見出し画像

アールグレイ 〜 父の命日に届いたメールに誓う想い

今年はお世話になった方々との別れの中で
コロナ禍で感謝を伝えたくても伝えられないつらさを知り、                        それがいくつも重なりあった一年だった。

ただ、外出できない事態はリモートという時空を超えた活動を一般的なものにし、その方々との思い出を通して様々な過去と向き合う時間をくれた。

12月に入ると、
Aさんから一通のメールが届いた。

「残された私たちが元気に生きていくことが、
天国のOが望んでいることだと思っております。」
# Oさんは僕の2020年のモニョモニョ感をいいあてた今年はじめの年賀状の送り主
# AさんはOさんをずっと支えてきた方

さて、ブーゲンビリアの花言葉は
"あなたは魅力に満ちている"という。

今の世の中は"魅力に満ちている"のだろうか?
言い換えると"元気に生きている"といえるのだろうか?

在宅勤務でお気に入りになった
アールグレイを飲みながら一年を締めくくり、
"魅力に満ちている"ことを空想する大晦日です。

18.アールグレイ

# 紅茶 # アールグレイ # フォション # faushon
# 有田焼 # 香蘭社 # koransha # ブーゲンビリア

前の記事はこちら↓           



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。嬉しいです。
15
肥前佐嘉角屋の日記。主に味噌醤油屋女将の旦那の「食の記憶」。父から受け継いだもの、食文化、佐賀のこと、思い出などなど 。女将のレシピはこちら → http://hizensaga-sumiya.jp/recipebook/