見出し画像

こんにちは、あなたのオフトゥンです

娘が生まれて数ヶ月、すっかり夜更かしできない体になってきた。
特にここ1ヶ月ほど、『夜8~9時頃に寝かしつけ』方針を貫いてきた分結果的に娘も早起きになってきたわけで、それを居眠り放置する訳にもいかない私も連動して早起きせざるを得ない身となってしまった。

早起き自体は健康的で良い事だが、夜めちゃめちゃ眠い。
娘のおかげで健康的にと言えば聞こえも良いが、娘の相手をしてると全然自分のやりたいことができないので、長時間娘が眠る夜にアレコレ楽しみたいという気持ちもあるわけで。うーん、夜更かししたい。
後まぁ、(いや、ひょっとして夜更かしできないのは娘のせいではなく、単純に加齢では……?)という気持ちもゼロではない。
……両方かな。うん。


さてそんな中、最近の寝かしつけスタイルに『添い寝』が復活しつつある。


いや、以前の添い寝とはちょっと違う。
ちょっと前の添い寝は、横に娘を転がしておいて、私は我関せずとばかりにスマホで遊んでる(構うとむしろ興奮して起きる)と、気が付いたら自然入眠してくれているなぁという大変便利なものだった。
そんなに長時間眠りはしないのだけれど、お昼寝くらいにはほどよかった。

それが段々効かなくなってきたので、しばらく添い寝スタイルは廃止となっていた。テッパンは抱っこ紐入眠だ。

あくまで今もテッパンは変わらないのだけれど、一度娘が眠りに落ちて、まだ半分寝ぼけながらグズり起きした時。
抱っこしてあげると、そのまままたトロトロと眠りに落ちてくれる。
腕の中でスヤスヤしている娘はとてもかわいい。でもずっと抱っこして立ったままもしんどい。そろそろいいかな、と思いながらベッドに下ろすと、背中スイッチが発動してまた泣きだす。あーあーごめんごめん、抱っこ抱っこ、はいはい。


で、こないだものすごく私が眠い時があって、なんとか娘を眠らせたいし私も寝たいなっていう日があった。



抱っこして、背中をトントンしながら、そっと布団の上に座る私。


そのままスッとスライドしながら仰向けになる私。


仰向けのまま、胸の上に娘をうつ伏せに横たえ、そのまま腕で軽くホールドしつつふわりと布団をかける私。


~そして すやすやへ〜


これ実際寝かしつけの方法として危険とかNGとかあるんかねと思ってネットを叩いてみたら、『コアラ抱き』とか『カンガルー抱き』とかの名前がつけられてた。コアラはおんぶ系のイメージがあるし、カンガルーは親と子が同じ方向を向いてるイメージがあるんだけど、まぁいいか。
本を見てこうしたとかではなく、必要に即して自然開発したスタイルではあるけれど、やはり先人の皆様の手で開拓済の寝かしつけ方法ではある。当たり前か。

まぁ、やっちゃいけない寝かしつけの方法という訳ではなさそうなので、それはとりあえず良し。幸い私も寝相は悪くないし、加えて出産でちょっとした物音で起きやすい時期ではある。そのまま眠りに入っても、大体起きたらそのままの姿勢がキープされている。

「うつ伏せのままでは危ないので、眠りについたらママが直して」とかネットで書いてあったんだけど、正直この体勢、赤子の顔全然見えん
ただまぁ、最近のうちの娘のベッド時の寝入り方、
『一度仰向けにベッドに設置』
→『寝返ってうつ伏せ体勢に』
→『何度か上半身だけ持ちあげては突っ伏して、寝心地の良い体勢を探す』
→『入眠』
なので、私の上にいる時も何度か頭を持ちあげ打ちつけ(時々私のアゴに頭突きをする。痛い)、ほどよく本人の納得する位置には至っているご様子。
もう寝がえり返りも出来るし、窒息状態のまま頑張って眠り続ける可能性は低そうかなと思って本人に任せている。とりあえず顔がどこ向いてるかはわからんけど、息はしてそうだなーくらいは密着してて分かるので。



ただまぁ、この姿勢、迂闊に抜け出ることができない。
しかもぽかぽかしたかわいいのをずっと抱っこしてる状態。寝る。そりゃ私も寝てしまう。
……今日も何も家事や作業、進まなかったなぁ。


でもまぁ、しょうがないか。
多分このスタイルの添い寝が出来るのも今だけだ。そしたら期間限定、ママだけの特権と思って、これを楽しむくらいが良いのだと思う。

今日も快適なお布団役、がんばりますね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
画面越しに喜びの舞を躍らせて下さい
153
絵が描けるタイプのオタク(水彩・コピック等アナログメイン)。 昭和から令和に至るまで、のびのび生きてきてます。 旦那さんのことが大好き。Twitterで『#今日の旦那さん』タグで時々惚気てます。 2度の流産を経て、2020.05.23にてとうとう娘が生まれました!やったー!!

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 20105本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。