見出し画像

七草粥 〜 まるで呪文のような響き

1月7日。

学生の時は冬休みの終わりの日か三学期のはじまりの日で、
休みが終わる悲しさと友達と会える楽しみが入り混じる日だった。

クリスマスやお正月というイベントはだいたい冬休みにあることもあり、
友達との年初の会話はイベントの話題で盛り上がることが多かった。


子供の頃、七草粥を食べるときは必ず母から質問をされていた。

画像1

# 七草粥
# せり # なずな # ごぎょう # はこべら # ほとけのざ # すずな # すずしろ
# 野菜だれ # 肥前佐嘉角屋
# 源右衛門 # 源右衛門窯

”七草ば全部ゆうてみんしゃい!”と。

幼い頃に学んだ呪文は忘れない...

★「七草がゆ~御餅入り」:角屋のごはんレシピはこちら↓

使用した肥前佐嘉角屋の「野菜だれ」のご紹介


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。嬉しいです。
17
肥前佐嘉角屋の日記。主に味噌醤油屋女将の旦那の「食の記憶」。父から受け継いだもの、食文化、佐賀のこと、思い出などなど 。女将のレシピはこちら → http://hizensaga-sumiya.jp/recipebook/