見出し画像

【経営】価格設定を自社でできるのか顧客が注文してくるのか

 価格の設定をするのがどちらなのかにより経営が自由なのか不自由なのか決まってきます。

 自社ができるならその仕事をすることによる負担を見通すことができるでしょうから、利益が出るような価格を設定することができます。

 しかし、顧客が価格を決めて注文してくる形態の場合、その仕事の負担がどれくらいなのかを見込んだ価格を自ら決めることができません。当然、利益が出ないこともありえます。

 これでは運転資金が枯渇することにつながり、融資を継続的に受けられれば会社は存続しえますが、融資が打ち切られたら会社の存続は危うくなります。

 仮に既に設備資金なり運転資金の融資を受けている場合は、決算書上は会社の利益部分から返済することになるので、返済することが困難になります。ちなみに利息は経費になりますが返済の元本は経費になりません。融資を受けた金額が売上にならないのと同じです。

 利益を出すことが経営を継続するためには必要不可欠です。利益を出すためにどうしたらよいのかを逆算して経営できるといいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!