見出し画像

ひろのぶと株式会社 営業・大庫具祥です

ひろのぶと株式会社

はじめまして、大庫具祥と申します。
フリガナがないと読めません。

改めまして、オオクラトモヨシと申します。

本年8月16日より、ひろのぶと株式会社の一員となりました。

これまでビジネス書をメインに発刊する出版社で
8年間書店営業をしておりました。

それ以前は……料理人をしていました。

前職場にて参考資料として置かれてあった
『読みたいことを、書けばいい。』(ダイヤモンド社)を、
ふと手に取ったのがきっかけで今に至ります。

書店営業の移動中に電車内でニヤニヤと笑いながら拝読し、
Amazonのレヴューで星4以上をつけている方と同様に刺激を受けました。
同僚にこの本を読むことを薦め、
田中泰延さんのTwitterをフォローしました。

そうこうするうちに、

「あ、出版社を立ち上げはった」

「株主を募集してる」

「申込に間に合わんかった、、、」

「営業を募集してるやん」

「応募せな」

「採用」

・・・、自分でもビックリするほど簡単に人生の流れが変わりました。


ひろのぶと株式会社。

代表・田中泰延のこれまでの実績と信頼によって
400名近くもの支援を受けて立ち上がった出版社。

私ごときが参加させていただくことにとてもプレッシャーを感じていますが、
私がプレッシャーを感じたところで誰のお腹も膨れない。

やるべきことはただ一つ、二つ、三つ、四つ、五つ、六つ、七つ、八つ・・・。

人材募集の際に、

「あれも、これも、ああ、それもやらなあかん、
の状態になります。」

と、書かれていました。

まさに、「あれも、これも、ああ、それもやらなあかん」
の状態です。


10月31日発売が決定しました。
稲田万里『全部を賭けない恋がはじまれば』
当社が初めて刊行する書籍。短編小説集です。

作家から紡ぎだされた言葉が、
紙に印刷されるのを待っています。

田所敦嗣『スローシャッター』
当社第二弾となる珠玉の旅行エッセイ集。年内発刊です。

いま、編集者・田中泰延と著者の共同作業により、
言葉が磨かれているところです。


その後も魅力ある書籍が続々と控えています。
一人でも多くの人の手にとってもらえるよう、
一冊でも多くの人に読んでいただけるようにガンガン動いてまいります。

嗚呼、それにしても

「あれも、これも、ああ、それもやらなあかん」

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 ひろのぶと株式会社
大庫具祥

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ひろのぶと株式会社
ひろのぶと株式会社は、出版社です。 印税最大五割、あたらしい出版社のかたちを目指します。 本を書いて、生活できる社会へ。 ひろのぶと株式会社は, 読み手と書き手のフェアな関係を築ける新しい時代をつくります。