文字数があまりに多くても見にくいと思うので、最大でも50万文字くらいを上限に考えています。50万文字だと書籍1000ページ分くらいですね。ベストセラーの「独学大全」よりも多いです。このペースだと年内に50万文字もあるからセーブしなきゃ。

文字数はこの4ヶ月で倍増していますが、今後も価格は特に変更するつもりはあり魔貫光殺砲 。ただ、文字数ではなく、希少性と価値が高いと感じる情報が増えたら少し値上げする可能性はあります。個人的には、書籍2冊分の価格と思えば現在の2980円でも普通に安すぎると思っています。人によっては参考にならない期待外れの内容だったとしても「大ハズレやないか~い!」とはならないような価格設定にはしているつもりです。

7年半前(2014年秋)や5年前(2017年春)の当時の私なら、このnoteの内容なら10倍の29800円でも余裕で出します。29800円でも元を取るのに1ヶ月もかかりません。ライザップ並みの298000円でも有り余るお釣りが来る。なぜなら、金銭面だけで見ても、このnoteで得た情報を実践すれば将来的に(私の場合は1、2年で)100万円以上は軽く節約できるから。医療費や介護のことなども含めたら1000万は確実。たとえ今は全身毒まみれでも、私の食事法を7年も継続できれば人間が生まれ変わるので1億も普通にあるでしょう。もちろん、お金だけでなく時間や労力も節約できますし、ヘルシーになりビューティフルパワーになりクレバーになりストレスフリーになりハッピーになり無臭になり、とお金では買えないものも手に入ります。「人生に不要なもの」が分かることをあまくみてはいけない。

かなりの情報通でも、「えっ、嘘!?、そうなの???マジで?やば...」と思うような情報をそれなりに盛り込んでいます。目から鱗どころではあり魔閃光殺砲 、目から涙レベルです。ただ、下でも書いていますが、「食事改善」に超本気全力でない方と行動しない方は購入しないでください。購入して情報を知っただけで変わるわけないですから。変わらないのなら、多くの書籍、ダイエット器具、サプリメント同様にただの時間とお金の無駄遣いです。ただ、このnoteは一般的なダイエットや健康系の書籍よりも、より行動しやすくなるように読者に寄り添って語り掛けるように書いています。読んだら何か1つは行動せずにはいられなくなるでしょう。

逆に、まさにタイトル通りで、このnoteを読んでも何も変わらないのなら今後ダイエットや食事改善や健康体になることは諦めた方がいいです。ダイエットに限ったことではないですが、無意識レベルで「これは死んでも無理」と思っている人は普通にいますしこちらの方が圧倒的多数です。極普通です。大病を患ったり余命を宣告されても大多数の人はやはり死ぬまで悪い習慣を改めませんから、危機感がそれほどない人が悪い習慣を変えることは難易度高すぎるんです。つまり、痩せたい(死ぬ気で命懸けて全力で痩せたいわけではない)けどそんなことをするのなら「私は死んでもダイエットはしない」、と思っているリアルな自分がいます。これが分かるだけでも十分に元取れますけど。

ここで素直に諦めることができれば、今後一切ダイエットや健康関連に関わらなくていいので、それ系の時間とお金と労力に関してはごっそりと節約できます。その代わり、寿命は短くなりますし今後負担増が予想される医療費はヤバいくらいに増え体と脳は今後益々機能しなくなるので結局大損ですけど。もちろん自分だけでなく、子供や孫の健康状態にも影響しますし、パートナーや家族にも看病や介護、死などで時間、お金、労力、ストレスがかかり白髪が増え迷惑がかかるかもしれません。すでに全身毒まみれの肥満ノ海がにわかにちょっと体によさそうなことをしたって水の泡。有料部分に書いていますが、99%が気づいていない体によさそうで悪い食材もありますし下手に自己流でやると逆に体が益々悲鳴を上げます。やるかやらないかの二択。死ぬまで継続する覚悟さえないような中途半端な考えならやらなくていい。最初から期間限定お試しの軽い気持ちならやらない方がいい。

私はこのnoteを、ありきたりなダイエット本やダイエット器具のように軽い気持ちで無駄遣いして後悔してほしくないので、できる限り対象者を絞っている。価格を980円とか安くしすぎていないのも同じ理由だ。気軽には買わせない、読ませない。超真面目超本気超サイヤ人の文章を、気軽な気持ちで読まれてたまるかってんだ。本気の人にとっては2980円でもタダ同然だけどね。肥満に限らず健康人だろうが誰でも読めるような内容ではない。「変われるなら何でも止めるし何でも食べる」という選ばれし者だけが読める内容だ。現実を受け入れるのは辛いかもしれないが、大猿になれる(大きく変われる)と思えば未来はクリリンやチャオズやナッパやヤムー&スポポビッチや太陽拳ほど眩しい(光り輝いている)はずだ。このnoteを食事改善に本気ではない肥満が読んだらダイエット成功率は0.4%弱のところを、「これでダメならもう諦めるわ」という覚悟のある本気の肥満ならば成功率は10%強にできる自信はある。「9人に1人かよ。。。」と思うかもしれないが、柔軟で頭キレキレで行動力のある小学生や危機感MAXの人間でさえも何か悪い習慣を変えるのは相当難しいことだからな。

「今までの食事を全て捨てる」、「完全リセットする」という覚悟がないのならこのnoteは買うなよ。一旦、3歳児に戻れ。どうせ、せいぜい食の断捨離二段、いや半分どころか4分の1も捨てられないから安心しろ。今後も「食べるために生きる」のなら買うなよ。食べたいものを食べるのではなく、「幸せに生きるために食べるべきものを食べる」という考えになれそうにないのなら買うな。痩せるために食べるのではなく、早死にしないために健康になるために体が喜ぶように傷つかないように食べろ。発想の転換だ。食事改善で痩せることなんか、数あるオマケの1つに過ぎない。

男女問わず、この先子供を作る予定があるのなら、妊娠する何年も前から逆算して子供や孫の将来のことも考えて食材1つ1つ真剣に向き合って食べろ。結局はそれが、「食育」という最強の教育・最大の投資に繋がる。あ、ペットも同じだからな。もし飼ってたら変なもん食べさせるなよ。人間と一緒で、遅かれ早かれ体壊して治療費がかさむし早死にするぞ。2歳児のように、素直に文句を言わずに出された(私にアドバイスされた)ものを食べろ。あとはそれを習慣化すればいいだけだ。私のように慣れれば簡単、、、というかもはや自動だ。自動食事器。後は小まめに状況に応じて設定を変えるだけだ。感情や欲など、不要だ。食べるべきものなど、極少数だ。何でも食い放題だと?ㇰㇲ。笑わせるな!ㇰㇲ。廃棄は大嫌いだが、嫌なら残していいよ、痩せるから結果オーライ。ㇰㇲ。食の真実だって?それは、、、さすがに、言えやしない、言えやしないよ、ㇰッㇰッㇰㇲ

仮に、このnoteを購入して残念ながら自身に何の変化がなかったとしても、己の現状をしっかり把握できて多大な危機感を持てるだけでも意味はある。この多大な危機感をもってしても今まで通り全く変われないのなら、潔く諦めましょう。もう死ぬまでダイエットはしなくていい。ご存知の通り、肥満が肥満を現状維持するのは楽ですが、実は、食事改善で痩せてそれをリバウンドせずに維持するのもこれまたとても楽なんです。私のおすすめする食事法ならば。。正確には、徹底的に食事改善をした後が極楽天国。どっちも楽です、どっちの「楽」を選ぶかはあなた次第。今の私は「細かい食事改善を継続しながらの現状(体重)維持」なので毎日が極楽浄土です。楽を極めてますから。

こっちの、、、世界に、、来てみないか、 .   .           .                        .

このnoteは以下の16.5章で構成されていマッスルファーム。

第0.1章:フルパワー8歳が今現在食べている超優良食材とは?
第0.2章:食段九段の月の食費は?.??万円です。
第0.3章:~タイトル考え中~
第0.4章:(仮)???
第0.5章:2022年最新? ??
第1章:???
第2章:
超サイヤ健康人のおすすめダイエット法
第3章:ダイエットは「~」が?割?分
第4章:出でよ!!!デブの元!!!
第5章:沢山食いたきゃこれ食っとけ!
第6章:飲み物も甘93674
第7章:サプリ百戦錬磨のおすすめ卍サプリメンツ
第8章:食事前に一工夫してみた
第9章:必殺技:食欲を抑える方法
第10章:毒まみれの太りやすい食べ物を「完全に止める」方法
第11章:食べる量や回数は減らせるYO!チェケラ!
第12章:二刀流で運動したら体脂肪率4%になったここだけの話
第13章:メンタル強化よりも「強力な武器」とは?
第14章:食の断捨離の達人のこれまでの食歴
第15章:㊙このnoteを読んでもダイエットできない方へ㊙
第16章:あとガキ

↑本文のタイトルと少し変えているものがいくつかありマッスルモンスター。タイトルで中身が分かってしまうので。。。


このnoteの価格は、、、まさかの2980円。。。

ダイーズ:「肉はゼロ。なんちゃって。」

キュイ:「よっ!あんちゃん、太っ腹!ビールっ腹!」

22年4月18日追記:3月から一気の円安で1ドル125円超えて円の価値が下がっているので、3980円に値上げしました。今後、1ドル130円になったら当初の価格5980円に、1ドル150円になったら9800円に、1ドル200円で19800円に、1ドル300円で29800円に、1ドル360円で36500円に、1ドル1000円で10万に値上げします。10万でも全然安いですが。もし1ドル100円切ったらまた2980円に戻します。1ドル75円になったら1980円に値下げします。円の価値に関わらず、「絶対に変わる」という超本気の方だけどうぞ。

22年4月28日追記:1ドル130円を超えましたので5980円に値上げしました。値上げというよりは5980円→2980円→3980円→5980円と元の価格に戻った感じです。次は1ドル140円超えで7980円に、1ドル150円で9800円に値上げします。反対に、今後1ドル115円を割ったらまた3980円に戻します。

割とマジ卍で言いますが、このnoteに書いてあることを保育園児のように純粋な心で素直に信じて片っ端から実行できたら人間と人生変わります。私が証拠です。私も食の断捨離を始める7年前と今では、頭から膝まで完全に別人に生まれ変わっています。あと1年もすれば第三形態になります。楽しみです。ヒャヒャヒャヒャ。食事と自分の体や脳だけでなく、様々な生活習慣や価値観も劇的に変わっています。

私のおすすめする食事法は、割と短期間で目に見える効果を感じやすいのも続けやすい要因の1つです。私の「今現在」の食事法なら長くても4年も継続すれば、体は別人に生まれ変わります。ダイエットなら、完全コピーできなくても、部分部分取り入れるだけでも1週間で体重と脂肪は落ちます。完コピなら早ければ即日で落ちる。まあ、さすがに完コピは無理だろうけど。食欲旺盛でよく食べる場合でも3週間もあれば少しは落ちます。現在の体重にもよりますが3ヶ月で10kg減なら楽勝です。3ヶ月で-10kgというと「俺俺なら1日で-10kgいケルン、大したことナイアガラ」と思う横綱・魔雲斗富士もいるかもしれませんが、1年で100kgが60kgに、88kgが48kgになれるのなら悪くないと思います。あると思います。

え~、呼び戻しになりますが、吾輩のおすすめするダイエットは「健康的なダイエット法」でござる。断食や水抜きや長時間の有酸素運動で落とす方法ではないでごわす。こんなのはダイエット(健康的に痩せる)でも何でもなく、やつれるだけですたい。まさに、リバウンドの王様。「しっかり」食べて落としましょう。もちろん、このnoteに書いてあることは実際に私が自分自身の体で試しています。なので、それらを実践すると健康的に体重が減るのはもちろんですが、それ以外にも体や頭、つまり中身がどうなるのかも書いています。(残念ながら現代人の大半は体と頭がまともに機能していない)

別に、ただ痩せるだけでは人生変わるとは限らない。そうだ、確かにその通りだ。肥満大国のメキシコとは違い、日本人で痩せてる人なんか流れ星の数ほどいる。「痩せただけで人生大成功!」。んなこたぁ~ないわな。筋肉ムキムキになっただけではそう簡単に人生変わらないのと同じだ。ちなみに、筋肉を付けることに比べたらダイエットは11.3倍簡単だ。単純に、マッチョと非肥満者の割合を考えれば一目瞭然だが。ただ、ベストな食事法で体と頭が健康な状態になったらのなら話は別だ。こうなると、変わらないこと、つまり現状維持の方が難しくなる。ハードな筋トレを継続してゴリマッチョやスレンダーボディになることに比べたらリバウンドなしで痩せることなんかハードル超低いんだから、「腰の重い私にもできるかも...」と思わないか?

それと、体の構造上男の方が女よりも筋肉が付きやすく痩せやすい。そして高齢者よりも若者の方が痩せやすい。オラから言わせれば、ダイエットなど朝飯前通り越して夜食前レベルだ。私レベルになると夜寝る直前に食っても太らない。いや、太れない。

画像50

ただ、99.7%の人はこのnoteの有料ゾーンに書いてあることの1割も「実行&継続」はできない。超本気のやつでも一般的には難しい。普段から「食」を超強烈に意識してないやつが変わるわけないやん。だが、書籍もそうだが1冊に書いてあることの1%いや1ページいや一文いや一文字でも自分のものにできれば超余裕で元は取れてるから安心しろ。人間変わらないのが当たり前だからメイグアンシー。

普段意識している人はかなり少ないが、「書籍1冊1500円」とかってあれ超安すぎるからね。毎日何冊も読書してる人なら分かると思うけど。まあ、他の食料品や日用品やガソリンなんかと同様に、書籍もしれ~~~っと少しずつ物価は上がってるんだけどね。食料品様や書籍様が、無意識でも「なんか高いなあ」と感じるのはお金の価値が少しずつ下がってるからじゃよ。といっても、食と本は自己投資や健康管理には欠かせないし、コスパは計り知れないから優先して節約するものではないがな。

「私のおすすめする食事法」の食費についてですが、基本は1人当たり月5万円未満でいけます。よほど大食いや高級食材ばかりを選ぶのなら話は別ですが。食費は、食材の他に飲料やサプリメントも込みです。有料ゾーンには、私の月の食費をそれぞれ食材・飲料・サプリメントごとに紹介しています。参考にしてください。食の断捨離九段である私は今は食費は月5万円もかかっていませんが、標準体重より20kg以上重い肥満だと食事量がかなり多いはずなので、最初は月5万円前後~それ以上も覚悟しておいてください。当たり前ですが、お菓子やスイーツや揚げ物やコンビニ弁当や安い外食など、おすすめ食材以外の余計なものを食べれば食べるほど更に食費がかさむのは当然です。おすすめ食材以外はなるべく控えてください。

私のおすすめする食材から更にいくつか断捨離したり量を減らせるのであれば月3万円前後も可能です。食材や量など、あまり削り過ぎるのもおすすめはしませんが。現在の私はすでに「もうこれ以上食材・食費を削るのは難しいかな」というレベルまできています。ここからいくつかの食材を断捨離しても、月3万円未満の食費では正直私には厳しいです。そこまでやると、「我慢をする食事」にもなってしまいます。逆に、「食の断捨離(引き算)も一段落したし、そろそろいくつか食材を足して(試して)もいいかな」とさえ思っているくらいです。準備万端です。

それでも、標準体型の男性の食事量なら月3万~3.5万であれば可能です。女性は4分の3くらいで計算してください。平均的な食事量の女性なら月25000円でもいけます。大食いレディだと最初は月5万、爆食女なら月8万以上も見ておいてください。ただ、1人月2万円未満とかはさすがに無理ですね。2人以上~大家族でも無理です。平均的な食事量の男性1人で月3万とするなら、男女2人だと月5.5万です(小さな子供は除く)。私の食事法(おすすめする食材)では2人、3人に増えたからといって食費の節約にはなりません。買い物と調理時間が浮くくらいです。「質」には拘っていますので、月2万未満だと量だけでなく品目も減ってしまいます。量や品目と共に全体的に食材の質を、例えば国産から安くて粗悪な毒まみれの輸入物や大量生産品などに落とせば食費は3割~4割ほど、またはそれ以上にも減らせますが、もちろんおすすめはしません。ただ、果物や野菜や乳製品や卵や肉や魚など、国産だからといって安心なわけではありません。国産でも安物は要注意。何でもかんでも価格が高ければ高いほど体によいってわけでもないですけど。

最近は、3~5人家族で月の食費が25000円とか30000円とかでやりくりしている人もいるそうですが、私がおすすめする食事法では100.6%無理です。もちろん、私の食事法では業務用食品などは一切買いません。1人で月3万でも危ういというのに、食費月10000円未満って、、、いくら出血大セール絶賛開催中!!の日本とはいえ勘弁してくれよ。「最高の食材」のあれとあれだけでも月1万では厳しいくらいなのに。もし、格安日本で1人月1万円未満の食費で、確かな原材料で内臓に負担をかけずに心と頭と体を満たせるというのなら、是非その食事法を教えてほしい。何度でも医王、安物には訳がある。

3度でも言おう、書籍代はケチってもいいから食費だけはケチるな。逆に言うなら、体と頭と心をプラスにする食材以外は何でも節約していい。移動手段を、ガソリン代が爆上げしている自動車から圧倒的にコスパも環境にもいい自転車にしてでも、食費だけは削らないでください。何も1人当たり月10万円の食費を確保しろと言っているわけではありません。3万でいいんです。多くの単身の方は月に2万以上は食費をかけていると思うので、それならあと1万でいいんです。エンゲル係数は無理に下げる必要はない、高くていい。

お金なんかよりも時間(命の一部)の方が遥か遥かに価値があります。書籍代でも語学スクール代でもプログラミングスクール代でも楽器の習い事でも塾などの教育費でもスポーツジム代でもオンラインサロン代でも有料note代でも何でもいいですが、もうこれ以上は節約できない!というのなら、時間を作ってください。時間を節約してください。その自由になった時間で何かして食費を確保してください。お金を稼ぐためではなく、時間を稼ぐために、自由になるために生きましょう。

物事には優先順位というものがある。「食」は一生ものの投資だ。いや、食の投資は生まれる前からすでに始まっているから、生まれる10年前から死ぬまでだな。生まれる前10年と生まれた後10年は親が子の食を投資しているだけだ。同時に親はこの期間に孫の投資もしているわけだが。現代の98%以上の日本人男性の精子が劣化して数が減っているのも、前立腺がんや不妊・流産や乳がんが増えているのも、50年前よりも体に悪い変なもんをたくさん食べているのが原因です。喫煙、飲酒同様に、変なタベモノさんも本当怖いったらありゃしないんだからもう。これ3つ揃ったらミスター・パーフェクトだから。男性だと意外といるけど。どれも中毒性強烈。実は、喫煙や飲酒よりも「変な食べ物おじさん」が1番危なかったりしてね。体全体にもろに影響くるから。餅、喫煙と飲酒同様に頭もやられる。食への関心が低すぎる日本では、今後もしばらくはこのニコチン、アセトアルデヒド率減少、変食人間増加の傾向は続くでしょう。女性も優秀なパートナーを選ぶのが非常に難しい時代になりましたね。男性にも言えることだけど。何を食べているかで将来が決まる。人だけでなく国も。食育と教育に力を入れている国は強い。日本は、、、、、、、、、

あ、体にクソ悪い脂まみれの揚げ・アル・デ・ヒド・老化物やアスパルテーム君モリモリ!のお菓子いなど余計な食材はゼロにしてとことん節約してくださいね。幸せに賢く生きるために必要な食材は削るな、という意味です。食べるために生きるのではなく、生きるために食べろ、ってことね。これが無理なら即断即決!諦めればいいだけです。(8341~)

「そんなこと言ったら食べるものないやん!」だって?うん、そうだよ。食を改善する気がさらさらない人間のお決まりの言葉だね。食仙人はさすがにもう聞き飽きたよ。幸か不幸か、日本では食べるべきまともな食材がとても少なく選択肢が少なく迷いようがないので、食の断捨離にはとても向いている環境なんです。週一の買い物も超サイヤ楽楽人です。食段四段にもなれば、あれもこれも何でも食べていいことが、如何にあれこれ面倒で無駄で疲れて消耗するかがよく分かるようになります。何でも食べてOK牧場!!は、時間とお金だけでなく貴重な意志エネルギーも浪費します。「そんなの私には無理!」あんだって?はい、それでいいんですよ。ゴクゴク普通です。残念ながら、98%以上の方は生きるためには食べれません。食に超絶疎い日本人の場合は軽く99.5%以上。生きるか死ぬかの二択。簡単ですね、流行り。

そもそも大食いの肥満の方は添加物大量安物粗悪品ばかりでも食費月2万では無理でしょう。1日600円そこらで肥満になる程の十分な量が食えますか、って話です。農薬まみれの外国産の品種改良された強力粉が原料の100円のトランス脂肪食パン六斤(2.5kg、6000kcal)や、植物油脂やグルタミン酸ナトリウムや塩化ナトリウムまみれのインスタント麺10食(4000kcal)とかなら不可能でもなさそうですが。。健康的に痩せるための食事でも同じです。自炊のみ・外食なしでも食費1日600円はさすがに厳しすぎる。週1回くらいなら問題なさそうですが、毎日は無理無理。仮に1日1食でも、「質」を考慮するのなら1日600円はそんなに簡単ではない。実際、非常に稀な例ですが、1日1食で月の食費2万円(飲料、サプリ別)の若者とかいますし。標準体型で平均的な食事量の成人女性でも食費月2万円は難しいですから。男性なら尚更。様々な食品が値上がり中の今なら尚尚更更。

ヒント其の二になりますが、肥満ではない私でも〇〇〇〇〇を1日1kgくらいは食べたりもします。多い時は1日1.5kg~2kg食べる。これだけでも月〇.〇万円かかる。何か考えても時間の無駄だよ、99.3%当たらない。これが何か分かるだけでも十分元は取れる。書籍にも書いてないから。私がお風呂場で独自で思考してパッと閃いて辿り着いたオリジナルです。オトーミル?フルパワー8歳がそんな流行りのもん食うわけないや~ん。オートミールも体によいものではないので、やはりお金貰っても食べませんけどね。流行ほど怖いものはない、とはよく言ったもので。流行りは、終わりを意味する...

1日1000円未満、月2.5万~3万だと無理ではないですが、質素な食事になってしまうでしょう。飲料も込みで、質も栄養もばっちりの1日3食以上で1000円ちょいなら悪くないと思います。近年は様々な食品が値上がりしていますし。食費を極端に削り過ぎると、体と頭が弱くなって遅かれ早かれ将来の医療費が増えますので長い目で見ればお金だけでなく時間も損します。ヒント其の三になりますが、私が食べている食材の多くは最近の値上げの影響をあまり受けていない食品が多いです。内臓と脳だけでなく、お財布にも優しい食事法です。だから、もやしじゃないって。

鈴木ちなみⅡ、私は普段食べているものに関しては特に節約はしていません。値段も特に気にしてないです。厳選に厳選を重ねて選び抜かれた「食べなきゃならないもの」なので高いもクソもない。買おうかどうかも迷わない。買う。余計なものは何一つ買わないので必要なものは迷わず買える。無駄遣いゼロ。自分でいうのもなんですが、買い物上手です。食べ切れる分しか買わないですし、月5万円分以上も食べれないのでそんなに使わないです。どれもコスパの良すぎる食材ばかりです。「これはちょっと高いなあ」と思うものはありません。むしろ、書籍と一緒で、安すぎて申し訳ないくらいです。「本当に必要なものだけ」を好きなだけ食べています。個人的には、十分満足でかなり贅沢をしている、と思っているくらいです。上でも書きましたが、食費と書籍代だけはケチらずに好きなだけ使っています。日本の「食」と「本」が安いのは本当に有り難い限りです。健康に優しい国ですね。選択さえ間違わなければ。さあ、準備はいいか?せ~の!リアルフードと書籍は裏切らない!!!!

ということで、控えめに月3万円未満の食費をご希望の肥満の方はこちらのnoteの購入はお控えください。少食や断食や節約などで食費を減らせばもちろん痩せますが、私のダイエット法は「健康的に痩せる方法」ですので、ある程度の食費はかかります。仮に見た目上痩せているガリ貧でも、体と頭に悪い毒油大王やホルモン剤、抗生物質、No!薬、添加物一武道会まみれの粗悪な安物ばかり食べているのならば、それはただの病的な痩せです。食事が下手苦手無関心な栄養失調。近年、ガリ病願望の強い日本の10代半ば~40代前半の若い女性に多いですね。それなら、極平凡な食生活の小太りの方がよほど健康的。「痩せの肥満」があることもお忘れなく。このnoteは痩せたい方だけでなく、特に痩せる必要のない標準体型や痩せの方が読んでも、健康増進や病気予防、脳力アップ、時間とお金の節約などに役立ちます。

今、私が持っているとっておきの情報をすべて詰め込めんだ。今後も超有益な情報を仕入れたり、自らの人体実験で得られたことがあれば出し惜しみせずに追記する。そんじょそこらのダイエット器具、ダイエットサプリ、ダイエット本や健康本を2冊買うならこのnoteを読んだ方が時間(命)もお金も節約になるのは言うまでもない。マジ卍

最後に、このnoteを見ても、少しも痩せない、継続できない、そこまでして食事改善する気にさえもならないのなら、ダイエットは即諦めた方がいい。諦めることは逃げることではない。より上質な新しい出逢いを求めていくための勇気ある決断だ。マジ卍Ⅱ

*このnoteは「超サイヤ健康人の状態」で書いているので、理性をコントロールするのが難しい状態です。かなり強めの口調で、時には優しく手を差し伸べるように書いています。きつめの文章が苦手な方、気になる方はご購入はお控えください。

*内容は食事術がメインで、運動のことはあまり書いていません。そもそも、ダイエットの本来の意味合いは「食事療法」です。食事改善に「本気」でない方、楽して痩せたい方もご遠慮ください。ここまで読んで、購入しようかどうか迷っている方は絶対に購入しないでください。迷っている時点でダイエットへの情熱が弱すぎます。つまり、「とてもとても居心地のよい現状を変えたくない」気持ちがまだ勝っているということ。そんな状態でこのnoteを読んでも時間とお金の無駄です。本と一緒です。96%は読んでも行動しないので変わりません。

*食事改善についてが主なので、ダイエットだけでなく健康増進、良質な睡眠、疲労回復、基礎代謝アップ、脳活、腸活、婚活、妊活、菌活、解毒、美容、美肌、骨・歯強化、消臭、便秘予防、若返り、延命、アンチエイジング、IQ上昇、勉強や仕事のパフォーマンスアップ、自分と家族の食育、時間とお金の節約、自制心が上がり中毒からの脱出、部屋がきれいになる、ガン・心筋梗塞・脳梗塞を抑制、認知症・アルツハイマー病予防、免疫力アップ、花粉症改善、風邪・感染症・コロナ予防などにも役立つ内容となっております。「健康と減量」とか一石二鳥どころの話ではありません。一石二十鳥、いや一石二百鳥レベルです。

実際、毎日毎食の「食」そして「質」を意識している日本人は残念ながらとてつもなく少ないですが(スーパーでの買い物かごの中身をチラ見すれば分かる)、コロナ(インフルエンザや花粉症も)予防の1番の対策は「体質改善=食事改善」なのはいうまでもありません。寝ても覚めてもフルパワー状態ならコロナなど屁でもありません、イチコロです。近年、日本人が弱体化しガンや認知症や障害者が増えているのもここ数十年の食や環境の変化、つまり食べ物の劣化(栄養低下、粗悪品増加)や毒(粗悪な油、食品添加物、ネオニコチノイドなどの農薬、ラウンドアップ、アルデヒド、重金属、経皮毒、放射能など)の摂り過ぎが大きな要因です。自粛やマスクや消毒など気休めです(むしろ運動不足、日光不足、酸素不足、毒物など体に悪い)。そう、コロナは「別の意味」で恐ろしい。もちろん、誰よりも健康に超サイヤ絶対的な自身を持つフルパワー8歳はワクチンなど打ちません。誓います。「無料」ほど怖いものはないからな。世界で100億回打たれても、100億円貰えても打ちません。恐れなど、、、全くない。ふっ、どうだ、この自信。

恐怖・不安もストレスの要因だから注意な。そんなに怖いなら勉強して対策すればいい。ただ残念ながら、大半の日本人(特に成人)の脳は変なもん食い過ぎで毒まみれでまともに機能していないからそう簡単に勉強などできる状態ではないのだがな。近年の日本の成人が全然勉強しないのも読書離れもちゃんとした理由があるわけだ。子供にも言えるが、教育よりもまずは食育なんだよ。大人と違いまだ毒の蓄積量が少ない子供でも、さすがに頭に悪い変なもん食って勉強するのは効率が悪い。食育なくして教育なし。順番が逆というか、食育という概念さえない親がほとんどだが。健康への関心が薄く、勉強時間も少ない20代~40代は食に疎かになりがちだからな。食育は子供が生まれる前、いや妊娠中、いや妊娠する前、いや自分が生まれる前からすでに始まっている。本当は小学生の内に義務教育でしっかり時間をかけて食育をさせるべきなんだがな。そうすれば、日本も変わる。ただ実際は、子供が自分から「食」について学ぶことは99.9%ないから親がしっかり学んで食育するしかない。上でも書いたが、教育はともかく、食育は裏切らないから。塾代よりも食費にお金をかける方が確実な投資だ。競争の緩いゆとりじゃぽんなら、大半は似たり寄ったりの弱小だから食に投資するだけで勝てる。

な~~~に、心配することはない。このnoteを読む時だけ素直で純粋な混じり気のない3歳児の脳に一旦リセットして、唯一無二の私の考えを素直に聞くだけでいい。盤石の食生活で自身が感染症にかからない「フルパワー超健康体!」であれば何~ら問題はない。あああぁぁぁ、若いって...すばらしい...今日も健康に乾杯!

このnoteを読めば、何れにせよ、ダイエットとは決別することになる。

「諦める」か「成功」かの二択だ。

ダイエットごときで浪費するのはもう止めにしよう。

これで...終わりだ...

by 【食の断捨離九段】フルパワー8歳

アディダス.
じゃなくて、アディオス.

この続きをみるには

この続き: 190,128文字 / 画像105枚

超サイヤ健康人の「超ダイエット法2.0」このnote見ても痩せないなら即諦めてください。時には諦めることも大事MANブラザーズバンド♪♪

フルパワー8歳

5,980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
フルパワー8歳
ブログ「食の断捨離」https://kenkono1.com/とツイッター「変身飯」https://twitter.com/hmbetatorとiHerbレビューhttps://iherb.co/cxEz4Uw