田中 浩康

コーチ(プロ野球)。 note有料マガジン「セカンド・ライフ」投稿中です。 プロフィー…

田中 浩康

コーチ(プロ野球)。 note有料マガジン「セカンド・ライフ」投稿中です。 プロフィールhttp://j-sm.jp/hiroyasu-tanaka/ Twitterやってます@hiroyasu0524

マガジン

  • 田中浩康の「セカンド・ライフ2」

    田中浩康が書いた、エッセイ3篇をまとめたマガジンです。購読いただいた費用は、少年野球チームを集めておこなう「田中浩康杯」の運営に充てさせていただきます。

  • 田中浩康の「セカンド・ライフ特別編」

    『今まで対戦したきた中で打ちづらい投手は?』の質問に答えます。田中浩康が書いた、エッセイ3篇をまとめたマガジンです。

  • 田中浩康の「セカンド・ライフ」

    田中浩康が書いた、エッセイ4篇をまとめたマガジンです。購読いただいた費用は、少年野球チームを集めておこなう「田中浩康杯」の運営に充てさせていただきます。

    • 田中浩康の「セカンド・ライフ2」

    • 田中浩康の「セカンド・ライフ特別編」

    • 田中浩康の「セカンド・ライフ」

最近の記事

  • 固定された記事

このコロナ禍で自宅とセンスを磨く

「五感」を研ぎ澄ませるために、心にランタンを灯す。 あくまで自宅で、心に炎は燃やさない。 ◆まずは健康のために素振りで身体を作る ランニングには行かない。 自宅でできることを頑張りすぎない(選手ではないので)。 朝のゴールデンタイムを逃さないために「素振り」で朝活をする。 バットスイングは全身運動なので手っ取り早いトレーニングになるし、コーチはノックも上手くならないといけないので仕事にも活きる。 ポイントは5キロの短いバット(約60cm)「alexのバットダンベル

    • 再生

      トクサンTVに出演しました。

      私の仕事の一部を紹介していただきました。 野球が上手くなる動画です。 公園や校庭で野球遊びができない時代です。騒音問題など社会課題解決にも取り組んだメニューになっています。 小スペースでも楽しく行えるのでグラウンドが使えない梅雨時や豪雪地域の練習にもおすすめです。

      • キャンプ地・ニューヨク🗽に備える

        • 甘みのある京都・木津川のお茶を食卓からたやさないように。ネスプレッソになってくれたら嬉しいですが、お茶を淹れる時間もいとをかし。一杯のコーヒーをお茶にかえてみましょうかね。DeNA本社が渋谷のヒカリエにあるということで、応募検討中です。https://yamashiro-shibuya.com/present01/

        • 固定された記事

        このコロナ禍で自宅とセンスを磨く

        • トクサンTVに出演しました。

          再生
        • キャンプ地・ニューヨク🗽に備える

        • 甘みのある京都・木津川のお茶を食卓からたやさないように。ネスプレッソになってくれたら嬉しいですが、お茶を淹れる時間もいとをかし。一杯のコーヒーをお茶にかえてみましょうかね。DeNA本社が渋谷のヒカリエにあるということで、応募検討中です。https://yamashiro-shibuya.com/present01/

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 田中浩康の「セカンド・ライフ2」
          田中 浩康
          ¥600
        • 田中浩康の「セカンド・ライフ特別編」
          田中 浩康
          ¥600
        • 田中浩康の「セカンド・ライフ」
          田中 浩康
          ¥800

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          心にランタンの灯火を 5

          第5話 うま味を知る心 「味覚」は甘み、酸味、塩味、苦味、うま味の5つからなる。 そのうちの1つ「うま味」は日本人科学者が発見した。 昆布から取り出したグルタミン酸が「うま味」で、アミノ酸の一種。 「グルタミン」といえば筋肉づくりをサポートする役目がありアスリートには大事な栄養素であるが「グルタミン酸」とは別のアミノ酸である。 さらに調べると「旨味は美味しさ」「トマトにある」「納豆のネバネバ」という感じですっきりしない。「うま味」も「旨味」も「うまみ」も意味が違うらし

          心にランタンの灯火を 5

          心にランタンの灯火を 4

          第4話 眼鏡を新調する心 目を酷使するようになった。 テレワークでは会議や講習会、トレーニングやヨガ、座禅までもがリモートになったことには驚いた。 パソコンやタブレット(iPad)、スマートフォンに電子書籍(Kindle Oasis)、ときにはスマートウオッチ(GARMIN)まで持ち歩く日々。 このままでは視力が持たないので、もう一度白球を見つめ直す。 時々眼鏡をかける。 裸眼でも悪くないのだが目的は2つある。 左右のバランスを整えることとブルーライトやUVから目

          心にランタンの灯火を 4

          心にランタンの灯火を 3

          第3話 香りを楽しむ心 香りといえばワインとコーヒー。 お酒は食事に合わせるスタイル(よう言うわ)。 コーヒーで印象に残っているのは友人がインドネシアのお土産で買ってきてくれた豆。ジャコウネコという猫の糞から採取されたコーヒー豆だという。香ばしい香りで最高だった。 香水はつけないけど(ドルガバのは持っている)、最近はアロマオイルをよく持ち歩く。はじめは苦手な香りだったけど段々と気に入り、今ではマスクなんかにもつける程になった。コーチになってからはポケットに忍ばせること

          心にランタンの灯火を 3

          心にランタンの灯火を 2

          第2話 音楽旅行に出かける心 旅行に行きづらい生活になった。 野球選手になってからは、シーズン後のバケーションが楽しみだった。 海外も国内も、色々な場所を巡ったけど、野球が国技とされているキューバには1度は行ってみたい…のだけど。 ラテンミュージックを聴くようになったのは、20代前半にある選手と出会ったことがきっかけだったかな(昨年までのカントク)。試合前によくダンスをした(笑)。内野手のリズム感が養えたのかもしれない。 マイブームは朝のハワイアンミュージックと夜のジ

          心にランタンの灯火を 2

          心にランタンの灯火を

          第1話 風呂掃除・窓拭きを極める心 お風呂の浴槽を磨く時には股関節の柔軟性を意識して、ゴロ捕球の体勢ができればベスト(相撲の四股のような足)。 窓拭きは肩甲骨の可動域を広げ、インナーマッスルの強化に繋がる。 ライトハンドとレフトハンド、肩のポジショニングに注意を払いながらバランス良く。 指先の「触覚」を研ぎ澄ます。 集中して、汚れを「ボール」だと思ってしっかりキャッチできれば捕球スキルのアップが見込める。 野球少年少女には親孝行との両立にもなるのでかなりオススメです

          心にランタンの灯火を

          マイ・ルーツを知りたくないか?

          読みました。 1日で読み上げた達成感と高ぶる高揚感。 読書感想文を書くなんて、中学生の時に夏休みの宿題をすっぽかして以来だろう。あの時は担任の先生を困らせた(たしか3冊ほど家に本を届けてくれた)。 noteの読書感想文コンテストに感謝。 歴史上の人物は知っているけれど、自分のルーツをdeepに知りたくなった。 村上文学のルーツを知るとともに、作中の背景から時代の移り変わりは早いなと改めて感じた。 村上さんと猫との関係。そのルーツ。 私のバッティングフォームを「猫

          マイ・ルーツを知りたくないか?

          職業としてのコーチ(野球)

           コーチもいよいよリモートワークが推奨されました。家にいる時間が増えたのでnoteします。  DeNAのコーチに就任して約2ヶ月といったところでしょうか。今まで(現役時代)の自分の中での「コーチ」と理想的な「コーチ」のイメージと戦っている日々です。定期的にコーチ研修があったり、コーチのコーチがいたり、学びの連続です。少々ややこしくなりましたが...想像していたよりも充実の毎日を送っています(コーチ職への期待の低さが少なからずあったのかもしれません)。  ファームコーチの朝

          職業としてのコーチ(野球)

          田んぼの中に家があったかもしれない名字の話

           プロ野球の世界では、毎年のように世界から外国人選手が入団してくる。私も、何人ものいわゆる「助っ人選手」と友達になり、日本の良さを微力ながら伝えてきたつもりだ。今でも時々、ガイエルは元気かな?とかデントナの膝は治ったかな?とか、林昌勇の投球フォームは格好よかったなーとか、ふと思ったりする。  彼らは日本の文化に慣れようとするわけで、日本語を覚えようとする。その中でも、ガイエルは人の名前を、スポーツ新聞を読みながら漢字で覚えていた。例えば、赤川君だったら「レッドリバー 」。青

          田んぼの中に家があったかもしれない名字の話

          セカンドライフ、近況報告したいと思います。

          野球選手を引退した後のセカンドライフの話。 それにしても濃い1年でした。 ☑️ 台湾高校選抜臨時コーチ ☑️ 早稲田大学野球部特別コーチ ☑️ プロ野球解説(主にCSフジテレビone) ☑️ 学生野球解説(BS朝日 春秋早慶戦 ) ☑️ フットサル解説(AbemaTV) ☑️ ラジオパーソナリティ(文化放送なな→きゅう) ☑️ note でエッセイを執筆 ☑️ 大学院生(修士号・マスターを目指して奮闘中) ☑️ 香川県高野連臨時コーチ予定 ☑️ソフトボー

          セカンドライフ、近況報告したいと思います。

          高校野球を見て思い出す、10代の頃。

          毎年、“夏の甲子園”を見ていると自分の高校時代を少しばかり思い出す。  京都府の中学校を卒業しながら、高校は瀬戸大橋を渡り、香川県の尽誠学園へ進学した。一番大きかった理由は甲子園出場という目標。正直なところ、香川県は参加校数も少なかったのでチャンスがあるのではないかと思った。行ったこともない場所だったけど、誘ってもらったことがきっかけで進学を決めた。  入学すると早速、セカンドで試合に出させてもらった。当時、尽誠学園は夏の甲子園出場から5年ほど遠ざかっていたので、チーム内

          高校野球を見て思い出す、10代の頃。

          久しぶりにスワローズのユニフォームを着て野球をした話。

          ヤクルト球団創立50周年を記念して開催されたSwallows  DREAM GAMEが7月11日に行われ、僕も「Swallows LEGENDS」の一員として参加してきました(レジェンドかどうかはともかく)。 簡単に言えばOB戦です。子供の頃にTVで見ていたスーパースター選手と同じ舞台でプレーできたこと、夢のような時間を過ごせました。 僕自身もOBとして、何年かぶりの神宮球場でのSwallowsのユニフォーム。夢か幻か時空の旅か...。 私事にはなりますが昨年、横浜De

          久しぶりにスワローズのユニフォームを着て野球をした話。

          代打のダイゴミ。

          おはようございます!!ベイスターズ佐野恵太選手の勢いがとまりません!!昨夜も試合を決定付ける一打。ムードメーカー的な存在なので、チームに勢いがつきます!! 代打成功率は4-4!! 「40割」なんて言葉はありませんが、驚異的ですねー!! 昨日は、2アウト満塁の場面で代打で登場!!初球のストレートをバックスクリーンに放り込みました。 (ビジターチームは対象外みたいですが、もう少しで賞品で家が貰える、オープンハウスの看板に当たるところでした) 一球、一振りでしとめるために、何

          代打のダイゴミ。