新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コロナウイルス in Poland

 今、ヨーロッパではコロナウイルスの感染が急激に拡大している。特に感染が広がっているのはスペインとイタリアで、イタリアでは感染者が1万人を超え、死者は1000人を超えているそうだ。

 昨日、スーパーのレジに並んでいたら、なぜか後ろに並んでいた20代の髪が長くて華奢で小綺麗な感じの女の子が私から2メートルくらい離れて立っていて、一歩も詰めない。私はすぐにその理由を察した。私がアジア人だから、少しでもコロナウイルスの感染を警戒しているんだと。コロナウイルスが拡大し始めてから、アメリカやイギリスでのアジア人差別はもっと分かりやすく、集団リンチをしたり、罵声を浴びせるそうだけれど、ここポーランドでは、私の周囲の人たちは日本の今の現状のことを共に憂いて、励ましてくれているし(親日のポーランド人はやっぱり多かった)、ポーランド人から距離を置かれる事は今のところこの一件が初めて。

 ポーランドでのコロナウイルスの感染者数は現在68人で、2人の死者が出ている。昨日、大学から来たメールでは、次の日曜日から10日間は、他国からの入国もポーランドから出るのも禁止。学校や大学も全て休校。全ての飲食店での食事を停止(テイクアウトはok)。50人以上人があつまる集会や行事は禁止。美術館や博物館、映画館などもその期間中は休業するとのことだった。これは拡大の様子を見て、20日間、1ヶ月の延長もありうるとのこと。
 そのことで私の生活にはほとんど影響はなく、逆に学校にも行かずに好きなことができて(不謹慎に聞こえるけど)喜んでさえいる。ただ、4月の頭に予定していて楽しみにしていたベルリン旅行(ホテル、バス予約済み)を高い確率でキャンセルしなきゃならないことだけ残念。
 私の大学の留学生の中には「もし今ポーランドで感染したら、自分の国ではなくポーランドで死ぬことになる!それは絶対にやだ!」という理由で、今期のセメスターを取るのを諦めて自分の国(スペイン)に帰ることにした子もいる。1ヶ月もすればウイルスの感染力も次第に弱まるだろうし、ポーランドにこれだけの人間がいて、その中でも今のところはこの感染者数だから、自分が感染する確率(まして若い私たちが死ぬ確率)はとても低いと思うんだけど。暖かくなってきたし、コロナの影響でピリピリしてない自分の国に帰りたかったんだね。

世界のコロナウイルス感染症流行状況


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

トゥジチェ!
9
1989年東京の生まれ。千葉の外房育ち。今は東京芸術大学大学院絵画研究科に籍を置き、ポーランドに留学中。絵やアート、その他いろんなものに触れて、感じたもの・ことに輪郭を与えるために書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。