見出し画像

ひろのぶと株式会社 総務・加納穂乃香です

ひろのぶと株式会社


廣瀬翼さんですか?と言われます。

みなさま、こんにちは。
ひろのぶと株式会社、加納穂乃香です。
総務的な業務を任せていただいております。

2022年8月6日の株主ミーティングはおかげさまで盛況のうちに開催され、
私は前日・当日の準備でしか関われなかったのですが、
これまで準備に携わってきた方々の努力が大成功という形になって表れた、
あの空間に心を掴まれました。今も掴まれたまま。

あの日が、田中泰延さん以外のみなさまとのリアルでの初対面でした。
田中泰延さんとは、大阪で面接の時、お会いしました。

面接時の加納。だいぶ猫を被っていた。

 (泰延さんの第一印象:お肌がめっちゃきれい)

そうか?

ひろのぶとメンバーとはオンラインでは何度も顔を合わせていたのですが、
実際に会ったとき、本物だ~!という田舎感丸出しの感想がまず最前列にいて、
そのあと、なんて、良い人たち!
という感動がモッシュのように押し寄せてきました。
…新参者の私を1枚のバリアもなく受け入れてくれる。

それから、
パワー系の怖いお局さんって男女どこにでもいますから。と思って、
どこへ行くにもある程度の覚悟と、
自分がそうならないようにと自戒を持って挑むのですが、
このあたりには、そんな人がどこにも見当たらない。
…全員人柄が良い。

そうか?


さて、私がどんな人物なのか。
自分のことを少し紹介させてください。

>加納穂乃香、カノウホノカ

>京都の宇治で生まれ、島根で育ち、
 京都に戻って大学生活を送り、大阪で就職し、現在東京。

>好きな事柄は
 相棒(刑事ドラマ)。

>鬼平犯科帳(中村吉右衛門)。

そうなのか

>ニラ肉炒め(餃子の王将)。


>銭湯。

>夏!海!

>嫌いな事柄は、しめじ。生卵の白身。虫。冬。

そうなのか


前職では、
自動車の内装の樹脂部品を製造する会社で総務・経理に所属していたため、
簡潔に述べると、その職務上の経験から採用していただいたということです。

大阪で働いていましたし、これまでの人生が西日本に根付いていたため、
突然東京へ来ることに対して、泰延さんをはじめいろんな方が
とても、何回も、心配してくださいました。

でも、ちょっと驚きすぎじゃないですか?
上京なんてよくある話で、関西色の強いひろのぶと株式会社のみなさんも
初めはそうだったのでしょう?

内心、そんな心境でした。

島根で育ったと言われたら心配するって

だって、
ひろのぶと株式会社で働くためには、東京へくる必要がある。
東京へ来なければひろのぶと株式会社で働くことができない。
だから会社を辞めなければならない。
今すぐに!

採用通知をいただいた次の日に退職を申し出て、1か月半後、
前職での6年半が終わりました。いろんな意味で鍛えられました。

それから、住居を決め、東京の相場に慄き、
荷物をまとめてまとめてまとめて、(とにかく物が多いのです)
引っ越ししてきました。

最初の1週間が過ぎました。
ここで、心情ランキング。

1位 さ、さみしい!
   →今まで懇意にしていた人たちがいなくなるのはさみしいものですね。
2位 なんか涼しい
   →大阪のほうが蒸し暑い。ということは、東京の冬は極寒?
3位 駅の地下深すぎ
   →改札通って、あと1分!よっしゃ間に合った!…え、ホームめちゃ遠…
4位 軽自動車はどこへ?
   →黒塗りのアルファード多杉。おーいダイハツ車―!
5位 エスカレーターの止まる側、左側。
   →京都は左側、大阪は右側、東京は左側。まだ大阪式が抜けず。

大江戸線を舐めてはいけない

やっぱり、ここで働くためにきたんだぜ!!とは言っても、
人間ですから何種類かの不安があるもので、
そうなると種類別の区分別の項目別の不安もあるもので、
みなさんが心配してくださっているのはこういうところなのだと
今ごろしゅんできたわけです。

「しゅんできた」とは

ありがとうございます。
頑張って参ります。ご期待ください。

そんなこんなで、
2022年9月1日より正式に登用していただき、現在。

ひろのぶと株式会社としての第一弾、

『全部を賭けない恋がはじまれば』稲田万里/著 
の出版を10月31日に控え、
経理どころか、
いろんなことを進めていかなくてはならない現状にしっかりしがみついて、
ガシガシとしがんでいます。

「しがむ」とは

大変だけれど、企業としての初動って今しか味わえないです。

それから、SNS大臣に任命していただきましたので、
公式アカウントの応援を、どうか目一杯お願いいたします。

Twitter→ 

Instagram→


Tiktok→


情報の拡散、書籍の購入、そして書評・感想、
こちらは3食のごはんより大事です。

ひろのぶ「と」ファンのみなさんの会社ですから。
ゾウリムシで宇宙。全員で行きましょう。

当社の宇宙バイオ技術にご期待ください

読んでくださりありがとうございました。

廣瀬さんじゃないです

ひろのぶと株式会社
加納穂乃香


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ひろのぶと株式会社
ひろのぶと株式会社は、出版社です。 印税最大五割、あたらしい出版社のかたちを目指します。 本を書いて、生活できる社会へ。 ひろのぶと株式会社は, 読み手と書き手のフェアな関係を築ける新しい時代をつくります。