見出し画像

テレビ局、ラストチャンス。

僕たちテレビ局は東日本大震災以来の岐路に今、立っています。
あの時、被災地を置き去りにして、扇情的な報道に走り、「絆」や「忘れない」など上っ面の日本語で、原発や避難区域の「真実」をオブラートに包んだ結果、失った「信頼」は計り知れなかったはずです。

「れいわ」が訪れて、変わるべきときが来たのです。やっとこさ。
参院選の「公平」報道、大手芸能事務所への「忖度」、「五輪ビジネス」のからくりなど、ネットを通じて、そのようなことの<裏>が可視化されていきます。
もう限界でしょう。既得権益に溺れて、目先の視聴率に囚われて、今だけの権力に媚びて、2020までの「空虚な熱狂」に浮かれている場合じゃないです。

もう「真実」から逃げてはいけません。決して。
たぶん、ラストチャンスです。

共鳴するものがあったのでしたら、有難い限りです。
9
寛ぎながら生きてます。お台場でメディアに悩む報道記者。ラジオ『今宵、貴方をしゃべり倒したくて』&ピアノ弾き語りを配信中。内田樹を私淑。山本太郎を応援中。夏はスワローズ&冬はサンロッカーズ。寂しがりやの一人好き。青春は槇原敬之とあだち充と村上春樹。昭和56年生。2男児と笹塚在住。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。